村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2017年 04月 30日

GWの営業について


お知らせ その①

GWの営業については、HPのトップページのカレンダーに載っているのでそちらで確認してください。


お知らせ その②

ビオラBowが入荷しました。 ドイツ製の少し古い弓です。とても綺麗な状態です。
試奏できます。 入門クラスの弓を使っている方のグレードアップによさそうな感じです。


~~~~~~~~~~~~


バイオリン製作↓
d0299605_23411610.jpg
まとまった時間が取れたので、良い感じに進んでいます。

d0299605_23412048.jpg

渦巻きがある程度進んだら、ペグボックスを掘っていきます↓

d0299605_23412319.jpg
d0299605_23412770.jpg
背中側も彫り込んでいきます↓
d0299605_23412906.jpg
 

仕上がったらボディに接着↓
d0299605_23494329.jpg
細かい部分を修正してから磨いて完成です。

GWは恒例の江古田ヴァイオリンワークショップの予定なので、ニス塗りに入るのは休み明けでしょうかね。
音出すのが楽しみですね。 
こちらは注文製作ではないのでバイオリンをお探しの方は是非試奏してみてください。


~~~~~~~~~~~~

バスバー材を仕入れました↓

d0299605_23494690.jpg
以前、海水に漬けて樹脂抜きした材料は良い感じだったので、今回もやってみたいと思います。

ストラドの時代に木材を海上輸送していたか、していないかは色々意見もあり真相はわかりませんが、
樹脂が染み出て軽くなるのは確かです。


こんな感じです↓
d0299605_23494913.jpg
染み出てきたマツヤニ↓
d0299605_23495267.jpg
水面に浮いている泡のようなものはマツヤニです。触るとベトベトしています。

いまさらですが、乾燥期間が梅雨にかぶってしまうので1ヵ月ほど早くやればよかったと思いましたが、アフターカーニバルのお祭り騒ぎです。
乾燥中にカビが生えないように気を付けるしかないですね。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com

[PR]

by murakawa-strings | 2017-04-30 00:09 | 製作・修理
2017年 04月 27日

Vc Old Bow 入荷


チェロのOld Bow 入荷しました。

FETIQUE Victor , 193X , RAFFIN鑑定書付き

とてもコシの強い角弓です。 工房にて試奏できます。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-04-27 14:07 | 新商品 / 再入荷
2017年 04月 24日

バイオリン ラベル


バイオリン製作進んでます。


ラベル↓
d0299605_23421503.jpg
フルヴァーニッシュで仕上げる時は白いまま貼ってますが、オールドフィニッシュ仕上げの時は少し色を付けています↓

d0299605_23421712.jpg
 
掃除してたら古い焼印も出てきたので全部押してみることに

d0299605_23423231.jpg

ラベルを貼って焼印を押したら、箱にします↓
 
d0299605_23483006.jpg
忘れ物がないか確認したらしめます↓

d0299605_23485811.jpg
d0299605_23502651.jpg


下ナットを加工していきます↓
d0299605_23504763.jpg
きつく入れてしまうと後々乾燥により表板部分が割れてきてしまうので、両端部分は多少隙間をあけて接着します

d0299605_23510247.jpg

スクロールはこれからです↓
d0299605_23534369.jpg
この状態で放置しておくことで指板着面の狂いを出してしまいます。
いくら乾燥していた材でも、ブロック状の物から切り出だしてしばらくすると狂いが出ます。

d0299605_23535989.jpg


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-04-24 00:01 | 製作・修理
2017年 04月 20日

バイオリン製作


バイオリン製作↓
d0299605_23590996.jpg
明日には、箱閉じます。 


~~~~~~~~~~~~

フロッグ修理↓

d0299605_23591288.jpg

そういえば、苺はまだ全然芽が出てきません・・・・

村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-04-20 00:02 | 製作・修理
2017年 04月 18日

いろいろ


バイオリンは少しずつ進めています↓

d0299605_23492347.jpg
ライニングを接着中です。
今回は上下のブロック幅を変更してみました。
ストラドの内枠などの資料からの変更点です。
従来のものよりも上ブロックは少し広く、下ブロックは少し狭くしました。(当社比)

まあ、こんなんで音が変わるとも思えませんが一応ね。
というか、変わってもブロックのせいかどうかなんてわかりません。

~~~~~~~~~~~~

修理↓

d0299605_23493786.jpg
フロッグの割れ接着の土台作り。歯科用のコンパウンドですが結構固くなるし、石膏のように汚れないので使いやすいです。


~~~~~~~~~~~~



分数毛替え↓
d0299605_23492617.jpg
フランスの量産弓ですが、

d0299605_23492830.jpg
樹脂で固めてあるのが突っ込んでありました。 
軽く押し込んであるだけなので意外とフロッグが痛まないので良い方法なのかもしれないですね。
もちろん毛を引っ張っても抜けないです。


~~~~~~~~~~~~


弓のバランス調整

d0299605_23493079.jpg
をしようと思って分解したら、接着材でびっちりで取れない。
接着材つけるならもっと接着力の弱いのでつければいいのに。
ごはん粒くらいの接着力で事足りるんですが、なにか勘違いしてるんでしょうかね?
おこです。外すのが大変です。

スライドをシルバーで作り直します↓
d0299605_23493375.jpg
完成↓
d0299605_23493517.jpg




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com

[PR]

by murakawa-strings | 2017-04-18 00:09 | 製作・修理
2017年 04月 16日

Old Bow 入荷しました


Old Bow 入荷しました

Vn Bow , BAZIN Charles Nicolas , 189x ,RAFFIN鑑定書付
Vn Bow , POIRSON Justin ,189x , RAFFIN鑑定書付
Vn Bow , OUCHAED Bernard , 196X , RAFFIN鑑定書付

工房にて試奏できます。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-04-16 11:58 | 新商品 / 再入荷
2017年 04月 13日

バイオリン製作


バイオリン製作↓
d0299605_23593485.jpg

横板を曲げていきます。


コーナーブロックを整形するのに新しく買った鑿は意外と使いやすい↓
d0299605_23593826.jpg
日本の刃物のような切れ味はありませんが、外丸のRの具合と刃自体も結構ペラペラで軽いので意外といいです。

d0299605_23594130.jpg


あと、
まだ全部到着してませんが、old Bowも入荷してきてます。
磨いたり毛替えしたりで準備中です。 すべてラファンの鑑定書付きです。
今しばらくお待ちください。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com

[PR]

by murakawa-strings | 2017-04-13 00:07 | 製作・修理
2017年 04月 09日

毛替え


毛替え↓

d0299605_16264616.jpg
来日中の、Vaskoさんがコンサートの前に早速毛替えに。
明日はフジコ・ヘミングさんとコンサートらしいですが、直前に毛替えしても全然気にならないのかな・・・

メインで使用されているold Bow です。とてもコシの強い弓です。
参考までに重心位置や各部のバランスなどデータをとりました。

良い弓(使いやすい)の条件などを計算上で出した数値やら理論などもありますが、
所詮は自分が気にする部分、知っている部分の項目だけの話ですし、
ましては音楽である以上、音色などもかかわってくるので、簡単には理解できない物だと思います。
一流の演奏家の方に、使っていて気にいってる部分や不満な部分を聞くのは大変参考になります。
自分では考えもしなかった部分が問題になっていたりなど、色々発見があります。



こちらも毛替え↓
d0299605_17043560.jpg

コンサートのため来日中のポーランド・バルチック弦楽四重奏団の方の弓。
フロッグ部分が割れているのでお預かり修理に。




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com

[PR]

by murakawa-strings | 2017-04-09 22:18 | 製作・修理
2017年 04月 09日

いちご栽培を始めました


植物を育てるというのはとても良いことです。



命の大切さを学ぶということですね。



というわけで、





コンビニで買ってきました↓
d0299605_23493714.jpg
一週間ぐらいでできるのかと思ったら、6~12か月かかるらしい・・・

なめてました。


早速、種まき開始↓

d0299605_23494091.jpg

ところが・・・






蓋が合わねえ・・・





最高の苺に育てる思いで買ってきたエビアンのふたが合わねえ・・・・







結局、いろはすも買ってきました↓
d0299605_23494327.jpg



全然、エコじゃない。





種が結構余ったのですが捨てるのももったいないと思いましたが、植える物がない。





結局、工房にあったもので構造的に一番近い物↓

d0299605_23594015.jpg








中身を捨てるのも、もったいないので

とりあえず、消臭力の上にまいてみました↓

d0299605_00003683.jpg
芽でるのかな・・・


収穫が楽しみです。
いちごパーティーですね!!



~~~~~~~~~~~~

修理

指板交換↓
d0299605_00025998.jpg


KUNのゴムも交換↓

d0299605_00030295.jpg
劣化してきらたゴムのみ交換できます。
楽器が傷つかないように早めに交換した方が良いでしょう。


純正の交換用のゴム↓
d0299605_00030508.jpg
シリコンのチューブとか似たような質のチューブとか探して使ってみましたが、
結局は純正のゴムが一番でした。
そんなに頻繁に交換するものではないので少し高いですが純正品が良いと思います。


~~~~~~~~~~~~


バイオリン製作↓
d0299605_00031163.jpg
横板を製材していきます。


曲げていきます↓
d0299605_00030824.jpg
今回の材料は虎目が深く入ってる割に、曲げやすい質でした。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-04-09 00:16 | 製作・修理
2017年 04月 08日

チェロ エンドピン


チェロのエンドピン交換↓

d0299605_11433108.jpg
量産のチェロなどはこんな感じのエンドピンが付いている場合がありますが、音が良くないので交換するとよいでしょう。

外すと↓
d0299605_11470519.jpg
黒く染めてあるだけです。エンドピンシャフト自体の金属の質もあまりよくないです。


定番はこちらでしょうか↓
d0299605_11482901.jpg

そのまま差し替えるわけではありません。ペグのように削りこんでいきます↓

d0299605_11500567.jpg
元の太いソケットに合わせて、本体側をひたすら広げてぶち込むというやり方をする人もいますが、後々のことを考えると最悪な作業ですね。
鬼目ヤスリのような荒い物でゴリゴリ削って細くしていれる人もいます。削らないよりはマシですが、音のことを考えるとよろしくないでしょう。
ペグと同等の精度で楽器に装着されていることによりしっかりと振動が伝わります。


チェロの駒交換↓
d0299605_12304686.jpg


~~~~~~~~~~~~




弓の修理↓
d0299605_12004651.jpg
貝の部分がなくなってしまっています。
そのまま使っていても機能上は問題ありませんが、エッジの部分がすり減ってしまうとあとで新しく貝を入れたときに
上手く面がなく合わなくってしまうので早めに修理するほうが良いと思います。


新しい貝↓
d0299605_12010532.jpg
丸い貝を貼り付けるだけの簡単な作業だと思われがちですが、じつは結構手間のかかる作業です。



~~~~~~~~~~~~



すっかり忘れていた、お客さんに頼まれていたビオラのアジャスターを作ったり↓
d0299605_12294112.jpg
昔いた工房でよく作らされました。軽くて音もいいのですがルックスはカッコいいとは言えませんな。


楽器に付けるとこんな感じになります↓
d0299605_12301128.jpg
楽器の状態やセッティングによってどのアジャスターが合うかは変わるので、どれが一番いいとかという話はナンセンスだと思います。

村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-04-08 12:51 | 製作・修理