村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 30日

ヴァイオリン テールガット

弊店では最近多い テールガットへの交換↓
d0299605_12331635.jpg

メンテナンスの部分ではナイロンより気を使いますが、音色やレスポンスなどはこちらの方が、より音楽的だと思います。


お客さんから梨や桃をいただきました↓
d0299605_124258.jpg

おいしくいただきました。(桃は写真撮るのわすれてました)

おそらく、林檎や梨の皮を自分でむいたのは小学生以来だと思います。思った以上に上手くむけませんでした。

皮むいてから切るのか。。。?  切ってから皮むくのか。。。?




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2013-08-30 12:51 | 関係ない話
2013年 08月 27日

バイオリン 修理材

もうすぐ夏休みも終わりですね。 
夏休みにオイルニスの実験をしようと企画していたのですが、なんやかんやでまだやっていません。
夏休みの宿題と一緒です。


バイオリン修理↓
d0299605_1221463.jpg

表板がちょっと割れているので接着です。オープンして修理するほどではないため、表面からの処置です。


修理材↓
d0299605_12491035.jpg

ドイツから修理材が届きました。  写真右と下の丸棒は魂柱ではなく、ペグの修理に使うブッシング材です。
ボックスウッドです。これも5年位乾燥させてから使用します。
右上はライニング材です。こちらはバスウッドです。いつも細長い板状でくるのに、今回はなぜかカットされてきました。余計な親切です。厚み出しをするのに無駄な時間がかかってしまいます。


そして新兵器↓
d0299605_12572255.jpg

細かい部分(弓のフロッグの内部など)を削る小さい鑿です。全鋼です。日本の彫刻刀より切れ味は劣りますが、彫刻刀より力をいれても曲がらないのでそこそこ使いやすいです。柄が持ちにくいので新しく作らないと駄目ですね。
写真下は表板などをオープンする際に使用する道具です。今まではヘラを加工して使用していたのですが、
専用品があっていたので買ってみました。 ただの鋼材の打ち抜きなんですが、根元からスラントしていて先端は刃物のように研いであります。  ネックがついたままで上ブロックを剥がす時などに役立ちそうです。




ミニ四駆のジャパンカップ東京大会は無残に終わりました。
2000人ちょっと参加していたみたいです。
d0299605_13123487.jpg

コースはこんな感じでした(午前8時前の様子)↑ ヘルクライム&ナイアガラのセッティングがどうにかならないと、どうにもならない感じでした。 ブレーキとマスダンパーのセッティングがまずくコースアウトでした。 コーナーリングスピードなどは問題ない感じでした。

とりあえず来月のぶんぶくの大会に向けてまた頑張ります。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2013-08-27 13:22 | 製作・修理
2013年 08月 23日

バイオリン

今年は去年ほど節電節電と聞かなかった気もしますが、 実際どうなんでしょうね?


お仕事↓
d0299605_1511110.jpg

ペグ交換したり


d0299605_15142941.jpg

またネック修理です。 ボンドで接着してありました。


楽器製作の方は チェロ作るはずなんですが、 ビオラの注文が入ったので先にビオラ作ります。(チェロも注文なんですけどね。)

小型のビオラです。385mm。 もはやこれ以上小さくなるとビオラっぽい音が出なくなるのではないでしょうか。ヴァイオリンと持ち替えで女性が仕様するなら、このくらい小さいと使いやすいでしょう。
本当はせめて、395mmくらいはほしいところですが、385mmで ”使えるビオラ” をなんとか製作するのが職人魂でしょうかね。

モデルはストラドベースのオリジナルです。 過去何本か同じ型で製作していますが、小さくても結構よく鳴ります。 

その材料↓
d0299605_1534658.jpg

裏板の少し暴れた感じの杢が、ワイルドかつ妖艶な感じをだしてくれるといいですね。

村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2013-08-23 15:40 | 製作・修理
2013年 08月 23日

バイオリン ニス

ニスをリタッチしたところです↓(修理はもう終わっていますがブログ更新していなかったので)
d0299605_22441049.jpg





村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2013-08-23 00:04 | 製作・修理
2013年 08月 18日

バイオリン ネック修理

夏休みも終わり仕事を始めました。

最近ブログの更新率が落ちています。頑張ります。


相変わらず、修理がいっぱいです。

ネック修理の続き↓
d0299605_21244538.jpg

ぶち込みます。 

そして、↓
d0299605_21265649.jpg

削ります。

古い楽器も、新作も、高価な楽器も、安い楽器も、
”ベストで完璧な状態”でネックが差し込まれていることは意外と少ないです。 
結構適当でも一応弾けてしまうところが問題です。
高価な楽器でなくてもネックを”ベストで完璧な状態”に修理することで、潜在能力を最大限に発揮することができます。音色や操作性など気になる部分が少しでもあるならば、専門店で点検してもらうべきでしょう。



d0299605_21371936.jpg

Vlaのこん柱交換。 
ここも要チェック箇所です。意外とゆるくなっていたりします。


さて、ミニ四駆も大会が近くなってきました。

更なる速度アップを求めて、 よく回るベアリングを選別したり、再び灯油で脱脂したりしてました。
ダストシール?をはがしてみると、かなり回転が軽くなることがわかりました!最高速で3㌔くらい速くなりました。
d0299605_21462628.jpg

写真上の2個はノーマル、下2個はダストシール剥がし状態。 


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2013-08-18 21:49 | 製作・修理
2013年 08月 13日

バイオリン ネック修理

毎日暑いです。 夏ですからね。


ネック修理中↓
d0299605_23105953.jpg

ネックを抜いた所です。 今回はネックが下がってしまっていたのでネックリセットです。







そして8月のジャパンカップ用ミニ四駆も出来上がってきました!↓
d0299605_2318306.jpg

新橋のタミヤで走らせて来ましたが結構いい感じでした! 細かい微調整が必要ですが、これで行く予定です。
後方↓
d0299605_23322526.jpg

ボディ提灯仕様です。 重り自体を少し軽くしても、通常の提灯と同じ効果を発揮します。
はねるとこんな感じです。↓
d0299605_23343156.jpg

電池も結構メーカーによって重さに違いがあり、2本セットで計ると10グラムくらい違いがあります。
ちなみに、MAシャーシで148グラムです(電池ネオチャンプ仕様)。

前作より30グラム軽量化です。 最高速が変らなくてもコース上ではだいぶ速いです。
あと5グラム位軽くしたいですが、提灯の位置や重さ、ローラー位置など上手く決まっていないので安定感があまりありません。
もう少しコースで走らせながら調整です。
 


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2013-08-13 23:49 | 関係ない話
2013年 08月 10日

スーパーⅡシャーシ

今日は本当に暑かったです。 
四国では40度を超えたらしいですよ。 そりゃ、暑いですよ。

とは言っても一日工房に居たのであんまり関係ありませんでしたがね。


ミニ四駆のシャーシは色々結構種類があります。
しかし、レースで上位入賞者のシャーシを見ると、結構限られているようです。
一番人気は、信頼と実績のVSシャーシです。駆動系のよさと軽さがいいみたいですね。
速い人を見るとだいたいVSシャーシです。

でも、みんなと一緒はイヤというわけで、↓
d0299605_195565.jpg

左の2個がスーパーXXシャーシ、中央が最新型MAシャーシ、右の2個がスーパーⅡシャーシです。
MAは安定した速さですが、ここ一番の速さに欠けている気がします。あと過剰なくらい剛性があります



XXとスーパーⅡを比べるとこんな感じです↓
d0299605_19102624.jpg

スーパーⅡは軽そうでいいですね!適度に剛性もありそうですし、拡張性も申し分ありません。
今後はMAとスーパーⅡをメインにしていくつもりです。


今日はお客さんにお土産いただきました↓
d0299605_19155751.jpg

フランス産のサラミです。 スーパーの袋入りではなくて肉屋で売ってるやつなので美味しそうです。

切るとこんなかんじです↓(まな板もっていません)
d0299605_19183541.jpg

美味しいです!!ワイン飲みたくなりますね。

村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2013-08-10 19:22 | 全然関係ない話
2013年 08月 09日

バイオリン修理

表板をオープンしたついでに、コーナーやフチの醜く欠けている部分にスプルースを継ぎ足していきます↓
d0299605_2240725.jpg

そして、 箱にします↓
d0299605_22411167.jpg


あと、
新作のヴァイオリンBow入荷しました。工房にて試奏できます。
村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2013-08-09 22:46 | 製作・修理
2013年 08月 09日

MAシャーシ 改造

今日は地震速報の誤報 がありました。久しぶりにあの警報音を聞くと、一瞬ドキっとしますね。
接客中でお客さんと今揺れたとか言ってましたが、 

全然揺れていなかったみたいですね。。。




さて、

8月入ってから修理の仕事が増えているのは暑さのせいですかね?
楽器を車中や直射日光の当たる所に置きっぱなしにするのはご法度です。


割れてる表板の修理中です。古い修理がとれてしまったようです↓
d0299605_23245077.jpg

ちょっとした割れの修理も、ちゃんと修理しようとすると意外と時間も費用もそれなりにかかります。
後々のことを考えると、そのときにきちんと修理しておいた方が楽器にとっても財布にとっても、やさしい結果になります。


そして、
ミニ四駆も地味に改造しています。時間がなくてあんまり進んでいませんが、
前回のレース結果を参考に大幅にセッティング変更と 新たなシャーシ製作です。

前回のぶん〇く仕様を改造中↓
d0299605_2337757.jpg

ボディはどこまで小さくしたらレギュに引っかかるのでしょうかね? このくらいまではたぶん大丈夫だとおもいますが、レースによっては、ボディキャッチで止めないと違反になる場合もあるみたいです。

現在は昔のような過度の軽量化は流行っていないようですが、色々ためすとやはり軽いほうが速いので色々削りとって見ました。
スピード測定台で5㎞強の速度差も車重が15グラム位軽いとあんまり変らないみたいです。もちろんトルクの関係もあるのでしょう。
ちなみに XXシャーシ(最高速37㎞、車重182グラム)よりMAシャーシ(最高速32㎞、車重171g)のほうがコース上(新橋のタミヤ)では圧倒的に速いです。まあ、ローラのセッティングも違うのもあるとはおもいますが。

とにかく、車重が重いとバーニングブリッジ(立体レーンチェンジ?)でかなりスピードが落ちてしまいます。
2013年のジャパンカップのコースでは ”スーパーデルタバンク”なる斜度30の結構ながい上りもあるので
ここでの失速はかなりタイムロスになると思います。

そこで、
新たに作る MAシャーシはとにかく軽く仕上げていく予定です↓
d0299605_2353691.jpg

前後のバンパーは切り落として、2mm厚のカーボン仕様です。いらない所も結構削ってみましたが、

MAシャーシは基本的に重い!!そして結構硬い(剛性)ので、もっと削らないと VSシャーシには追いつけなそうです。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2013-08-09 00:02 | 関係ない話
2013年 08月 07日

バイオリン ペグ交換

ご無沙汰です。  

ヴァイオリンが完成して一息ついていたり、修理が沢山きてワタワタしていたり、イギリスではロイヤルベビーが誕生したりと色々あり、しばらく更新サボっていました。


ここ数日は修理三昧です。

ペグ交換↓
d0299605_12282771.jpg

黒檀ペグでも柘植ペグでも、リング部分が柘植だと染めづらいです。
どうせ白リングなら象牙のほうが作業しやすいし、長年使用していると、色が変化していくのも一興だと思います。

新しい馬毛が届いたり↓
d0299605_12335642.jpg

年々、馬毛を縛っている紐が増えてる気がするのですが、紐で縛ってから目方を量って値段をだしているんですかね?
あと10年くらいしたら紐の数が倍くらいに増えてる気がします。


バイオリン&ビオラ 新入荷です! 
d0299605_12431884.jpg

ドイツの古いヴァイオリンが3本とボヘミアンのビオラが1本です。
まだ、ドイツから到着したばかりでセットアップはしていません。
そのままの状態で業者販売もしています。(一般のお客様へは完全に修理、調整してセットアップしている状態でしか販売しておりません)

セットアップが終わったら、順次HPに載せていく予定です。
他の仕事もあるんで時間かかりそうですが。。。

村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2013-08-07 12:57 | 新商品 / 再入荷