村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 05日

チェロ テールピース


チェロのテールピースのお話です。

だいぶ前から色々なお客さんから言われていたのですが、すっかり忘れていました。


チェロではなんだかんだで使用率ナンバーワンであろうテールピース「アコースティック」↓
d0299605_18223239.jpg
 
10年位前までは弦を引っ掛ける部分(アジャスターL字部品)が金属製でいたが、樹脂製に変わってしまいました。↓
d0299605_18255839.jpg
上、新型。 下、旧型。

何が問題かというと、ボールエンド部分の小さい弦(ヤーガーやラーセン)などを使うと、弦を引っ掛けるみぞが広がってしまい最終的には割れてしまいます。

d0299605_18291374.jpg
昔から気になる人はここにワッシャーをはさんで使っていたようですが、
やるなら自分でやってくれ、という感じでした。

先日、立て続けに同じ案件がきたので、そろそろやらねばと。

とはいっても湾曲したワッシャーをはさむだけです↓
d0299605_18370681.jpg
器用なお父さんがいる方は、お父さんにでも作ってもらいましょう。


一応、すでに曲がってしまっているテールピースは新しいのに交換してからの方が良いと思います。

取り付けるとこんな感じです↓
d0299605_18372314.jpg
d0299605_18372765.jpg
スピロコアなどのボールエンドの大きな弦は正しくセットしてあればつける必要はないと思います。



弊店をご利用していただいているお客さんには無料で差し上げています。
また、初めてのお客様さんでも弦を購入した方には無料で差し上げます。
欲しい方は工房に来た時に言ってください。

d0299605_18432855.jpg
~~~~~~~~~~~~

1/2サイズのヴァイオリン入荷しました↓
d0299605_18450998.jpg

~~~~~~~~~~~~

バイオリン製作↓
d0299605_18451310.jpg
パフリングの製材。 

修理が忙しく停滞していた製作ですが、週明けからは進められそうです。


~~~~~~~~~~~~

オリジナルマツヤニver.2は、
早速、演奏家の方に使ってもらってリサーチ中です。
先日らららクラシックでブラームスを演奏していた弓新さんや、Vasko Vassilev氏にも渡して感想待ちです。
オケとソリストでは松脂の好みも多少違うと思うので、そのあたりも参考にできればと思っています。

それにしても、松脂を入れる袋か缶を探さないといけませんな・・・
d0299605_19042923.jpg

村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-02-05 19:11 | 新商品 / 再入荷


<< ダイエット      オリジナル松脂 その2 >>