村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2016年 03月 30日

いろいろ

ビオラ修理↓
d0299605_12575509.jpg
ハガレや音調整など。

~~~~~~~~~~~

お客さんが松脂が割れたからくっけて欲しいと。
昨日は少し時間があり、いつも利用してくれるお客さんなので綺麗に再生することにしました。↓
d0299605_12583439.jpg
一度とかして、固めます↓
d0299605_12585645.jpg
ちょっと表面がデコボコになってしまいましたが・・・

溶かして触ってみると、色の濃いマツヤニと薄いマツヤニと結構触り心地が違います。まあだから弾き心地も違うんでしょうが。

村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2016-03-30 13:09 | 製作・修理
2016年 03月 29日

弓修理など

スライド修理↓
d0299605_15002463.jpg
長年使用していると貝が手の汗で浸食されてくるので、交換します↓
d0299605_15002737.jpg
このフロッグは金属のレールを貝と黒檀の上にかぶせてあります。
d0299605_15002963.jpg
早めに交換するとフロッグ側のレールが痛みません。

~~~~~~~~~~~

新しいバーナーを買いました↓
d0299605_15023119.jpg
手前の小さい方は以前から持っていた物です。1300℃まで出せます。
弓の修理にはこれで十分でしたが、真鍮の豆鉋を作り始めてからは火力不足を感じていたので、ついにデカいのを導入。
1700℃まで出せます。何よりも火の勢いも全然違います。


とりあえず魂柱立てに焼きを入れてみる↓
d0299605_15014594.jpg
メラ→メラゾーマになったくらいの火力の差を感じますな。

魂柱立ても新しいのを作ろうと企画中です。

村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2016-03-29 15:29 | 製作・修理
2016年 03月 28日

お勉強会


先週は工房はお休みして勉強会に参加してきました。

講師はイギリスからPeter Beare氏が来ました。↓
d0299605_23180172.png

Peter Beare
バイオリン鑑定の権威、チャールズ・ベアを父に持つピーター・ベアは、Violin Making School of America にてバイオリン製作を学んだ後、
J. A. Beare’sはもちろんのこと、カール・ベッカー、エティエンヌ・ヴァテロ、プシェミスル・スピドレンといった現代を代表する弦楽器工房にて修復および製作の技術を習得してきました。
2012年にJ. A. Beare’sを去って以来、ケント州トンブリッジにて父親と共に活動しています。




調整やセットアップなどの興味深い話が聞けて面白かったです。
一番最近製作したオールドフィニッシュの楽器を持っていき見てもらいました。
ニスの仕上げや隆起の作りなどは昔の時代の作り方でとてもいいとほめていただけました。
隆起は今回から全く新しく変えて特にこだわって製作していたのでうれしかったです。


そして、細かい部分のアドヴァイスも頂けました↓

①シャイニーだよ!!  (これに関しては修理されてどのような状態になっている楽器を再現しているのかにもよるので何ともだとは思いましたが。)
②もう少しエッジを残した方がわざとらしくならない。
③ニスの摩耗と木材部の摩耗の時代感を合わせて考えないと不自然さが出てしまう。
④イミテーションの傷に少し不自然な部分がある。(同じ場所に同じ傷をつけすぎ)
⑤ボタン部がちょいデカい。(これは意図的に大きく作っていたので次から小さくすればいいだけですが。)
などなど・・・

てな感じでした。 次回作に生かしたいと思います。

Beare氏の製作した楽器も見せていただきました。さすが本物のストラドを見ながら作っているだけあって魅力的な楽器でした。
特にスクロールが素晴らしかったです。自分の製作したスクロールが幼稚に見えました。Beare氏のスクロールは、けして精度が高く製作されているわけではありませんが、とても魅力的な渦巻き方でした。現代の新作によくある、ひたすら精度を求めた渦巻きとはちがい、有機的かつ躍動感のあるものでした。

色々とやる気がでたので頑張りたいと思います。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com


[PR]

by murakawa-strings | 2016-03-28 00:04 | 製作・修理
2016年 03月 20日

お知らせ


誠に勝手ながら、3月22日(火)~3月25日(金)を休業とさせていただきます。
皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。
お急ぎの方は携帯電話にご連絡ください。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2016-03-20 22:03 | お知らせ
2016年 03月 20日

ビオラ製作 ターティスモデル

ビオラ製作 ターティスモデル420mm
また少しずつ進み始めてます↓
d0299605_21530800.jpg
d0299605_21531009.jpg
スクロールはとりあえず終了↓
d0299605_21564579.jpg
このビオラは注文品ではないので、オールドフィニッシュにして象牙のナットにしようかと思ってます。
下ナットも象牙にしたいですな。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com

[PR]

by murakawa-strings | 2016-03-20 22:01
2016年 03月 19日

便利グッズ

便利グッツの紹介です。

d0299605_18102013.jpg
昔から存在しているみたいですが、僕は最近知りました。

子供用のバイオリンのサイズ合わせするための治具です。
まあ必要なのは、バイオリンの先生しかいないとは思いますが。

一応、身長に対するサイズ適応表も存在しますが、腕の長さも個人差があるので実際に楽器を構えてみないことにはわかりません。
個人で教室をやってる方などは各サイズの分数楽器を用意しておくわけにもいかないので、一つあると便利だと思います。

メジャーで測っても同じなんですが、まあこちらがあったらあったで使いやすいと思います。

ちなみに、棒の部分がスライド式になっていて目盛りに合わせてスライドさせると、各分数サイズ(エンドピンからスクロールの先端までの大きさ)になります。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2016-03-19 18:20 | 新商品 / 再入荷
2016年 03月 18日

弓用の鉋を買ってみました↓
d0299605_18041379.jpg
裏↓
d0299605_18045288.jpg
裏はかなり平面でてないです・・・

集成材のかたまり・・・↓
d0299605_18045410.jpg
大きさはちょうどいいけど、作りが微妙。
刃は使えそうな感じ。

以前に作った小さい弓用鉋↓
d0299605_18070076.jpg
かたずけてたら、以前にイタリアで買ったきた鉋セットも出てきたので自分で作ったほうがいいような気もしてきましたが↓
d0299605_18070653.jpg
端幅は30mmで一緒だけどちょっとでかい↓
d0299605_18070830.jpg
底板をネジでとめるのもなんか嫌なので、ネジ穴はをロウ付けで埋めて、丈を少し詰めてと結構手がかかりそう。
付属の刃はペラペラで使えなさそう。

ゴールデンウィークに第5回江古田ワークショップでバロックBOwを作る予定でしたが、このままいくと
”バロックBowを作る鉋を作る”に変更しそうな感じです。

~~~~~~~~~~~

フロッグのスライド修理に使う貝を仕入れました↓
d0299605_18214859.jpg
何枚か綺麗なのも入ってました↓
d0299605_18221745.jpg


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com

[PR]

by murakawa-strings | 2016-03-18 18:24 | 製作・修理
2016年 03月 17日

弓 修理

毛替え↓
d0299605_19141422.jpg
毛替え↓
d0299605_19141940.jpg
チップ割れ修理↓
d0299605_19142484.jpg
d0299605_19142602.jpg
隙間ができたまま接着されてしまっているのでチップの交換。

~~~~~~~~~~~

ちょっと困った中華Bow↓
d0299605_19143159.jpg
楔が木口で突っ込まれているうえに、接着剤でとめてあるシリーズ・・・(さらにスライド部分も接着されている可能性あり)
一回目の毛替えをする職人は泣きをみる、ババ抜き状態です。フロッグの中も加工しなおさなければなりません。
こういう弓は弊店では販売しませんが、どっかで買って持ち込んでくる人はたまにいます。

追加料金をとるか断るか悩み中です。
でも断るとできないと思われるのもいやだな。。。

追加料金で、いやだったら買った店に持っていけというのが、無難でしょうか。
てゆーか、こういう弓を売るなよって感じです。

おこです。

とりあえず、次からはどこで買わされたのか聞こうかと思います。

村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2016-03-17 19:28 | 製作・修理
2016年 03月 16日

分数バイオリンのケース


最近おすすめしている分数バイオリンのセットですが、今度からケースの色が選べるようになります。

ピンク色↓
d0299605_23431677.jpg
オレンジ色↓
d0299605_23431883.jpg
みずいろ↓
d0299605_23432066.jpg
あお↓
d0299605_23432475.jpg
もちろん、黒もあります。

ケース単体(税抜¥12,000)でも注文できます。サイズは4/4~1/16サイズまで。





村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com

[PR]

by murakawa-strings | 2016-03-16 23:53 | 新商品 / 再入荷
2016年 03月 13日

分数バイオリン


最近、新学期シーズンのせいか分数楽器のお問い合わせが多いです。

1/4サイズ、1/8サイズの注文がきました↓
d0299605_16245170.jpg
基本的に分数サイズは注文をうけてから発注してるので、
問屋さんから届いて開ける時はガチャガチャ回す的な小さな楽しみがあります。
1/8サイズの方は一枚板でした。たまに一枚板が混ざってます。ちょっとだけ当りを引いた気分になります。
ちなみに値段は一枚板でも二枚板でも一緒です。
d0299605_16304379.jpg
値段の割にはそこそこ杢も入っているので満足。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2016-03-13 16:36 | 新商品 / 再入荷