村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2015年 03月 31日

バイオリンデザイン

先週は工房を休んで遊んでいたわけではなく、バイオリンデザインの勉強に行っていました。

早速、帰って来てから色々やってました↓
d0299605_23031494.jpg
バイオリンを作るときに、多くの製作者はストラドやガルネリなどの過去の銘器のデザインをコピーして作っていると思います。
また、オリジナルモデルを作っているとしても、ベースに何らかの過去の銘器を参考にしたりしているでしょう。
フルコピーで作るなら、本物のストラドの内枠だったり楽器だったりが手元にあり、そこから型を起せれば一番いいですが、なかなかそんな環境の製作者はいないと思います。

そこで多くの製作者は原寸のポスターや写真集をコピー機してそこから内枠のデザインを作っています。自分も例外ではありません。

ですが、色々問題点もあります。



ストラドの本物(コピーしたい楽器)

↓ 歪み

ポスター、写真集

↓ 歪み

コピー機

↓ 歪み

形の修正

↓ 歪み

内枠のベースになる型

↓ 歪み

内枠完成。

そしてその完成した内枠も自分の想像によるデザイン部分もある。(特にコーナー部分)

むむむ・・・・

ということで、ストラドの内枠自体のデザイン法を復活させてやるぜっ!!と奮起した賢い人がこちら↓
d0299605_23043248.jpg
François Denis 氏


Originaire d’Angers, François Denis a étudié les sciences à l’université et la musique au conservatoire, mais c’est en autodidacte qu’il a abordé l’histoire de l’art et la lutherie. Installé comme luthier depuis 1983, il a fabriqué une grande variété d’instruments avant de se spécialiser dans la lutherie du quatuor.

Sa formation plurielle l’a conduit à questionner certains fondements de sa profession demeurés obscurs. En 2006, la publication du Traité de Lutherie fait la lumière sur l’histoire des procédés géométriques à l’origine de la forme du violon. L’ouvrage situe les dimensions des instruments de musique dans le contexte d’un art de la mesure dont les traces se perdent à l’approche de la modernité.
François Denis exerce une activité de conférencier et intervient comme formateur dans diverses écoles de Lutherie. En 2000, le prix Musicora lui a été décerné pour ses recherches.



フランスで活動している弦楽器製作者で現在のバイオリンデザイン研究の第一人者です。2006年に、デザイン研究の集大成を「Traité de Lutherie 」として発表し、
以来、バイオリンデザインのバイブルとなっています。 
彼のデザインシステムを支持する、しないは別として、自分でデザインを考えていくうえで必ず役に立つ本ででしょう。
そして、そのデザインシステムもそうですが、一番重要な部分は当時のデザインの概念の部分に着目したところだと思います。




日本でワークショップをやるとのことで参加してきました。
すごく勉強になりました。初めてイタリアに行った時と同じくらいの衝撃でした。
何よりも、デザインに対する根本的な考え方自体を変えさせられました。

そして、肝心のデザイン方法もシンプルかつ実用的でした。
 過去にも数多のデザイン方法がありましたが、なんだかつじつま合わせ的な部分が多かったり、都合のいい解釈が多かったり、複雑すぎてそんなことやっていたとは到底思えなかったりと怪しいものばかりでした。

興味のある方は本を買って読んだらいいと思います。  Denis 氏のHPに製図の動画が乗ってます。こちらにリンクしてあります。
僕も、もちろん買いました↓

d0299605_23475909.jpg
サインしてくれました↓
d0299605_23495446.jpg
あと、お土産に彼が実物のストラド内枠から写したデータも頂きました↓
d0299605_23502530.jpg
線が二重になっているのは、表側、裏側の両方の線が書いてあるからです。

こちらはストラドの内枠が沢山乗っている写真集↓(お土産ではありません)
d0299605_23525314.jpg
d0299605_23512970.jpg
この写真集は歪んでないのか気になっていたので重ねて見ることに↓
d0299605_23552320.jpg

・・・結構ぴったりです。



まとめ

Denis 氏の考えたというか、復活させたデザインのシステムを使うと アマティやストラドのオリジナルの型をデザインするだけではなく、 その時代のシステム(16世紀〜18世紀にかけて使われていたデザイン法、製図法)に沿ったオリジナルモデルの設計もできると思います。
そして、自分の楽器はもちろん、他の楽器を見る時も、今までとは違った角度から見ることができるでしょう。

結局、写真集に載ってる内枠が書き出されるなら、最初からそれを使えばいいとも思いますが、
科学万能のこの時代に、わざわざ手作りでバイオリン作ってるのだから、こんな所にこだわるのもいいと思います。


※ストラドの時代の製作方法は現在の製作手順とは違うので、内枠をコピーしたからといって出来上がる楽器がそっくりになるという訳ではありません。
あくまで内枠の形を再現するということです。
※写真から起こした楽器がダメという訳ではありません。どちらの方法で製作してもダメなやつはダメで、良い物は良いし、出てくる音にはあんまり関係ないです。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2015-03-31 00:16 | 製作・修理
2015年 03月 28日

お知らせ


本日から通常道り営業しています。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2015-03-28 14:30 | 製作・修理
2015年 03月 22日

臨時休業のお知らせ


3月23日~27日まで技術研修のため、臨時休業させていただきます。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。


※27日は販売と修理の受付のみ、行っています。
また、休業期間中お急ぎのご用件の方は携帯電話に連絡ください。





村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2015-03-22 13:01 | お知らせ
2015年 03月 21日

豆鉋の製作

出張前に少しだけ時間ができたので、去年ドイツに行ったときに企画していた豆鉋の製作をすることにしました。(ドイツで出会ったY氏の豆鉋製作の情熱に感動しました。)

とはいっても、 完成品を見せてもらっただけなので作り方は分からないので、とりあえず試しに一つ作ってみるのが早いかと。

それでは、プロトタイプの製作開始↓
d0299605_21152652.jpg
素材は真鍮です。 鋸で切り出して、焼鈍しします↓
d0299605_21211697.jpg
そして、柔らかくなったところで、くるんと丸めます↓(文章にするとなんてことありませんが、この作業が一番大変でした。)
d0299605_22300122.jpg
ロウ付けします↓
d0299605_22450665.jpg
底面もロウ付けしていきます。↓
d0299605_22475298.jpg
底面ははめ込み式にしたかったのですが、手持ちの真鍮材の厚みの関係で底に敷く形に。
(後々完成したもの見たらはめ込み式にしても問題なさそうでした・・・)

まぁ、プロトタイプということなので気にしません。

刃を入れる所を削ったり、押え棒?をロウ付けして↓
d0299605_22541537.jpg
ラウンドタイプなので底面はお好みに丸みを付けていきます↓
d0299605_23010646.jpg
そもそも、なんでこんなの作っているかというと、市販されているものだと刃の大きさの割に台が幅広なので、アールのきつい所などは削りにくいというか無理でした。
というか、鉋の底面のアールによって隆起の自由度が妨げられている状態なので、好きな形に作ろうという企画です。
最近は、エグイ隆起の楽器がないというか、似たような隆起の楽器が多いのはみんな同じ鉋使っているからなんでしょうかね?

左は市販品。右は今回製作したプロトタイプ。ともに8mm幅の刃が入ります。 無駄な部分をなくしてスマートにしてアールも強めにしました。
d0299605_23102077.jpg
いい感じですね~♫↓
d0299605_23174806.jpg
きついアールにも対応できそうですね。
もう少し全長を短くした方がさらに使いやすそうな気がします。
色々なタイプの鉋を作りたくなる気持ちが少し分かりました。これ作るの結構楽しいです。



あとがき

フェルールをロウ付けするときに使っている小型のバーナーを使って製作しましたが、もう少し火力のあるものじゃないと母材が温まりきらない感じがしました。
自分のやり方が上手くないからかもしれませんが、いずれにしても、もう少し大きい鉋を作るときのことも考えると、少し大きいバーナーの購入を検討しないといけませんね。

おわり


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前トクサの話をブログに書いていたら、 トクサいっぱいあるとこ知ってるぜ!!ってことで沢山いただきました。
d0299605_23185218.jpg
自分が今まで見た中では一番の極太です! 下の薄緑の破片は、今まで使っていた物の中でも結構太目のやつです。
ちょっとした紙やすりくらいの大きさのが作れそうです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、

話は変わりますが、

以前、弓の革部分(サムグリップ)を象革で試していた弓ですがこんな感じに↓
d0299605_23190521.jpg
ゴムのようになりました!!
象革は弓の革巻きとしては適した革だと思います。
耐久性は、数ある動物の革の中ではトップクラスです。表面は吸湿性があるので、指に汗をかいても滑りにくいです。
触り心地も最初はスエードのような感じですが、使い込むとゴムのような感じになってきます。とにかく滑りにくいです。
デメリットは作業性が悪いこと(職人側の話ですが)と、 海外に弓を持っていく可能性がある方は、ワシントン条約の関係もあるんで使わないほうがいいと思います。

村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2015-03-21 23:43 | 製作・修理
2015年 03月 12日

7/8レディースサイズ バイオリン完成

7/8レディースサイズ バイオリン完成
d0299605_22314872.jpg
d0299605_22331198.jpg
d0299605_22340049.jpg
d0299605_22352988.jpg
d0299605_22343577.jpg
d0299605_00003100.jpg
大きい画像はこちら



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2015-03-12 22:37 | 製作・修理
2015年 03月 11日

7/8サイズ バイオリン 音出し

弦張って、ようやく音出し!
d0299605_23433571.jpg
何本作っても、この瞬間は緊張とドキドキと期待と不安がミックスされた1番楽しみな時間です。

で、
音の方はと言うと…

音はいい感じですね!変な癖もなく、素直な感じです。弾きやすいと思います。弾き込むと更に期待できそうです。
明日もう少し細かい調整をしたら完成ですね!


そして、
以前どうやって魂柱を立ててるのか?お客さん聞かれましたので、写真で少しばかり説明を↓
d0299605_23573907.jpg
専用の魂柱立て(自作)に挿して、
d0299605_23590617.jpg
F字から突っ込みます。
d0299605_00003100.jpg
文章にするとなんてことないんですが、
実際は根気と経験が必要な繊細な作業です。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2015-03-11 23:41
2015年 03月 11日

7/8バイオリン セットアップ

7/8バイオリンはセットアップ中です。
d0299605_14111173.jpg

ペグを合わせて、あとは駒、魂柱です。
今回はお客様の指定で、このテールピースを使います。↓
d0299605_14134336.jpg

今日中には完成しそうです!

村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2015-03-11 14:09
2015年 03月 07日

7/8バイオリン ニス4


一晩 UVランプに入れて触っても問題ないくらいに乾いたら、ランプから出します。
あんまり長時間UVランプにに当てていると、退色してしまう場合があります。
d0299605_13585451.jpg
d0299605_14020747.jpg
d0299605_14021333.jpg
d0299605_14022319.jpg
窓際に置いて、もう何日か乾燥させます。
ニスはすでに安定していますが、 完全に乾燥、硬化するには2~3年はかかると思います。
週明け位には音出しできそうです。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2015-03-07 14:10 | 製作・修理
2015年 03月 06日

7/8バイオリン ニス3

ニス塗り終了!
最後にトップコートを塗ってuvランプで乾燥硬化させます。
d0299605_16081244.jpg

ニスは順調に進んだので早くかわきそうです

村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2015-03-06 16:06
2015年 03月 05日

7/8バイオリン ニス塗り2

色味は大体塗り終わりです。


d0299605_23090844.jpg
d0299605_23093256.jpg
この後、 細かい部分をリタッチしたり剥がしたりしていきます。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2015-03-05 23:13 | 製作・修理