村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2014年 08月 31日

里帰り

2010年に製作したバイオリンが里帰り調整にきました。ミッテンヴァルトのコンクールに出展したものです。
d0299605_12042410.jpg
d0299605_12034680.jpg
d0299605_12055911.jpg
d0299605_12062544.jpg
コンクール用に製作していたので材料も綺麗です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


特価のPedi ペディ バイオリンケース 
残りブラウンのみです。

通常の割引価格では全色販売しています。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-08-31 12:14 | 製作・修理
2014年 08月 29日

バイオリンケース セール

バイオリンケース数量限定セール中です。
d0299605_15483053.jpg
Pedi ペディ バイオリンケース
軽さと強度を両立したバイオリンケース。付属品の豊富さも魅力!

本体素材の一部にアルミ合金を使用し軽量かつ堅牢に作られており、80kgの負荷にも耐えられる構造です。
付属品の中には着脱が簡単な「Pedi レインコート」や湿度調整パイプなど充実してます。さらにリュックストラップはケースカバーに内蔵されており、使用しない場合は譜面ポケットの裏側に収納する事が出来ます。約2.4kg。

定価税込¥37,500-

セール価格税込 ¥19,440-

バイオリンケース数量限定セール中です。色は、ブラック、レッド、ブラウンのみです。 
ブラックは在庫が少ないです。早い者勝ちなのでお早目にご連絡ください。

d0299605_16065254.jpg
d0299605_16080675.jpg
弓は2本収納できます。
d0299605_16094190.jpg
レインカバー、ストラップ付属
d0299605_16110211.jpg
上部に小物入れが2個ついています。
d0299605_16115643.jpg

下部の小物入れ。 

d0299605_16135546.jpg

後ろに譜面を収納するポケットがあります。

d0299605_16153119.jpg

ストラップはケーズに2本収納式に取り付けられています。さらにもう一本ストラップが付属品に入っています。






[PR]

by murakawa-strings | 2014-08-29 16:22 | 新商品 / 再入荷
2014年 08月 25日

お知らせ


誠に勝手ながら8月26日、27日は臨時休業とさせていただきます。
ご迷惑おかけします。

28日(木曜日)から通常通りの営業になります。

ちなみに今日は代わりに営業しています。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-08-25 12:53 | お知らせ
2014年 08月 24日

チェロ ウルフキラー その2 

チェロのウルフキラーの続き↓
d0299605_13304160.jpg
↑これは一番見かけるタイプの物です。 中のラバー部分がだんだん劣化してきます。右の物はラバーのみの販売もあります。

こんなのも↓
d0299605_13292978.jpg
こちらは弦に引っ掛けるタイプなので、半永久的に使えるとおもいます。
良くも悪くも、重量があるのが特徴です。 基本的には重い方がウルフに対する効果は高いです。


こちらは番外編↓
d0299605_13372673.jpg
たぶん10年くらい前のものだと思います。 弦の間に挟んで使うウルフキラーです。 誰かが個人的に製作販売していたものだったと思います。
※こちらは現在弊店では取り扱っていません。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

清忠の話の続き

こちらはマイコレクションの清忠の未使用品↓
d0299605_13534525.jpg
一応、鎬鑿になるんですかね?↑
裏↓
d0299605_13564912.jpg
根本付近は割れではなく、 おそらく低温で鋼と地金を鍛接しているために境界線として出てしまった部分だと思われます。
高い温度で鍛接すればかんたんですが、 付くか付かないかのぎりぎりの低い温度で鍛接したほうが鋼に悪影響が出にくいそうです。

こちらも未使用の清忠の突き鑿↓
d0299605_14042487.jpg
裏↓
d0299605_14051859.jpg
こちらも未使用の清忠の繰り小刀↓
d0299605_14060395.jpg
裏↓
d0299605_14071547.jpg
↑刻印が薄いです。

こちらは清忠の別注の両刃↓(割れてるので使ってません)
d0299605_14094904.jpg
先端部に割れあり。 研いでいけばなくなりそうな気もしますが。
d0299605_14104330.jpg
こちらは清忠の切り出し↓(これもほとんど使用していません。)
d0299605_14121748.jpg
実用第一とといった感じで、見た目的にはあまり面白味はありません。ザ・実用品!といった感じです。

貰い物の光雲の繰り小刀↓(放置状態)
d0299605_14161260.jpg
全鋼です。 ↓刻印
d0299605_14181293.jpg

もう一本同じものを使っていますが、切る感覚は洋物のナイフに近い感じがします。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-08-24 14:23 | 新商品 / 再入荷
2014年 08月 23日

チェロ ウルフキラー

ウルフキラー 再入荷しました。
d0299605_11465441.jpg
今回は重さが二種類あります↓
d0299605_11501409.jpg
↑こちらはよく見かけるサイズのやつです。
d0299605_11512755.jpg
↑こちらは少し軽めのサイズです。
中はこんな感じです↓
d0299605_11533613.jpg
ゴム部分などはないので、基本的には半永久的に使用できます。

ウルフキラーの大きさやタイプなどは、ご使用の楽器のウルフの状態に合わせて選ぶとよいでしょう。
また、取り付ける弦や位置なども、楽器によって違うので解らない方はご相談ください。
工房には他のタイプのウルフキラーもありますので、セッティングを含め取り付けて試してみてからのご購入がよろしいかと思います。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

注文していた 弓のフロッグ材が今頃届きました↓
d0299605_12162373.jpg
あとは、フロッグのスライドの溝を掘る鑿↓
d0299605_12173456.jpg
最初に一本購入して使ったら全然切れなかったけども、研ぎ方を変えたらそれなりに使えました。 ただ側面の仕上げがすこし甘いですが、普通の鑿よりかは使いやすいです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

清忠の別注鑿の刻印↓(自分の鑿ではありませんが)
d0299605_12223657.jpg
”清忠”の刻印の↑に”㊕”の刻印が。
自分が以前に別注で頼んだ両刃の小刀には”㊕”の刻印は押してありませんでした。
ちなみに小さな両刃の小刀は作るの難しかったのか、鋼部分に割れが入っていました。恐らく焼き入れ時のミスだと思います。
”光雲”の同じ大きさの小刀は全鋼で打ってありました。そのほうが作るのは簡単なんでしょうが、刃は少し柔らかい気がします。








村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-08-23 12:33 | 新商品 / 再入荷
2014年 08月 21日

演奏会のお知らせ

イリス弦楽四重奏団
d0299605_23361231.jpg
d0299605_23372007.jpg
2014 9/20(Sat)
デザインKホール六本木
13:30開場 / 14:00開演 全席自由 \4000
連絡先 : 042-379-8348 後藤


植村 薫さん(第1ヴァイオリン)のブログはこちら




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-08-21 23:54 | コンサート情報
2014年 08月 19日

バイオリン 音調整

一昨日と今日は、ヴァイオリニスト弓新さんがいらっしゃいました。
d0299605_20023155.jpg


明日、サントリーホールで使用する楽器の状態が納得いかないとのことで、(コンサート情報、チケットはサントリーホールのHP、もしくは読響のHPをご覧ください)
魂柱を交換しました。調整→音出しを繰り返して、最終的に満足いく形に仕上がったので安心しました。
音出ししながらの調整は時間も労力も大変かかりますが、演奏者ならではの意見や感想、感覚的な部分を直接聞きながら調整していくのは勉強になります。

私の製作したバイオリンも大変気に入ってくれて、「明日サントリーホールで音出ししてみたい」と、ありがたいお言葉頂戴しました。
そして、ガット弦の良さを再確認した一日でした。



弓新さんのオフィシャルブログ→こちら




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com


[PR]

by murakawa-strings | 2014-08-19 20:48 | 製作・修理
2014年 08月 16日

Vn 2008

2008年に製作したバイオリンが点検、調整で里帰りしてきました。
ラベルは2008年 tokyo になっていますが、 イタリアのクレモナで白木まで完成させて、東京でニスを塗った楽器です。

d0299605_19281678.jpg

d0299605_19320661.jpg

d0299605_19323768.jpg
新作塗りの楽器はもちろん、オールドフィニッシュの楽器も実際に使用することで”良い雰囲気”が醸し出されてきます。
音も美しさも時間がより深みを与えてくれます。

今とは違うf字孔↓
d0299605_19433010.jpg
大きい画像はこちらへ



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



ビオラ製作↓
d0299605_19453760.jpg
パフリングの先端合わせ部分上手くいきました。




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-08-16 19:48 | 製作・修理
2014年 08月 15日

Vn Bow 入荷

本日から通常通り営業しています。


6~15万円クラスのバイオリンBowが数本入荷しました。

試奏できます。




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-08-15 11:50 | 新商品 / 再入荷
2014年 08月 14日

フロッグ製作 その2


8月15日より、通常通り営業しています。



続き↓
d0299605_21434472.jpg
d0299605_21455233.jpg
d0299605_21465542.jpg
d0299605_21480873.jpg
d0299605_21492722.jpg
d0299605_21501087.jpg

d0299605_21513456.jpg
d0299605_21524464.jpg
d0299605_21535439.jpg
 


夏休み期間中に完成させる予定でしたが、思ったより進みませんでした・・・
とりあえず明日からまた修理やらビオラを進めないと。




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-08-14 21:59 | 製作・修理