村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:新商品 / 再入荷( 122 )


2017年 07月 16日

Vc用ウルフキラー入荷しました!


チェロ用のウルフキラー入荷しました↓

d0299605_14270214.jpg
すごい効きます。


こんな感じです↓







バイオリン用、ビオラ用、チェロ用と別れていますが、
トーンコントロールが目的ならば、ビオラにはバイオリン用でもいいんじゃないかなとは思いました。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


バイオリン用の高品質ドイツ製テールピース入荷しました↓

d0299605_14270727.jpg
アジャスター埋め込みタイプです。2つ必要ない場合はアジャスターは外せます。

スチールのA線を使う場合、A線にもアジャスターを付けることが多いですが、重さの問題も多少あったのでこのテールピースはよいと思います。
ナイロンのA線を張っている人には特に必要はないと思います。

最近、スチールのA線がマイブームです。
ちなみに、「耳をすませば」の聖司君は、 A線フレクソコア(スチール)、D,G線オリーブ (E線は忘れました・・。)という結構なマニアック。
聖司君にヤーガーもいいよと勧めたい。




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-07-16 14:51 | 新商品 / 再入荷
2017年 05月 26日

フィッティングパーツ入荷


バイオリン用のフィッティングパーツが入荷しました。


黒檀×ツゲリング
d0299605_23513444.jpg



黒檀×黒檀リング
d0299605_23513784.jpg

ニス乾燥中の製作楽器には、久しぶりに黒檀×ツゲリングのフィッティングを付ける予定です。

話は変わりますが、
ワシントン条約の関係で年末くらいにローズのパーツが品薄になっていたようですが、とりあえず今のところは普通に入ってきてるみたいですね。
長期的にはどうなるのかわかりませんが。


~~~~~~~~~~~~


弓の修理

d0299605_23513952.jpg
こちらはバランス調整です。
銀糸から銀線に巻き替えます↓
d0299605_23515238.jpg
チップもシルバーで作り直す予定です。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-05-26 00:03 | 新商品 / 再入荷
2017年 04月 27日

Vc Old Bow 入荷


チェロのOld Bow 入荷しました。

FETIQUE Victor , 193X , RAFFIN鑑定書付き

とてもコシの強い角弓です。 工房にて試奏できます。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-04-27 14:07 | 新商品 / 再入荷
2017年 04月 16日

Old Bow 入荷しました


Old Bow 入荷しました

Vn Bow , BAZIN Charles Nicolas , 189x ,RAFFIN鑑定書付
Vn Bow , POIRSON Justin ,189x , RAFFIN鑑定書付
Vn Bow , OUCHAED Bernard , 196X , RAFFIN鑑定書付

工房にて試奏できます。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-04-16 11:58 | 新商品 / 再入荷
2017年 04月 06日

オリジナル松脂


オリジナル松脂製作は進行中です。


型紙を新しく作り直して↓
d0299605_23524796.jpg
コルクの厚みなども変えてみたり↓
d0299605_23533650.jpg
底面の問題はとりあえず解決しました。

d0299605_23535573.jpg
結局、ver.1の方が良いという方もいてとりあえずまた作ってみたり。
そういえば、金を増量する計画すっかり忘れてました・・・


~~~~~~~~~~~~


そして、
製作証明書の方もゆっくりですが進んでいます。

まだ完成していないのでぼかし入ってますが↓
d0299605_00074152.jpg

いい感じに仕上がりそうです!
完成まで、今しばらくお待ちください。

村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com

[PR]

by murakawa-strings | 2017-04-06 00:08 | 新商品 / 再入荷
2017年 04月 05日

バイオリンBow 入荷しました


バイオリンBow入荷しました↓
d0299605_23204825.jpg
写真上、丸弓、¥75.000(税別)、 写真下、角弓、¥105.000(税別)です。


d0299605_23210278.jpg
綺麗な角弓です↓
d0299605_23374621.jpg
問屋さんに大量に入荷した中から選定したので値段の割に良い弓だと思います。
初心者用のアウトフィットの弓を使い続けている方は、ランクアップしてみてはどうでしょうか?

村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-04-05 23:44 | 新商品 / 再入荷
2017年 03月 11日

メシア


ずっと楽しみにしていたストラドのメシアの本が届きました!

d0299605_15023467.jpg

製作家にはかなり興味深い内容で、面白いです。

少しだけ中身を↓
d0299605_15044071.jpg
d0299605_15043855.jpg
d0299605_15044133.jpg
計測機械も進歩して昔は見れなかった部分なども載っているので面白いです。


販売用も確保してあります↓
d0299605_15071599.jpg
代理店経由で注文したので値段は高くなっていますが、それでも欲しい方はどうぞ。
※弊店は通信販売はしていません。 

ちなみにイタリアやイギリスで80ユーロで売ってますので、節約したい方は自分で探してください。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-03-11 15:16 | 新商品 / 再入荷
2017年 03月 01日

オリジナル松脂のその後


オリジナル松脂の作りは順調に進んでいます↓

d0299605_23540317.jpg
ver.1のマツヤニをベースに改良を加えて進めています。

松脂の質とは関係ありませんが、底面がもう少し綺麗にできないかと型に少し工夫をしたら、

全くの逆効果・・・・↓

d0299605_23540640.jpg
全部失敗。


新しく作りなおしました↓

d0299605_23541167.jpg


今回作った物は今のところ一番評判が良いです。
自分的にもかなり良い感じだと思います。
サラサラ系ではないです。 比較的引っ掛かりが強くそれでいてきめ細かくシルキーな感じです。
松脂も非常に飛び散りにくいです。
ソリスティックな感じに使う人の方が好みかもしれないですね。

こちらも少し演奏家の方に使っていただき改良していく予定です。

今後は松脂に混ぜているゴールドの量を調整していきたいと思います。というか実感できるほどの効果があるのかという点も含めて。

今回の物もテスト販売しています。もちろん試奏用も工房にあるので試してください!!
そして、相変わらず外袋はまだありません・・・





分数用の木製あご当てが入荷しました↓

d0299605_23535393.jpg


3/4~1/10サイズです。




毛替え↓

d0299605_23541599.jpg



修理↓

d0299605_23535892.jpg


割れの接着。



[PR]

by murakawa-strings | 2017-03-01 00:14 | 新商品 / 再入荷
2017年 02月 24日

チェロ ペグ入荷


チェロのペグ入荷しました↓


d0299605_20463409.jpg
白リング部分はツゲです。

d0299605_20464836.jpg



修理↓

d0299605_20475946.jpg


削り出しのバスバーなので交換します。


削り出しのバスバーの場合、大体その周辺部は無駄に厚いので整えていきます。

d0299605_20483536.jpg



割れの接着準備↓

d0299605_20485049.jpg





染料を作ります↓

d0299605_20524923.jpg
d0299605_20530777.jpg

[PR]

by murakawa-strings | 2017-02-24 20:56 | 新商品 / 再入荷
2017年 02月 23日

オリジンナルマツヤニ

 
オリジナルマツヤニはまだ調整中ですが、

ver.2よりもver.1の方が評判が良かったので、そっちを追い込んでいこうと思います。
そして、新たに違う物も作ってみようかと思いました。


~~~~~~~~~~~~

話変わりますが、
野球のバットが欲しくて色々調べていたら、大変興味深い記事を見つけました。

野球をやっていた人はわかると思いますが、木製バットを使うときバットのマークを自分に向けて構えて振ると、
ボールと接触する面が柾目になるようになっています。
つまり木製バットのマークは板目面にあるということです。
板目で打つと折れやすいので少しでも強度の高い柾目面で打つとうことです。

ところが、2000年代になってアメリカのバットメーカーが調べてみた結果、
良質なハードメイプルのバットに限っては柾目面よりも板目面の方が10~18%強度が高いことが分かりました。
他のバット材(アオダモ、ホワイトアッシュなど)は従来通り柾目面の方が強度が高い結果が出たようです。
大リーグでは2009年からメイプル製のバットに限り板目面で打っていいようにルールが変わりました。

バットの場合ある程度太さがあるので、そのままバイオリンに当てはまるのかはわかりませんが、
バイオリンの裏板の柾目、板目にも少しは関係あるんではないのでしょうか?
もし薄板でも当てはまるようならバイオリン製作の世界でも考え方が変わるのではないでしょうか?

フェンダーのエレキギターでもカスタムショップ製などで
ネックの強度を上げるために柾目取りのネック材を使用しているものなどもありますが、
それも意味のないことになってしまいます。
もう少し詳しく調べてみたいと思います。


ちなみに、欲しいバットはカーボン製です・・・



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-02-23 23:58 | 新商品 / 再入荷