村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 16日

あご当て カスタマイズ


指板けずり↓
d0299605_23401401.jpg
だいぶ溝になっているので削り直しです。

意外と、弾けないことはないけど完璧じゃない指板で弾いている方が多いです。(溝が付いてるとかではなく、根本的なRの形状とコーニッシュについて)
指板を完璧な状態にして、駒とナットの高さを調整するとものすごく弾きやすくなります。

チェロも最近は丸指板が多いけど、僕は昔ながらの角指板の方が弾きやすいし好きです。
完璧な角指板が削れないので、丸指板を進めてる職人も少なからず存在します。そういうのは新作の楽器に多いですね。
僕は、死ぬまで角指板推しで行きたいと思います。





こちらはあご当てを軽くしたいとの依頼↓
d0299605_23402068.jpg


とりあえず裏側を削りこんでいきます↓

d0299605_23402338.jpg
 
柘植は薬品で染めて色が付いているので削ると当然白くなります。

裏側だから見えませんが、一応染めます↓
d0299605_23402717.jpg



毛替え↓
d0299605_23411838.jpg
こんなに光輝くアイレットを見たのは初めてです。
「メッキかけたんか?」っていうくらい光り輝いていました。



ありがたいことに修理依頼がとても混雑しているので、少し時間に余裕を持って預けていただけると助かります。
大きな修理が終われば少し落ち着くと思います。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com

[PR]

by murakawa-strings | 2017-09-16 00:07 | 製作・修理


<< 臨時休業のお知らせ      スクロール修理 >>