村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2017年 06月 27日

象牙のナット2


磨き終わった象牙のナット↓

d0299605_22255384.jpg
d0299605_22255691.jpg
使い込むと、いい感じに黄色く変色してきます。
やはり、牛骨よりも透明感があって綺麗ですね。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-06-27 22:30 | 製作・修理
2017年 06月 25日

象牙のナット


バスバー交換の続きから↓

d0299605_23501017.jpg
バスバーを整形します。

そして箱にします↓

d0299605_23502136.jpg
音出すのが楽しみですね。良い感じになってそうです。



象牙のナット↓

d0299605_23502406.jpg
硬い・・・


~~~~~~~~~~~~


弓のチップ割れの修理↓

d0299605_23503086.jpg
この状態のまま何度も毛替えに出されていましたが、ようやく修理することに。


村川ヴァイオリン工房
http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-06-25 23:56 | 製作・修理
2017年 06月 24日

バスバー交換 その3


こちらもバスバー交換↓

d0299605_23553615.jpg

そして、上下ナットを象牙に交換↓
d0299605_23553954.jpg
硬いので作業性が悪いです。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-06-24 23:58 | 製作・修理
2017年 06月 22日

バスバー交換 その2


こちらはお急ぎの修理でバスバー交換↓

d0299605_23560527.jpg
明日には箱しめます。






~~~~~~~~~~~~






自作バイオリンはバスバーを付け直す前に少しだけ厚み調整↓

d0299605_23560949.jpg


今ならこう削るって感じで修正しました。




~~~~~~~~~~~~




弓のスライド交換↓

d0299605_23561222.jpg


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-06-22 00:03 | 製作・修理
2017年 06月 19日

バスバー交換


早速、バスバー交換のためにオープン↓

d0299605_23495506.jpg
色々測定してから、バスバーを削り取ります。



せっかくなんで、2015年に製作したターティスモデルのビオラも、お客さんの協力により実験的に交換してみます↓

d0299605_23503478.jpg

二本とも、バスバーの取り付け位置の若干の変更と、ほんの少しだけ小さく(弱く)します。

中々自分で作った楽器のバスバーを交換する機会はないと思います。
(2本ともオールドフィニッシュだったので良かったです)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


チェロの駒の矯正修理↓
d0299605_23504021.jpg
せっかく矯正しても、気を付けて使わないとすぐに曲がってしまいます。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-06-19 00:03 | 製作・修理
2017年 06月 18日

チップ交換


バイオリンBowのバランス調整。

極端に軽いのでシルバーのチップに交換します↓

d0299605_23365893.jpg
先端の角度を合わせたらできる限り削っていきます↓

d0299605_23370272.jpg
象牙や牛骨に比べて硬いので結構めんどくさいです。


接着↓
d0299605_23370460.jpg

補強用のピンを先端と底面に打って仕上げます↓

d0299605_23370772.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


以前に交換した象革のグリップ↓

d0299605_23432078.jpg
お客さんがだいぶ使い込んだので、親指が当るところはゴムのようにツルツルになっていますが、摩耗は全くしていません。
象革は非常に耐久性が高いのでグリップの素材としては適しているようです。
在庫があまりないので、お得意さんにしか勧めていませんが・・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらは毛替え↓

d0299605_23432776.jpg
お洒落フロッグですね。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ドイツ製のチェロ用テールピースが入荷しました↓

d0299605_23432302.jpg

とても軽量に仕上げてあります。
樹脂製のテールピースを使っている方は交換してみてはどうでしょうか?
エボニー、ローズ、ボックスウッドとラインナップがあります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


バイオリン製作の進行具合は、
横板とライニングを製材したとこでストップしています↓
d0299605_23530393.jpg

d0299605_23534902.jpg
ちょっと、修理などが忙しいのでストップしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


里帰り調整のバイオリン↓

d0299605_23561328.jpg
4年前に製作したガルネリモデルです。
少し前からバスバーについて色々と思う所があり、
お客さんの協力を経て交換してみることにしました。
製作している時点では最高だと思う理論で製作していますが、少しでも良くするために日々研究していると当時とは違う考えに至る部分もあります。
それだけ日々、進化しているということでもありますが。(前向きですね)
バスバーというとブラックボックス的な部分もありますが、自分の製作した楽器だとバスバーによる違いがとても分かりやすいです。

話変わりますが、自分で製作した中で一番赤い楽器だと思います↓
d0299605_23554353.jpg
最新作と比べると赤さが引き立ちます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お客さんにお土産もらいました↓

d0299605_00063274.jpg
日本酒飲み比べセット。
最近よくお酒を飲むので、うれしいおみやげ。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-06-18 00:08 | 製作・修理
2017年 06月 12日

演奏会のお知らせ


d0299605_23250066.jpg
d0299605_23250682.jpg


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-06-12 23:26 | コンサート情報
2017年 06月 12日

バイオリン製作


次のバイオリンも少し進んでます。


裏板のパフリング曲げ↓

d0299605_23433841.jpg

隆起削り出し中↓

d0299605_23434184.jpg
修理で預かっていたオールドイタリアンの隆起を見ていたら気になる部分があったので、
センターバウツ部分の形状を少し変更してみました。
よくある新作イタリアンの単調な隆起と違い、オールドイタリアンの大胆な隆起はとても複雑です。
難しいですね。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ビオラの修理↓

d0299605_23434593.jpg
エンドピンの位置が悪いので修正します。
結構重要な部分です。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com

[PR]

by murakawa-strings | 2017-06-12 00:00
2017年 06月 11日

お久しぶりです。



修理がたてこんでいて、ブログ更新がストップしていました。
とりあえず一段落しましたので、また通常通り受け付けます。



さて、

少し前から僕のお気に入りになっているペグソープの紹介です↓

d0299605_23361083.jpg
個人では中々使いきれる量ではないですが、バイオリンの先生などは一つもっていてもいいかもしれないですね。
他のメーカーの物でもそうですが、つけすぎると止まらなくなります。
そして、ペグが正確に調整されてあることが前提です。
僕はさらに別の物を混ぜて使っています。

弊店で弦を購入していただいてるお客さんのペグは、弦の張替の際に無料で可能な限り調整して差し上げています。
弦の巻き方ひとつで、ペグの止まりやすさや、音も変わってきます。

弦を持ちこみの場合は基本的に巻き替えているだけです。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新しい馬毛↓

d0299605_23481477.jpg
仕入れるたびに結んでる紐が増えてるような・・・
紐の重さもカウントされてるんですかね?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


海水で樹脂抜きしてたバスバー材↓

d0299605_23515188.jpg

ほとんど水分は抜けたと思います。

というか、

湿度によって、材の重さが思っていたよりも変わることに気付いた・・・
水につけて、確かに樹脂は抜けていくが、材の重さの変化自体は湿度の影響なだけな気が・・・

まあ、でも、抜いた材の方がいいような気がするんですが。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ビオラのセットアップ↓

d0299605_23580764.jpg
d0299605_23581034.jpg
セットアップが済んだら販売予定のビオラです。
ドイツ、1985年製、403mmです。
完成したらビオラをを探しの方は試奏してください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


こちらはお客さんご注文の少し小さめのビオラ↓

d0299605_00022359.jpg

納品前に細かい部分の調整をしていきます↓

d0299605_00025076.jpg
たとえば、テールピースの枕部分の高さや形を調整。
もちろん、他の部分も色々調整します。







村川ヴァイオリン工房
http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-06-11 00:06 | 製作・修理
2017年 06月 04日

バイオリン完成しました!


完成したヴァイオリンの写真を更新しました↓
d0299605_23292288.jpg


d0299605_15054335.jpg
d0299605_15061488.jpg
d0299605_15064501.jpg

ライトを変えると雰囲気も変わります↓
d0299605_15120718.jpg
d0299605_15094955.jpg
d0299605_15091926.jpg
バイオリンが完成しました。
とても良い感じに鳴っています!
試奏できるので、是非弾いてみてください!


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-06-04 23:43 | 製作・修理