村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2014年 09月 30日

ターティスモデル ニス塗り開始

予定よりかなり遅れて夕方からニス塗り開始。夜はニスの色が分かりにくいので昼間に塗り始めたかったですが↓
d0299605_23370499.jpg
もう少し全体的に濃くしてから、 濃淡を付けていきます。
ニスは予定より早く終わりそうです。
週末には乾燥に入りたいです。


=====================================================

下地の実験↓
d0299605_23443326.jpg
塗りたて↑、乾くと茶色になるらしい。

しばらくして、乾いたらこんな感じ↓
d0299605_23472342.jpg
もう少し濃度を調整した方がよさそうです。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-09-30 23:48 | 製作・修理
2014年 09月 29日

日焼け

紫外線ランプで一日経過↓
d0299605_21440721.jpg
とりあえず、もう一晩あてておきます。
16日には使いたいそうなので、急いでニスに取り掛からないと・・・


=====================================================

修理に出していた ガーミンEDGE510Jが戻ってきました↓
d0299605_21481121.jpg
結局、センサー部分の故障だとのことでした。センサーは保障対象外と書いてありましたが、無償で新しい物と交換してくれました。
無事解決です。
新しく保証期間も延ばしてくれて、代理店?輸入販売元?は超親切対応でした。

村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-09-29 21:52 | 製作・修理
2014年 09月 27日

ターティスビオラ 白木完成。

ようやくビオラ白木で完成↓
d0299605_23501829.jpg
最後に細かい部分の手直しして、磨いて完成。今回は表板の木目をかなり強調した感じに仕上げます。

その後、ニス塗りの準備。



こちら、修理のバイオリン↓
d0299605_23525566.jpg
マッジーニモデルのスクロール。1巻き多い。


小型(385mm)ヴィオラも進めないと・・・




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-09-27 23:55 | 製作・修理
2014年 09月 25日

ターティスビオラ

あわわ・・・ 全然終わらん。
予定よりかなり遅れてネック接着↓
d0299605_23454909.jpg
たまらんデカさだな。男らしいぜ。

そして、
スクロールは色々と訳があってこんなことに↓(えっ?僕が悪いわけじゃないですよ)
d0299605_23445372.jpg
ブレシアのオールドでこんなんあったな・・・

そして裏側も色々と訳があってこんなことに↓↓(えっ?僕が悪いわけじゃないですよ)
d0299605_23523072.jpg
 =====================================================

下地処理の実験の続き↓
d0299605_23502688.jpg
 丸2日位、紫外線ランプにあててました。

中でも今回新たに試している物が中々いい感じに↓
d0299605_23560811.jpg
オールドフィニッシュの下地にいいんではないでしょうか。
化学薬品なしのオーガニック染色です。



 
村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-09-25 23:58 | 製作・修理
2014年 09月 23日

バイオリン弦について

どうもこんばんは、仕事もしないで今日はブログの更新がはかどっております。
夜も涼しくなってきましたが、一昨日くらいから五月病の再発に苦しんでいます。



さて、話は変わりますが、
どの種類の弦を使うか悩んだことは一度くらいはあるでしょう。

よくあるのはドミナント、エヴァ、オブリガート、などでしょうかね。
自分も自作の楽器に悩んだ末、エヴァを張ることが多いです。

実際にコンクールなどで見ると、多い順にドミナント、エヴァに続き、オブリガート、ラーセン・ツィガーヌなどがよく目につきます。
まあ、製作コンクールなので、製作者に受けのいい弦ということかもしれません。
本当ならばガット弦で行きたい製作者もいるとは思いますが、コンクールのシステム上、ガットだとリスクもあるので、選択から外れることもあるでしょう。
(バイオリン弦の話です↑)


この辺まではどうでもよい話ですが、



最近のお気に入りセッティング↓
d0299605_21181334.jpg
E・・・ ブロカット(楽器に合わせて別の弦でもいいと思います)
A・・・ ヤーガー (スチール)
D・・・ オリーブ (ガット)
G・・・ オリーブ (ガット)

A線ヤーガー??

そうA線ヤーガーです。↓
d0299605_21231630.jpg
国内ではA線にスチール弦を選択することは、最近ではあまり見かけることはないでしょう。というかほぼ見ないと思います。
ヨーロッパではA線にスチール弦を張っているプレーヤーも見かけます。
この組み合わせで使っているヨーロッパのソリストを何人か見たこともあります。

自分で張ってみるまで変な組み合わせだと思ってっていましたが、実際使うといい感じでした。ビックリです。
(たぶん楽器屋さんでこの組み合わせを言ったら「ないでしょ!」と突っ込まれると思います。)
そして、A線がスチール弦ゆえに、調弦しにくいのでほぼ皆様アジャスター1個増し・・・





どうにかならんのかね?ということで、
ミニ四駆で培った軽量化を!!!

L型アジャスター1個の重さ↓
d0299605_22010369.jpg
5.1グラムです。

ループタイプのチタンアジャスター2個↓(アルミ&チタン)
d0299605_21404494.jpg
4.7グラム。 解決。
こっちのほうが軽いやんけ!

さらに、
ヤーガーはボールエンドが外せる構造なので↓
d0299605_22073300.jpg
外すと↓
d0299605_22120667.jpg



約0.2グラム軽量化。
これなら重量増しの問題はありません。

こんな感じになります↓
d0299605_22152412.jpg
ナイロン弦のA線と比べるとヤーガーのA線はだいぶ細いので駒の上のカーブの微調整及び、革貼りをしたほうが良いと思います。

エヴァなどはよく鳴るので(自分には弦だけが表面上で鳴ってるるような感じがします)人気がありますが、
”この楽器の音”というより、どの楽器に張っても”エヴァの音”という感じがします。
(別にエヴァをディスっているわけではありません。自分もエヴァ張ることが多いです。)
ガット弦の方がよく振動するので、楽器全体がヴァイブレーションします。そして楽器自体の個性を殺すこともないと思います。



さんざんエヴァをディスっておいてビオラのお気に入りのは弦はこちらです↓
d0299605_22343747.jpg
A・・・ ドミナント(楽器に合わせて別の弦でもいいと思います。ラーセン、ヤーガーなどなど)
D・・・ エヴァ
G・・・ エヴァ
C・・・ スピロコア(クローム)

この組み合わせ(A線はラーセン)もヨーロッパのコンクールではよく見かけます。

A線をドミナントにするのなら、ナイロン弦(ペルロン)なので、よく調整されたペグならばアジャスターを外したほうがよいでしょう。



まとめ
使う楽器によっては合わなかったりもするでしょうし、弾く側の好みもあるのでこれがいいとも言えません。
あと、「困ったときはエヴァを張れ!!」という格言?親父の小言?があるくらいなので、ついついエヴァを張ってしまいます。
好きな弦を張ればいいんじゃないですかね。









村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-09-23 22:58 | 新商品 / 再入荷
2014年 09月 23日

ターティスビオラ でかいですよ~

ターティスビオラ、完成も近いですね↓
d0299605_21052977.jpg
デカいっす。とにかくデカいっす。 (隣にあるのは4/4のバイオリンです。)
箱叩くとボフボフなってますよ。 完成したらハーレーの排気音みたいな重低音がする予定です。(予定というか希望)

張る弦とかも悩みそうですが、ウルフとか出そうな予感も。



あとはネックを早く進めるのみ↓
d0299605_21065560.jpg


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-09-23 21:15 | 製作・修理
2014年 09月 23日

ターティス ビオラ

バスバーを接着して、↓
d0299605_11292990.jpg
成形して、ライニングやらブロックやら仕上げて、ラベル貼って、
忘れ物がないか確認したら↓
d0299605_11305548.jpg
箱にします。





村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-09-23 11:32 | 製作・修理
2014年 09月 21日

バイオリン

調整、セットアップ終了。販売中です↓

d0299605_12104483.jpg
d0299605_12115261.jpg
d0299605_12120840.jpg
d0299605_12160079.jpg
d0299605_12171026.jpg
d0299605_12183968.jpg
調整、セットアップが終わって販売中のバイオリンです。 (大きい画像は→こちら
2010年製作です。 古い裏板材を使って製作しています。


少し”クセ”のあるセッティングにしてあります。希望があれば通常のセッティングにもどしますが、
「この荒馬を乗りこなしてやるぜ!!」的な方の所に嫁ぐといいなと思っています。

工房にて試奏できます。




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-09-21 13:28 | 新商品 / 再入荷
2014年 09月 19日

ターティスビオラ、その他

とりあえず裏板を接着。デカくてクランプ足りません↓
d0299605_21140543.jpg
内枠を抜いてライニング↓
d0299605_21152047.jpg
こちらもデカくてクランプ足りないので半分ずつ接着。


===================================================================


そして、
昨日板厚調整したバイオリンも、接着↓
d0299605_21165102.jpg
魂柱作り直して、微調整です。

この楽器は、調整後に販売いたします。ご興味のある方は試奏してみてください。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-09-19 21:21 | 製作・修理
2014年 09月 18日

壊れた?ガーミン

壊れたかもしれない ガーミンはメーカーに送ることになりました。ていうか、送りました。
センサーも一緒に送れとのことで、 自転車から外すと、何やらカラカラ音がしてました。

ちなみに、保証書見ると、本体は一年間保障だけど、その他の物は保障外だと。
じゃあ、買った次の日にセンサーぶっ壊れても「知りませんよ」ってことなんでしょうか?

半年も使っていないのでなんか腑に落ちないですが、とりあえずメーカーからの連絡待ち。

こないだのログ↓
d0299605_22320261.png
5ヶ所位おかしい部分が。 200㎞超えてるところも。

だいぶ前のログも見てみると↓
d0299605_22321096.png
230㎞でてるところもありますが、まあ1か所なので気にならないレベル。

これで壊れていないなら、値段のわりに結構いい加減な精度です。キャットアイの方が安くて正確かも。



=====================================================

話は変わりますが、
当初は三日坊主で終わると思われてたこのブログも地味に継続していて、いつの間にか10,000超えてました↓

d0299605_22321330.png
内容のないブログですが、地味に見ている人もいるので頑張りたいと思います。
次の目標は50,000です。達成したら特売セールでもやりましょうかね。






村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-09-18 22:53 | 全然関係ない話