村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2016年 11月 29日

色々

 
黒檀ペグに交換↓
d0299605_23101581.jpg



~~~~~~~~~~~~




バイオリン製作は、スクロールを仕上げつつ、ニスの下地の実験↓
d0299605_23101836.jpg
目止めの濃度を少し変更したり、塗る順番変えてみたりと。



いらない端材を綺麗にして塗ってみます↓
d0299605_23110539.jpg

下地処理後↓
d0299605_23102570.jpg
d0299605_23102137.jpg
よさそうな感じです。
もう半分はUVランプで試験中です。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2016-11-29 23:23 | 製作・修理
2016年 11月 29日

バイオリン製作


バスバーの整形後、細かい部分を綺麗にして、ラベルを張って焼印を押して↓
d0299605_23565921.jpg
箱にします↓
d0299605_23570357.jpg
何本か前からバスバーの調整方法を少し変えたら楽器の鳴り方がだいぶ変わりました。

バスバーを削りすぎるのにビビッて、削りすぎるなら少し安全マージンを残す方向でやる人が多いのですが、
その「少し」があるせいで、良く鳴らない。
チキンレースですね。






村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2016-11-29 00:11 | 製作・修理
2016年 11月 27日

バイオリン製作


色々測定しながら、最終的な厚みに仕上げます↓
d0299605_23400822.jpg
バスバーも接着します↓
d0299605_23412232.jpg
横板と裏板は接着↓
d0299605_23412505.jpg

 


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2016-11-27 23:45 | 製作・修理
2016年 11月 25日

バスバー

裏板の厚み出しはほぼ終了↓
d0299605_23201943.jpg


バスバー用の枠を買いました↓
d0299605_23202556.jpg
今までは自作の木製の物を使っていましたが、アルミ製のを買ってみました。
こんな感じに使います↓
d0299605_23202244.jpg
ヴァイオリン、チェロ用は買って良かったけど、ビオラ用は自分で作ったほうが良かったかなと少し後悔。ビオラ用小さい・・・

~~~~~~~~~~~~

修理↓
d0299605_23202975.jpg
シャフト交換。 
久しぶりに中々抜けないと思ったら黒い部分が樹脂でした。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2016-11-25 23:29 | 製作・修理
2016年 11月 24日

表板


f字孔などの細かい部分を仕上げていきます↓
d0299605_23442079.jpg
綺麗に仕上げていきます↓
d0299605_23442434.jpg



板厚も仕上げていきます。



いつもタップトーンを測るのに

スマホのピアノアプリを使っていたのですが、

レッスン室にピアノがあるのを思い出し↓
d0299605_23443031.jpg
やりやすい!!




というか、六年前からピアノあるんですけどーーー。

ピアノ触らないのですっかり忘れてました・・・




こちらは↓
d0299605_23443499.jpg
ライニングを接着中です。

外枠製作はブロックが入っていないとか、横板の先端の中央部分に切れ目が入っているとか都市伝説が噂されていますが、
うちのはちゃんと入ってます↓
d0299605_23443762.jpg
ブロックが入っていないとか、横板の先端の中央部分に切れ目が入っているとかいうのは、昔の量産品で外枠を使っていた物です。
現代で個人製作家で外枠を使って製作されている物は内枠と変わらない構造(コーナ部分)になってます。
特に使い分けている意味はありませんが、僕はバイオリンは外枠それ以外は内枠で製作することが多いです。
枠自体使わない製作方法もあるので、人それぞれですね。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com

[PR]

by murakawa-strings | 2016-11-24 00:11 | 製作・修理
2016年 11月 21日

バイオリン入荷

ドイツ製のバイオリン入荷しました↓
d0299605_23554197.jpg
価格は税別22万です。まだセットアップしていないので、今ならフィッティングパーツを選べます。


~~~~~~~~~~~~

バイオリン製作↓
d0299605_23554453.jpg
ブロックを接着してるところです。

1960年代のブロック材がまだ残ってるので、これを使ってます↓
d0299605_23555572.jpg
あと残り数台分でしょうかね。


~~~~~~~~~~~~

フロッグの修理↓
d0299605_23554954.jpg
貝の交換
d0299605_23555151.jpg



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com

[PR]

by murakawa-strings | 2016-11-21 00:05 | 新商品 / 再入荷
2016年 11月 19日

横板

横板を曲げます。
d0299605_23544606.jpg
水で濡らしてから、アイロンで曲げていきます。
d0299605_23545022.jpg
電気式もありますが、写真は直火式です。

d0299605_23545412.jpg
この後、c部を曲げて、ブロックを付けて、ライニングをつけます。




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2016-11-19 00:07 | 製作・修理
2016年 11月 17日

裏板


裏板も彫り始めました↓
d0299605_23530612.jpg
以上。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com

[PR]

by murakawa-strings | 2016-11-17 23:54 | 製作・修理
2016年 11月 16日

f字孔


バイオリン製作
d0299605_13090723.jpg
f字孔を切り出します
d0299605_13091123.jpg
ある程度まで仕上げたら、板厚の調整をしていきます。

表板は大きな材だったので、バスバーと魂柱が共材で作れます。
d0299605_13091592.jpg
横板も準備中↓
d0299605_13092124.jpg
横板も杢が綺麗に入っているので、曲げるの大変そう。


無性に久しぶりにポシェットバイオリンが作りたくなってきました・・・




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2016-11-16 13:21 | 製作・修理
2016年 11月 13日

バイオリン製作


新しい豆鉋を買いました↓
d0299605_16570956.jpg
流行の最先端。ステンレス製豆鉋
真鍮のはIBEXの一番小さい物。ステンレスなのはどうでもいいですが、大きさが使いやすい。IBEXの底面の形で制限されていた隆起の自由度が上がりました。
d0299605_17005138.jpg
真鍮を見慣れているので、銀色がなんだかカッコいい。
ステンレスなので、底面の摩耗も少ないのでよさそうですね。

バイオリン製作の進み具合。
表板↓
d0299605_17060169.jpg
裏板↓
d0299605_17060652.jpg
d0299605_17060974.jpg
隆起はとりあえず完成↓
d0299605_17061287.jpg
今月中にはニス塗りに入りたい予定ですが、どうでしょうかね。
というか、今週末には塗り始める予定でしたが・・・

久しぶりにF字孔のプレートも作り直しました↓
d0299605_17122110.jpg

~~~~~~~~~~~~

弓の修理↓
d0299605_17122549.jpg
虫食いかと思ったら内側から貫通
d0299605_17124270.jpg
掘りすぎ。





村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2016-11-13 17:30 | 製作・修理