村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 09日

ビオラ 駒交換


今日は久しぶりに自転車に乗りました。 
25kmしか走っていませんが、久しぶり過ぎて体調が悪くなりました。






巨大ビオラの駒交換作業。

52mm幅の駒から58mm幅の駒へ交換します。
市販の駒だと、52mmくらいまでしかないので板材から切り出します。


d0299605_23250770.jpg


駒材のメイプルは裏板に使うメイプルとは違います。



d0299605_23251002.jpg
d0299605_23251446.jpg


駒足を楽器の隆起に合わせたら仕上げに入ります。黒い駒は52mmなので、大きいのがわかると思います。



d0299605_23251713.jpg

足幅がいくら広くなろうとも、弦幅はそんなに変わらないので、なんだか不格好です。
バスバーとの関係性を考えるとこの幅が良いですが、幅が広くなるとどうしても駒自体の質量が増えてしまうのが気になりますが、
58mmの駒の方が楽器の鳴りは良い結果でした。




~~~~~~~~~~~~~



弓の修理↓


d0299605_23320229.jpg

銀線のまき直し



d0299605_23320644.jpg
d0299605_23321275.jpg

~~~~~~~~~~~~~



封蝋。

スプーンで溶かしてから垂らすタイプの方が紙に上手くなじむようなので試してみました。

d0299605_23321908.jpg

たしかに、ロウソクタイプだと一滴づつ垂らしていくので、最初と最後で温度差ができてしまいます。




一気に垂らせるので均一に、かつ薄く仕上がることが分かりました↓

d0299605_23322291.jpg

厚みを持たせるなら、ロウソクタイプの方がやりやすいと思います。





~~~~~~~~~~~~~






初めて使ったバイオリンのE線↓
d0299605_23321563.jpg



音はどうだかわかりませんが、錆びにくいらしいです。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-10-09 23:53 | 製作・修理


<< アルコールニス      撮影用ライト >>