村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 30日

バイオリン 乾燥材

乾燥材のご紹介↓
d0299605_17462737.jpg
そろそろ、だんだんと湿度も上がってきているので、ケースに乾燥材を入れておいてもいいかと思います。
このての物はないよりはましという程度の効果だとは思いますが、ケースに湿気がこもるのくらいは防げるかと思います。
よく楽器の下に直接入れてる方を見ますが、楽器には直接当たらないところに入れましょう。
高価な物ではないので、梅雨の時期だけでも入れておいてはどうでしょうか?

~~~~~~~~~~~

弓の修の続き↓
d0299605_17545194.jpg
チップが完全に浮いてる状態。
d0299605_17552125.jpg
黒檀のライナーも割れている状態。
d0299605_17564573.jpg
先端も外れかかってる状態↓
d0299605_17573062.jpg
素人が修理したのかひどい状態なので全部やり直します。

チップを外します↓
d0299605_17583465.jpg
隙間に接着剤を流し込んだひどい状態。

穴の端の部分も細すぎて、割れてきている状態なので、もう少し小さめの穴にします。
d0299605_17590485.jpg
せめて右側くらいの厚みが欲しいと思います。



~~~~~~~~~~~


ヴィオラの音調整↓
d0299605_18042259.jpg
駒の幅があっていないので、交換します。
ビオラは大きさに幅があるので、バスバーの位置も楽器によって結構違うので注意が必要です。
上手く鳴ってないようなら点検した方がいいかと思います。

少し大きな駒を立てることになりました↓
d0299605_18073260.jpg
交換した結果、発音がよくなり、低音も響くようになりました。

~~~~~~~~~~~

バイオリンの弓のバランス調整↓
d0299605_18094042.jpg
最近多いですな。

~~~~~~~~~~~

スライド交換↓
d0299605_18102589.jpg
金属がかぶせてあるタイプなので少し面倒です。

とりあえず一回ばらして↓
d0299605_18114180.jpg
接着材を掃除して 新しい貝を削ります。
d0299605_18111044.jpg



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2016-05-30 18:16 | 新商品 / 再入荷


<< 音調整      修理 >>