村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2014年 07月 31日

夏季休業日のお知らせ


夏季休業日のお知らせ

誠に勝手ながら8月10日~14日まで夏季休業とさせて頂きます。




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-07-31 12:40 | お知らせ
2014年 07月 30日

小型ビオラ

月曜日は久しぶりに自転車で出かけてきました。

以前買ったGARMIN EDGE510Jに簡易的なナビゲーション機能がついてることに気が付いて、
(事前にパソコンでルートマップを作ってサイコンに送ると、白地図上にルートのみが表示される簡易的なもの。)

前日にルートマップを作り、サイコンに入れたが、なんとなく信用できないので、紙の地図もプリントアウト(約20枚)して見やすいようにセロテープで貼り付けるというアナログな作業も。

ナビ、初めて使ったけども、超便利でした。 今まで紙の地図プリントアウトしてセロテープでつないでたのがアホみたいっす。


結局、紙の地図を必要とすることなく(行きはまだナビを信用していなかったので、紙の地図でナビを確認しながらでしたが)、
埼玉~神奈川~埼玉 合計90㎞ 迷子になることなく完走!!

こんなにガーミンを称えていますが、購入後約3か月でスピード&ケイデンスセンサーが不調。。。
サポートセンターに電話したら、親切対応でした。対処方を教えてもらい、しばらく使っても調子わるいようでしたら修理or交換してくれるとのこと。
とりあえず安心。


そして、
本体のプログラムが更新されているのでダウンロードしろとのことでしたが、ダウンロードしたら設定が全部初期化。。。

新しいプログラムでの変更点は、
ケイデンスセンサーの構造上、センサー付近でクランクをブラブラしてると、ケイデンスが157とか表示されてしまいます。
記録が書き換えられてしまい、最高ケイデンスが分からないというイライラが解消されているようです。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


お仕事↓
d0299605_22353954.jpg

ビオラ385mmも外周を仕上げました。ターティスと比べると↓
d0299605_22363659.jpg
バイオリンに見えますな。
二台ともパフリングに突入。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



いろいろ頂きました↓
d0299605_22381921.jpg
デザート詰め合わせ
d0299605_22401787.jpg
ヤギ?のチーズ。


いつもありがとうございます。



[PR]

by murakawa-strings | 2014-07-30 22:45 | 製作・修理
2014年 07月 29日

Old Bow 入荷


Old Bow 入荷



Vc Bow
MORIZOT L.(Freres)、銀黒、角弓、RAFFIN鑑定書付き


状態よいです。かなりの剛弓です。
試奏できますので、興味のある方は工房までどうぞ。










村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-07-29 17:39 | 製作・修理
2014年 07月 25日

ターティス&小型ビオラ 3

ターティスビオラは外周を削り終わったとこです↓
d0299605_23270661.jpg
でかいな~。

村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-07-25 23:29 | 製作・修理
2014年 07月 23日

演奏会のお知らせ

空谷足音LIVE
d0299605_23214377.jpg




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-07-23 23:24 | コンサート情報
2014年 07月 22日

EVH Wolfgang USA



エドワード・ヴァン・ヘイレンですよ。 
最近すっかり自分のブランド作って物を売ると儲かることに味をしめたのかは解りませんが、ちょいちょい新商品をラインナップしてるみたいです。

エディー曰く、 「俺っちがステージで使っている物と全く同じギターだぜ!!」
という話ならば、エディーファンなら欲しくなってしまいます。
商売上手ですね。

自分のは初期のモデルですが↓、その後、色々細かい変更したモデル出てるみたいです。最終的にレリック仕様もあるみたいです。意味わからないですがね。
d0299605_22244866.jpg
元々、PEAVEYから発売されていたWolfgangと基本的には同じ感じです。
d0299605_22320948.jpg
ヘッドの形は微妙に変わっています。先端の部分が輪郭に沿って切り抜きになりました。 USA製は基本マッチングヘッド仕様みたいです。
d0299605_22403187.jpg
シリアルナンバーは3桁台の初期型です。 日本製は最後の文字がJになってるみたいです。
ヘッド裏↓ペグはEVHマークですがゴトー製です。
d0299605_22422109.jpg
PEAVEYの時は焼印が押してありましたが、無くなってしまいました。残念です。
ネック材は綺麗な正目のメイプルです。内部にカーボン製の補強材が2本入っています。そのおかげかわかりませんが、ネックは非常に安定しています。
ネックは結構太目ですが、左右非対称型なので握りやすいです。

EVHブランドの Wolfgang、最初はどこが製作しているのかアピールしていませんでしたが、フェンダーカスタムショップ製だと噂されていました。
途中からヘッドの裏に思いっきりフェンダーのマークが入るようになって、2014年にはフェンダーのカタログにラインナップされるようになってました。



ブリッジ↓
d0299605_22534247.jpg
フロイドローズですが EVHの刻印が入っています。通常のフロイドローズと見比べたことがないので、特別に変更している所があるのかわかりません。
6弦にDチューナーがついていますが、ザグリが浅いので可動域が狭く使いにくいです。
ブリッジはフローティング状態ではなく、ベタ付け状態で少し尻下がり(エディーのこだわりらしい)にセッティングされています。



裏↓
d0299605_23002232.jpg
フランケンはブリッジの接地をブロックでとっていたみたいですが、 EVH Wolfgangは普通にベースプレートで接地をとっています。
d0299605_23053513.jpg
ボディー材はメイプルトップのバスウッドバックです。 裏から覗くと、ほんのりメイプルが見えます。
アーチトップなのでメイプルは一番厚い所で15mm位でしょうかね。
d0299605_23162505.jpg
ブリッジ周辺が一番厚くなっています。

ネックジョイント部
d0299605_23164776.jpg
ネックはレスポールのようにボディに対して角度を付けて取り付けてあります。
コントロールパネル内部↓
d0299605_23193931.jpg
雑。

メイドインUSAならこんなもんでしょう。
以前持っていたアイバニーズのJ-カスタムは綺麗でした。さすが日本製ってな感じでした。

ポッドもEVHの刻印入りです。ローフリクションポッドです。 初期型はヴォリューム、トーン共にローフリクションでしたが、最近のやつはトーンは普通のポットに変更されているみたいです。 普通に考えたらそのほうが使いやすいですよね。
 
PU↓
d0299605_23270086.jpg
こちらもかなり雑な作りです。フェンダー生産のEVHオリジナルモデル、ダイレクトマウントです。
ロウ漬けしてあります。そんなにハイパワーなPUではないと思います。ボリュームによく反応して、音の分離がよく、意外と癖のないバランス型のピックアップだと思います。
d0299605_23323306.jpg
トラスロッドは下から回します。 バーズアイのメイプル貼り指板です。 フレットはステンレスで結構低めです。
ステンレスフレットはとにかく減らないですね。音が固くなるとか言われたりもしますが、あんまり関係ない気がします。
固いので作業性が悪いのでリペアショップでは、嫌な顔されるのでしょうかね?


だいたいこんな感じです。

最近カタログみたらカスタムみたいなのが発売されていて気になります。



2017.2 追記
EVHフロイドローズについて





村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-07-22 23:49 | 全然関係ない話
2014年 07月 21日

ネックリセット

今日はそんなに暑くなかったので久しぶりに 自転車乗りました。
朝、30Km走りましたが、太ったせいか全然自転車が進まない。。。
夜は、今から40Km位の予定です。

夕方、ラバネロ(近所の自転車ショップ)にクリートを買いに行ったら、
高村氏に「歩きすぎだよ~。」との、お言葉頂戴しました。

にしても、タイムのクリートの減り方は早い気がします。


お仕事↓
d0299605_22202593.jpg
ネックリセットして、指板接着↓
d0299605_22205325.jpg
長年使用していると、ネックがだんだん下がってきます。 限界点を超えるとネックを入れなおす修理をします。
この「限界点を超えると」というのが微妙で、

完璧な状態を100%だとすると、状態が50%以下だとしても”とりあえず”は弾けてしまうところが厄介です。
実際、100%の状態で使用している楽器は少ないと思います。多くの楽器はいいところ70~90%の状態で使用されている現状でしょう。



ビオラ385mm
地味に進んでます↓
d0299605_22211480.jpg
切り出した所↓
d0299605_22213758.jpg







村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-07-21 22:52 | 製作・修理
2014年 07月 19日

ターティス&小型ビオラ 2

遅れながらも順調に進んでます↓(ターティス)
d0299605_23083757.jpg
荒削りしてるとこです。 削る前の厚み↓
d0299605_23080902.jpg
元の厚みを考えると、楽器になる部分よりも削り捨てられる部分の方が多いです。贅沢ですね。
裏板も荒削りして↓

d0299605_23090345.jpg
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


小型ビオラ↓
d0299605_23153770.jpg
ライニングを接着したとこです。


そして、
毛替えしてたら、こんなのが↓
d0299605_23094301.jpg
「なんだ?どうなってんだ?」と思って抜いたら↓
d0299605_23144563.jpg
ゴムのような樹脂で固めて詰めてありました。 外すのも普通にとれたので特に問題あるわけではありませんが。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com

[PR]

by murakawa-strings | 2014-07-19 23:22 | 製作・修理
2014年 07月 17日

ターティス&小型ビオラ

今日も暑かったですね。

今日は工房(不動産)の契約更新に行ってきました。
江古田に移ってからもうすぐ7年目になります。早いものですね。

今日のビオラ↓
d0299605_23132579.jpg
ターティスモデルの方は表、裏板を切り出したとこです。 後ろに写っているのは分数バイオリンではなくて、4/4のバイオリンです。
デカいですね~。

小型ビオラ↓
d0299605_23141970.jpg
横板を貼り付け中です。明日には一周終わらせたいです。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-07-17 23:23 | 製作・修理
2014年 07月 16日

チェロ駒交換

今日はチェロの駒交換したり↓毛替えしたりしてました。
d0299605_23442357.jpg
以上。

村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-07-16 23:45 | 製作・修理