村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2015年 07月 28日

アゴアテ

あご当ての軽量化の修理。
裏を削りこんでいきます↓
d0299605_21290383.jpg
元々ごついデザインなので、限界もありますが。
d0299605_21290803.jpg
削ったとこを染め直して↓
d0299605_21291211.jpg
だいぶ軽くなりました。 
まあ、小さいことの積み重ねなので。

~~~~~~~~~~~

製作中のバイオリンはニスを乾かし中↓
d0299605_21285764.jpg
微妙にニスがまだ乾いていないのか?そもそもいつものニスより融点が低いせいか、
手で長時間持つとまだ指紋が付きます。
まだ塗り終わって一週間もたっていないので乾いていないだけだとは思いますが。




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2015-07-28 21:54 | 製作・修理
2015年 07月 26日

バイオリン修理 ハガレ

バイオリンの修理↓
d0299605_17553580.jpg
下ブロックが剥がれていたまま長期間使用していたようで、変形を戻してから接着。
きれいに戻りました。

~~~~~~~~~~~

センター剥ぎの修理しているバイオリン。ようやく箱に↓
d0299605_17554074.jpg
予定より時間がかかってしまいましたが、きれいに治りそうです。

いずれの修理も早めに気が付いて、直していれば手間も修理代もかからないのですが、重症になるまで本人は気が付かずに引いているパターンは結構多いです。
毛替えや、弦を買いに工房へ行ったときに毎回点検してもらいようにすれば少なくとも、年二回以上は点検することになるので、重症になる前に気が付くがくでしょう。
どこの工房に行ったって、毛替えや、弦を購入したら、快く点検してくれると思います。(もちろん弊店では点検だけでも問題なく対応しますが。)
最近はネットで弦を買ったほうが安いので、楽器店に行く機会も減っているせいもあると思います。
ネット販売はでこういう細かいサービス(たとえば無料点検など)ないので限界まで値引かれるのは当たり前のことです。
まあ、バイオリンの世界だけに限った話ではないので、賢い方ならわかる当たり前の話でありますが。


さて、 バイオリン製作はというと↓
d0299605_17554529.jpg
我慢できずに指板を接着。 当たり前ですが、まだニスは半乾きでした。
オイルニスは二層しか塗ってないのですぐ乾くかと思ったけど、さすがに少しばかり早かったです。

いつも使っている琥珀系オイルニスよりも少しべた付く感じがします。コロフォニウム系のほうがなんだか音にはよさそうな感じがします。

週末位までには音だせるようにしたいですが、 オイルニスの乾き次第なので、なんともです。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2015-07-26 18:23 | 製作・修理
2015年 07月 24日

バイオリン製作 ニス塗り

ようやくニス塗りも終盤に。 ここから細かい部分のリタッチや加工などをさらに加えていきます。
d0299605_13230958.jpg
d0299605_13231532.jpg
d0299605_13252440.jpg
d0299605_13253278.jpg
d0299605_13260186.jpg
d0299605_13263998.jpg
d0299605_13263423.jpg
d0299605_13262953.jpg
色々と新しいオイルニス(コロフォニウム系)を実験したり試したりで、
いつも作ってるオールドフィニッシュのヴァイオリンの2倍位製作時間かかってます。
いい感じに仕上がりそうです。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2015-07-24 13:38 | 製作・修理
2015年 07月 21日

バイオリン製作 オイルニス

顔料製作の続き↓
d0299605_23204133.jpg
沈殿させたのを濾過しました↓
d0299605_23213331.jpg
乾燥させます。思ったより大量にできました。 乾燥するとかなり体積が減ります。




オイルニスに混ぜて塗ります↓
d0299605_23224707.jpg
今回はコロフォニウム系のオイルニスです。

いつもと違うので目止めしてみました↓
d0299605_23221790.jpg
ニスが染み込み過ぎないように適度に目止めします。↑膠じゃないです。

途中経過ですがこんな感じになっています↓
d0299605_23251753.jpg
d0299605_23254585.jpg
ここから アンティーク加工をしていきます。


~~~~~~~~~~~

バイオリン修理の状況↓

結局、表も裏も全部接ぎが剥がれていました。
d0299605_23220189.jpg
↑裏板下部。 

表板の新しく付ける補強のパッチ↓
d0299605_23211494.jpg
予定より時間がかかってます。

つまり、遅れているということです。

村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2015-07-21 23:36 | 製作・修理
2015年 07月 16日

バイオリン製作

とりあえずUVランプにあててます↓
d0299605_23492911.jpg



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2015-07-16 23:50 | 製作・修理
2015年 07月 15日

バイオリン修理の続き


オイルニスに使用するために、こないだ作ったノーチェの顔料↓
d0299605_23324373.jpg
何度洗っても綺麗にならないので失敗したかと思っていたら、ようやく綺麗に沈殿してきました。
色もいい感じについていそうです。
もう少し洗浄してから、乾燥させます。

~~~~~~~~~~~

バイオリンの修理↓

表板の反対側も接ぎが剥がれているので接着
d0299605_23323919.jpg
裏板も怪しいのでパッチだけ貼直そうと外してみたら、下の方は接ぎが剥がれてました。
オープン修理は開けてみたら予定していなかった部分の修理をすることもよくあります。
開けた以上はやれるとことはやったほうがいいので。
d0299605_23323160.jpg




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2015-07-15 23:42 | 製作・修理
2015年 07月 12日

バイオリン修理 

オープンしたバイオリンの修理↓
d0299605_17563024.jpg
上下センター部分のハガレ。

元々ついていたパッチが圧着されていたので表板にかなりめり込んで、跡に・・・↓
d0299605_17563542.jpg
なんでこんなになるまで圧着するんだろう??



~~~~~~~~~~~

バイオリン製作
d0299605_17563831.jpg
ネックを仕上げてから、細かい部分を仕上げれば一応完成。
アンティーク仕様にするので、その後まだいじりますが。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2015-07-12 18:04 | 製作・修理
2015年 07月 09日

バイオリン修理

雨が続いて嫌ですね。しけってます。

修理↓
ペグ穴埋め
d0299605_23341452.jpg
こちらも修理↓
d0299605_23342293.jpg
表も裏もセンターがはがれてきてます。
d0299605_23342999.jpg
一度オープンされていて、表板は修理している形跡がありますが、同じ所がはがれてきている状態。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2015-07-09 23:41 | 製作・修理
2015年 07月 07日

のーちぇ 

そろそろバイオリンも白木で出来上がりそうなので、ニスの準備をします。

ノーチェとコチニールの顔料を作ります。

ノーチェ↓
d0299605_14395229.jpg
ステインにしたりニスを割ったりとか、色々使い道があります。

溶かします↓
d0299605_14421708.jpg
茶色系です↓
d0299605_14425714.jpg
ちょっと入れすぎた気がしますが、薄いよりはいいかなと・・・↓
d0299605_14441054.jpg
色々混ぜいていきます↓
d0299605_14454921.jpg
混ぜると一気にドロドロになってきます↓
d0299605_14461429.jpg
d0299605_14474863.jpg
中和させていきます↓
d0299605_14481898.jpg
ドロドロが少しおさまります↓
d0299605_14494366.jpg
別の容器に移して 洗いながら沈殿させていきます↓
d0299605_14531563.jpg
d0299605_14533962.jpg
濃すぎたせいか、上澄みでもう一回取れそうなのでチャレンジ↓
d0299605_14541939.jpg

~~~~~~~~~~~

修理↓
ペグの穴埋め
d0299605_14571876.jpg
ペグ交換↓
d0299605_14580753.jpg



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2015-07-07 15:00 | 製作・修理
2015年 07月 04日

バイオリン入荷しました。

バイオリン入荷しました。

ドイツ製 c.1920

修理・調整済み(フィッティングも新しくしてあります。)

販売価格 65万税別です。

少し古いのが欲しい方にはいいと思います。






[PR]

by murakawa-strings | 2015-07-04 23:49 | 製作・修理