村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 28日

色々


ようやく修理が少し落ち着いてきました。


更新が止まっていた間の色々な写真↓


ペグボックスの修理↓


d0299605_21191536.jpg
d0299605_21191050.jpg
d0299605_21191957.jpg

継ぎたされている修理材を外します。


d0299605_21153045.jpg




接着の固定用の治具をつくります


d0299605_21170076.jpg

d0299605_21161791.jpg



新しい補強材を接着します


d0299605_21184793.jpg




反対側も↓


d0299605_21290550.jpg





ペグ穴があっちこっちにバラバラに向いてるので穴埋めしつつ、
ペグボックスの形状や穴の位置や過去の修復後もあるのでA線はさらにスパイラルブッシングで補強。


d0299605_21224012.jpg






~~~~~~~~~~~


ネジの穴埋め↓


d0299605_21233749.jpg




~~~~~~~~~~~


ペグ交換↓


d0299605_21244972.jpg




~~~~~~~~~~~



バイオリンのオーバーホール↓

上ブロックハガレ

d0299605_21260536.jpg
d0299605_21262783.jpg




下ブロックは割れ+高さが足りてないなので交換↓


d0299605_21275679.jpg
d0299605_21281151.jpg



ネックも長さが足りないので継ぎ足し↓


d0299605_21305167.jpg
d0299605_21314275.jpg



だいぶ飛んで、指板接着↓


d0299605_21324960.jpg





~~~~~~~~~~~



こちらは指板の削り直し↓


d0299605_21341961.jpg


ネックを少し細目に修正↓


d0299605_21353277.jpg



~~~~~~~~~~~


バイオリン製作も進みました↓


d0299605_21370772.jpg
d0299605_21371199.jpg
d0299605_21361667.jpg



今回から目止めの方法を変えてみたら、よい感じに仕上がりました。 
杢は少しおとなしめですが、とても古い材料なので音を出すのが楽しみです。
オールドフィニッシュで仕上げるつもりでしたが、事情がかわり一時停止状態。

写真では分かりませんが、今回のスクロールの渦巻きの掘り込み具合が非常によい立体感に仕上がりました。
お気に入りのスクロールです。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com


[PR]

by murakawa-strings | 2017-09-28 22:01 | 製作・修理


<< バイオリンのニス塗り      臨時休業のお知らせ >>