村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 15日

チェロ 角指板


チェロのネック修理

ネックを接着して指板を接着します。
d0299605_22060092.jpg

新しいチェロの指板↓
d0299605_22060562.jpg
チェロの指板は角指板と丸指板がありますが、弊店では角指板を使っています。

最近の新作のチェロでは丸指板が付いている物が多いですが、角指板を上手く削ることができないから丸指板を選択しているだけのような気もします・・・

指板交換の時に楽器屋さんで丸指板にした方がいいとか勧められたりもすると思います。
弦が進化したので丸指板は必要ないとか~とか言われたりするんでしょうね。
実際、現代では丸指板でも角指板でもどちらを使っても問題ないでしょう。
交換する職人側が、角指板は削るのがめんどくさいとか、そもそもちゃんとした角指板が作れないとかそんな理由だと思います。
どちらでも問題ないとはいっても、尊敬する師匠や演奏家のチェロに角指板が付いてるのを見ると真似したくなるのが人情というものです。
結論から言うと、自分も角指板の方が好きというだけの話です。

少しだけ真面目な話をすると、角指板はC線側が平らになってるのでCの弦高がどうとかそういう話になりがちですが、
個人的にはRの関係で角指板の方がA線側のハイポジションが弾きやすいというか、落ちにくかったり、親指が指板に乗った時に安定する感じがします。
もちろん上手く設計されている角指板での話ですが。

というわけで、「うちはチェロは角指板しか削らねーぞ!!」という頑固爺さんになるつもりですが、
もちろん、ご希望なら丸指板にも削ります。


削っていきます↓
d0299605_22060941.jpg
丸指板の方が削るのはだいぶ楽です。 角指板だと平面が合わさるためチェックする項目が増えるので面倒も増えるということです。

磨いていきます↓
d0299605_22061281.jpg

ニスが厚盛りすぎて、リタッチに時間が掛かってしまい予定より遅れています・・・
すでに納期を延ばしてもらったんですが、延ばした納期に間に合うのかな・・・


~~~~~~~~~~~


久しぶりの封蝋↓

d0299605_22061613.jpg
色々試した結果、スプーンで溶かすのが一番上手くできました。
小さじ一杯でちょうど一回分です。

ロウソクタイプでは一滴ずつ垂らすので、最初と最後で温度差ができてしまいましたが、スプーンだといっきに溶かせるので早いし綺麗です。
ちなみに、分厚く押したいならロウソクタイプの方がやりやすかったです。

d0299605_22062090.jpg
一発勝負ですが、コツをつかみましたね↓
d0299605_22062522.jpg


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-11-15 23:10 | 製作・修理


<< Bowケース 入荷      バイオリン完成 >>