村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2016年 06月 27日

通販生活


久しぶりにユーロが安くなってるので、海外通販しました。

d0299605_23274082.jpg
バイオリンの削り台です↓
d0299605_23291499.jpg
いまさらですが。

右のは昔イタリアで作った削り台です↓
d0299605_23292058.jpg
メインディッシュは削り台ではありません。こっち↓
d0299605_23275363.jpg
合体↓
d0299605_23323307.jpg
角度が自由動かせるバイスです↓
d0299605_23330680.jpg
かなり使いやすそうです。 一応、専用の削り台も一緒に買ってみたが、使いにくかったら元々使っているものに穴を開けようかと思ってます。

とりあえず、バイオリンを置いてみる↓
d0299605_23331013.jpg
テンション上がりますな。

固定するネジ部分↓
d0299605_23365267.jpg
手で回せるのは便利ですが、何か加工しないとまずそうだな。
それでも、昔売っていた中国製のやつよりはマシなようですが。

~~~~~~~~~~~

弓のフロッグ用の鑿も買いました↓
d0299605_23383757.jpg
これは人のを借りて使ってみてよかったので、安心の商品。

刃のアップ↓
d0299605_23384101.jpg
前から持ってるのと比較↓
d0299605_23384436.jpg
元から持ってる方は刃が柔らかく、側面の仕上げも少し雑な感じです。

どうでもいいけど、イタリアからくる荷物は梱包が雑すぎる。
おまけが入ってましたが↓
d0299605_23384747.jpg
フェルトのキーホルダー的な物。
欲しい人いたら差し上げます。(もちろんうちのお客さんで)



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2016-06-27 23:45 | 製作・修理
2016年 06月 23日

7/8サイズバイオリン 里帰り


7/8サイズのバイオリンが里帰り調整に戻ってきました。 

d0299605_13314659.jpg
この時期に作っていた数本はみんなこんな感じの色味です。
自発的には茶色いのはあまり作ることがないような気がします。
大切に扱っていただいてるようで、小傷もあまりついていませんでした。

~~~~~~~~~~~

正月に作っていた顔料もようやく↓
d0299605_13315196.jpg
いい感じの紫色になりました。
細かく砕いて、もう少し乾燥させれば完成です。

~~~~~~~~~~~

駒を仕入れたり↓
d0299605_13314944.jpg
今回はよさそうなのが選べました。


村川ヴァイオリン工房
http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2016-06-23 13:40 | 製作・修理
2016年 06月 23日

Ramble FX Marvel Drive 

※2014?/?/?
※2015/03/31更新
※2016/06/23更新

Ramble FX Marvel Drive
d0299605_18123703.jpg
久しぶりにエフェクターの話です。
今年は無駄遣いを控えようと思ってましたが、ついついポチってしまいました・・・

ついに出ました!!
プレキシペダルの決定版といってもいいと思います!
このペダルは今年ブレイクすると思います。

Ramble FX という2013年にミネソタ州で起業したアメリカのメーカーです。

数々のプレキシペダルが発売されていますがこの発想はありそうでなかった!
4インプットのプレキシMarshallのVolume(Gain)部分のみを忠実にペダルに再現。
つまり、
4本の真空管で織り成される実機のプリアンプ・セクションを、真空管に最も近い音響特性を示すJFET、それを4つ用いて忠実に挙動を再現したという、
しかも、リンクさせた状態を再現!というマニアックな仕様!
いわゆるこの状態↓
d0299605_18290055.png
そそりますよ!

メーカーの説明はこんな感じ↓

MARVEL Drive(マーベル・ドライブ)は、1960年代中~後半に生産された2チャンネル仕様のMarshallアンプ、いわゆる“Plexi Marshall”のサウンドのみならず、2イン&アウトプットを利用したサウンドメイキングをも再現した、ペダル・オーバードライブです。各々が独立した、真空管に近い特性を持つJFETによる増幅回路を4系統持ち、アンプライクでナチュラルな歪みと深みあるダイナミクス、デリケートで艶やかなハーモニクスを生み出します。ブライトでトレブリーな歪みの”HIGH TREBLE”チャンネルと、ボトムが豊かでややダークな歪みの”NORMAL”チャンネルは、各々が単独でも魅力的ですが、MARVEL Driveの真価は両チャンネルのコンビネーション・サウンドにあると言ってよいでしょう。Plexi Marshall”では2つのチャンネルのinput1と2をパッチケーブルで接続していましたが、本機では各々独立したボリュームを装備することで、両チャンネルのブレンドをイージーに実現します。最終的な出力音量は“MASTER”ボリュームで、トレブルは“PRESENCE”によってそれぞれ調整可能です。一般的なセンターマイナスACアダプターによる電源供給、フットスイッチにはノイズフリーでメカ的トラブルに強いリレー式トゥルーバイパスを採用と、現代的なスペックにも完全対応。プレキシグラス(アクリル)製上面パネル、ブラック&ゴールドのノブ、角型のLEDレンズと“Plexi Marshall”を彷彿とさせるルックスもを魅力的。


メーカ自体も設立して日が浅いためか、ネットで調べてもあまり情報がないので、わたくしがレポートしたいと思います。

箱あけるとこんな感じです↓
d0299605_18140812.jpg
丁寧に梱包されてます。ピックやらステッカーやらおまけつきです。 ちなみに電池は入っていませんでした。

発売からまだそんなに時間は立っていませんが、 細かくバージョンがわかれているみたいです。このあたりも後々マニアが喜びそうなところです。
さて、
うちに届いたのは↓
d0299605_18194246.jpg
↑リレー式のトゥルーバイパス使用。

バージョン2.2でした。基盤アップ↓
d0299605_18371328.jpg
現段階で最新版だと思われます。
参考までにバージョン2.1の基盤↓
d0299605_18465815.jpg
微妙にレイアウトやコンデンサーの種類が変わってます。
ヴァージョン2以降は コントロールにPRESENCEが追加されています。
オペアンプの左下の白いコンデンサ?みたいなのが何なのか気になる・・・

こちらもヴァージョン2.1と思われますが上の物とは微妙にコンデンサの種類がちがう↓
d0299605_23500573.png
違う2.1ヴァージョン↓
d0299605_19491832.jpg

こちらはリレースイッチの場所が微妙に違うヴァージョン↓
d0299605_19430561.jpg
たぶん、リレー式に変わった直後の物だと思います。
リレー式に変わった直後のモデルは、ミュート機能がついてたらしいですが、音の切り替わるレスポンスが悪くなるためか廃止したみたいです。



PRESENCEのないバージョン1.8の基盤↓
d0299605_19041034.png
PRESENCEのないバージョンは オペアンプと真ん中の黒いのが付いてません。というか、良く見たら機械式のトゥルーバイパスですね。
このバージョンも細かく違うのがあるみたいです↓
d0299605_18574205.png
PRESENCEのないバージョンの外観↓
d0299605_18584470.png
PRESENCEのツマミがないだけです。

ヴァージョン2.2の話に戻ります。
オペアンプのアップ↓
d0299605_19093692.jpg
こっちは真ん中はリレースイッチの回路↓信頼の made in Japan!!
d0299605_19105601.jpg
ちなみに内部のトリマはいじくるな!!と書いてあります。
部品の個体差を最終的にメーカーで調整しているんでしょうかね。


音も最高ですよ!!
どのポジションでも最高ですが、特にクランチなんて最高です。
最近はギター側のボリュームにリニアに反応しますなんてのが多いですが、実際は、歪の量がかわるだけで、「使える音」か
どうかは別だと思います。
このMarvel Driveはボリューム絞っていっても自然で変な音痩せもありません。

コントロール類↓
d0299605_19213528.jpg
ルックス最高ですね!マーシャル好きにはたまりませんね!ツマミはお約束のマーシャルツマミです。
そして、こだわりのプレキシグラスのパネルはもちろんですが、LEDもプレキシ風です。
ここまでこだわるならVOLUME1.2にしないで、LOUDNESS1.2にすればいいのにと思いますが。

話はそれましたが、コントロールは4インプットのマーシャルそのまんまです。
そのまんまというか、いわゆる定番のマスターボリューム追加の”改造マーシャル”状態です。
分かりやすく言うと2ゲイン+マスターボリュームといった感じです。
プレゼンスはほんとに微調整といった感じです。ほとんど効きません。

とはいっても、VOLUME1.2は 単に歪の量をコントリールするだけでなく、トレブル、ミドル、ベースのコントロールと複雑に干渉しあっています。
奥が深いです。

これを手に入れるまでは、ワンプラーのピナクルを使っていましたが、こっちのほうが断然よいです。
ピナクルも悪くはなかったですが、Marvel Driveと比べると、エフェクターくさい音や薄っぺらさなどが気になります。とくにクランチにしたときの薄っぺらさが圧倒的に違います。

まだ入手したばかりなので使いこなせてはいませんが、こんな感じで遊んでいます↓
d0299605_19142729.jpg
Marvel Driveでイコライジングをふくめた歪を作って、歪だけ少し上げたいときはEPでブーストさせてます。もう少しクセのないブースターの方が合うかもしれません。

これからブレイクするはずです。

追伸
クリーン~クランチ~ハードオーバードライブくらいまでカバーできると思います。
色違いもあるみたいです↓
d0299605_23575433.png

パープル↓
d0299605_19400015.jpg
ホワイト↓
d0299605_19395761.jpg
レッド↓
d0299605_19401149.jpg



~~~~~~~~~~~

以下、2016/06/23更新分

Ramble FX Marvel Drive 
いつの間にかv3になってました↓
d0299605_00145373.png
基本的にはそんなに変わってないみたいですが、18vで駆動できるようになってるようです。
動画を見たら、結構18vがいい感じでした。
V3の基盤↓
d0299605_13020413.jpg
オペアンプが一個増えてるのは18Vのチャージポンプですかね?
なんかスペース的には電池積めそうな感じですが、なにか思惑があるのでしょう。
まあ、電源の安定化だと思いますが。
それとも、プリアンプ的なイメージなのでしょうか?

説明書見たら自分の持ってるやつも18V対応なので試してみることにしました。
d0299605_00040732.jpg
V3は電池は使えないみたいです。
18Vいける↓
d0299605_00041039.jpg
18Vアダプターがないので無理やり↓
d0299605_00041369.jpg
d0299605_00041562.jpg
かなりいい感じです! 
18Vにするとヘッドルームが広くる感じなのかと思ったら、 音の張りと倍音が増える感じでした。
9vのときは前段にEPブースターで少しブーストさせてましたが、 18Vならブースターがなくてもいい感じです。
バリバリとした高音の張りがすごい増す感じがします。
実際、3vの説明でも100wと50wの切り替え見たいなイメージとあったので、そんな感じだと思います。
これいいですわ。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2016-06-23 13:16 | お知らせ
2016年 06月 23日

Ramble FX Marvel Drive  18V仕様

Ramble FX Marvel Drive 
いつの間にかv3になってました↓
d0299605_00145373.png
基本的にはそんなに変わってないみたいですが、18vで駆動できるようになってるようです。
動画を見たら、結構18vがいい感じでした。
V3の基盤↓
d0299605_13020413.jpg
オペアンプが一個増えてるのは18Vのチャージポンプですかね?
なんかスペース的には電池積めそうな感じですが、なにか思惑があるのでしょう。
まあ、電源の安定化だと思いますが。
それとも、プリアンプ的なイメージなのでしょうか?

説明書見たら自分の持ってるやつも18V対応なので試してみることにしました。
d0299605_00040732.jpg
V3は電池は使えないみたいです。
18Vいける↓
d0299605_00041039.jpg
18Vアダプターがないので無理やり↓
d0299605_00041369.jpg
d0299605_00041562.jpg
かなりいい感じです! 
18Vにするとヘッドルームが広くる感じなのと思ったら、 音の張りと倍音が増える感じでした。
9vのときは前段にEPブースターで少しブーストさせてましたが、 18Vならブースターなくてもいい感じです。
バリバリとした高音の張りがすごい増す感じがします。
実際、3vの説明でも100wと50wの切り替え見たいなイメージとあったので、そんな感じだと思います。
これいいですわ。




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2016-06-23 00:16 | 全然関係ない話
2016年 06月 21日

いろいろ


お預かりしている修理も少し落ち着いてきましたので、通常通りにやっています。

ビオラ製作もそろそろ再開できそうです。



さて、
少し前に発売されたヤーガーの弦を試してみました↓
d0299605_14074272.jpg
箱はなんだかゴージャスでカッコいいです。

早速、自作の楽器に張ってみました。
テールピース側はお決まりの水色です。
d0299605_14084865.jpg
ペグ側は黄色です↓
d0299605_14085127.jpg
音色はちょっとクセがある感じですが、自分は結構好きです。
音色を文章で伝えるのは無理なので、
というか、張る楽器によって印象もちがうので、気になるなら一度使ってみてください。

~~~~~~~~~~~
 
修理↓
毛替え
d0299605_14163027.jpg
こちらも毛替え↓
d0299605_14163904.jpg
新作の弓ですが自分は結構お気に入りの作者です。
このニップルがたまりません↓
d0299605_14180810.jpg
フロッグも↓
d0299605_14190653.jpg
先端も↓
d0299605_14191983.jpg
いい仕事してますね。 とても弾きやすいです。

 
~~~~~~~~~~~

マツヤニ↓
d0299605_14211046.jpg
引っ掛かりが強いマツヤニを求めているお客さんに紹介しているのですが、
予想通りケースからマツヤニが外れる事例が何件か起きてます。
マツヤニの質自体は良いので、ケースを別のにしてくれたらいいのに・・・
当店でお買い上げのお客様のは外れたらくっつけなおしますのでお手数ですがお持ちください。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2016-06-21 14:28 | 製作・修理
2016年 06月 19日

ネックリセット 、その他

ネックリセットの修理の続き↓

d0299605_11350424.jpg
指板を接着後、ヒール部分などを綺麗に整えていきます↓
d0299605_11350988.jpg
最後にニスのリタッチをします↓
d0299605_11351103.jpg
たまに古い楽器なのに修理したとこだけ、テッカテカにニスが塗ってあるのとか見ますが、
新作を作る時のニス使って修理のリタッチもしてるんですかね?

なるべく質感は合わせたいと思います。
もう少しクリアーを塗ってから、少しつやを抑えます。
修理用に調合した厚みが出にくいニスを使います。

~~~~~~~~~~~

駒交換↓
d0299605_12131214.jpg
これ以上曲がると折れてしまいそうなので交換します。
駒の状態によっては、熱で矯正する場合もあります。

~~~~~~~~~~~

新しい治具を買ってみました↓
d0299605_12155989.jpg
弓の修理用です。





村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2016-06-19 12:18 | 製作・修理
2016年 06月 15日

修理

今日も修理してました。
明後日位にはいったん落ち着きそうな感じになってきました。



弓の修理の続き↓
d0299605_22355433.jpg

ブッシングした部分に新しく穴を開けなおします。

~~~~~~~~~~~

ネックリセットの続き↓
d0299605_22364067.jpg
ペグボックスの割れ部分を補強して、

d0299605_22411479.jpg
ネックも下準備。

ボディもいったん埋めなおします↓
d0299605_22411240.jpg
ネックインします↓
d0299605_22411741.jpg
接着↓
d0299605_22411961.jpg
ギリギリ予定日には終わりそうです。


~~~~~~~~~~~
こちらは毛替え↓
d0299605_22412124.jpg
~~~~~~~~~~~

こちらはチップ交換↓
d0299605_22412488.jpg






村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2016-06-15 22:46 | 製作・修理
2016年 06月 13日

ペグ交換 など

今日もずっと修理してました。

バイオリンのフィッティング交換↓
d0299605_23511499.jpg
ローズウッドの材でかぶれてしまうということなのでフィッティングを黒檀に交換して様子を見ることに。
ダメそうなら、アレルギー用のあご当てに交換すれば大丈夫だとはおもいますが,
繊細な肌の方は何かと大変みたいですね。
新作バイオリンでしたが、やわらかな良い音でした。


~~~~~~~~

弓の修理↓
d0299605_23511858.jpg
フロッグがカタカタするので、奥の緩くなった穴をブッシングします。

~~~~~~~~~~~

革巻きの交換↓
d0299605_23512028.jpg


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2016-06-13 00:07 | 製作・修理
2016年 06月 11日

バイオリン修理


週明けには少し修理が落ち着きそうです。
(期限を延ばしてもらっただけですが・・・)


シルバーのチップ交換修理の続き↓

d0299605_23074737.jpg
楔穴を整えるのが結構大変です。


磨きこんでいきます↓

d0299605_23080493.jpg
もうすぐ完成です。


~~~~~~~~~~~


メネジがダメになってしまったので交換します↓

d0299605_23105511.jpg


~~~~~~~~~~~


ペグの穴埋め↓
d0299605_23150003.jpg


~~~~~~~~~~~


こちらもペグの穴埋め↓

d0299605_23152992.jpg




か~ら~の~↓




d0299605_23164275.jpg

指板交換。


d0299605_23170423.jpg

~~~~~~~~~~~



ネックリセットのバイオリン修理の続き↓

d0299605_23183057.jpg
ペグボックス割れ。
元々のヘッドの形状、ペグ穴の位置、ペグボックスの掘り込み具合など、色々要因があります。
構造的に弱い条件がそろってしまうと割れてしまいます。 

もちろん、ぶつけて割る人もいます。



治具を作って接着します。


d0299605_23191910.jpg


全体的にブッシングが綺麗についてないのが気になる・・・↓


d0299605_23185446.jpg

~~~~~~~~~~~



バイオリンの指板を仕入れたり↓


d0299605_23261397.jpg
同じに見えますが、グレードがあります。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com

[PR]

by murakawa-strings | 2016-06-11 23:31 | 製作・修理
2016年 06月 10日

ネックリセット

ネックリセットの修理↓
d0299605_12560628.jpg
ネックがだいぶ低くなっていたので、少しテンションが緩い感じです。
長さも短かったのでその辺も修正。

~~~~~~~~~~~


現在、修理がこんでいるので、日程の余裕をもって預けていただけると助かります。
来週の水曜位には少し落ち着くと思います。

村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2016-06-10 13:16 | 製作・修理