村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 28日

ハープ型テールピース その2

スネークウッドの角材から綺麗に模様が出ている場所を選び切り出します↓
d0299605_12092944.jpg
とはいっても、金太郎飴の状態ではないので、削っていくうちに模様は変化していきます。
d0299605_12093305.jpg
荒削り↓
d0299605_12093701.jpg
ハープ型テールピースっぽくなってきました。 模様もなくならず綺麗にでているので良かったです。
スネークウッドで作るのは初めてですが、思ったより材料が硬いのと、あまり粘りがない感じなので、ハープ型での製作ではあまり薄くしないほうがいいような気もします。

ふと思いましたが、
蛇ってこんな模様か?
ベンガル猫っぽい気がしますが。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ビオラ修理

ハガレの付け直し↓
d0299605_12090939.jpg
ペグの穴埋めをした所はリタッチ中↓
d0299605_12092509.jpg

こちらは
バイオリン毛替え↓
d0299605_12085240.jpg


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2015-04-28 12:33 | 製作・修理


<< ハープ型テールピース その3      オイルニス下地 >>