村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 11日

お久しぶりです。



修理がたてこんでいて、ブログ更新がストップしていました。
とりあえず一段落しましたので、また通常通り受け付けます。



さて、

少し前から僕のお気に入りになっているペグソープの紹介です↓

d0299605_23361083.jpg
個人では中々使いきれる量ではないですが、バイオリンの先生などは一つもっていてもいいかもしれないですね。
他のメーカーの物でもそうですが、つけすぎると止まらなくなります。
そして、ペグが正確に調整されてあることが前提です。
僕はさらに別の物を混ぜて使っています。

弊店で弦を購入していただいてるお客さんのペグは、弦の張替の際に無料で可能な限り調整して差し上げています。
弦の巻き方ひとつで、ペグの止まりやすさや、音も変わってきます。

弦を持ちこみの場合は基本的に巻き替えているだけです。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新しい馬毛↓

d0299605_23481477.jpg
仕入れるたびに結んでる紐が増えてるような・・・
紐の重さもカウントされてるんですかね?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


海水で樹脂抜きしてたバスバー材↓

d0299605_23515188.jpg

ほとんど水分は抜けたと思います。

というか、

湿度によって、材の重さが思っていたよりも変わることに気付いた・・・
水につけて、確かに樹脂は抜けていくが、材の重さの変化自体は湿度の影響なだけな気が・・・

まあ、でも、抜いた材の方がいいような気がするんですが。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ビオラのセットアップ↓

d0299605_23580764.jpg
d0299605_23581034.jpg
セットアップが済んだら販売予定のビオラです。
ドイツ、1985年製、403mmです。
完成したらビオラをを探しの方は試奏してください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


こちらはお客さんご注文の少し小さめのビオラ↓

d0299605_00022359.jpg

納品前に細かい部分の調整をしていきます↓

d0299605_00025076.jpg
たとえば、テールピースの枕部分の高さや形を調整。
もちろん、他の部分も色々調整します。







村川ヴァイオリン工房
http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-06-11 00:06 | 製作・修理


<< バイオリン製作      バイオリン完成しました! >>