村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 28日

バイオリンケース カスタム


今日はお客さんの持っていたケースがお洒落だったので写真を撮らせてもらいました↓

d0299605_23480954.jpg
d0299605_23500761.jpg
古いコットン布の角ケースを革でリニューアルしたらしいです。 カッコいいです。おしゃれです。

譜面の入る部分↓
d0299605_23515883.jpg
d0299605_23520533.jpg
質の良い本革なので高級感があります。

細かい部分までカスタマイズされています↓
d0299605_23543275.jpg
d0299605_23543701.jpg
d0299605_23544218.jpg
ハンドルすごいです!高級バックみたいです!

※こっちはピントあってませんでした↓
d0299605_23544806.jpg
昔の良いケースは結構頑丈に作られているので、外装を直せばまだまだ使えますね。 最近のケースよりも高級感ありますしね。





~~~~~~~~~~



チェロのエンドピン交換↓
d0299605_00001787.jpg
新しく入れるエンドピン↓
d0299605_00002641.jpg
左は未加工、右は加工後のものです。

ペグと同じ加工精度で入れないと振動が上手くエンドピンに伝わりません。
ひどい物は、未加工のまま突っ込んであったり、 ヤスリで適当に加工してあったり、
旋盤で削ってあったりは、テーパーがあっているならまだ許せる範囲ですが、おおまかにしか合っていない物が多いです。
ペグを削る道具のエンドピンバージョンを自作して、ペグ同様に完璧にテーパーを合わせて加工するのがベストでしょう。
振動を無駄なくエンドピンの先まで伝えます。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2015-08-28 00:11 | 製作・修理


<< 里帰り同窓会      バスバー交換 >>