村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2017年 07月 30日

VC用ウルフキラー 再入荷しました!!


VC用ウルフキラー 再入荷しました!!


d0299605_23455498.jpg














少量の入荷ですので、欲しい方はお早目にどうぞ。
※なお、こちらの商品は取り置きはしておりません。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


前回の入荷後、速攻完売になった高品質ドイツ製テールピース再入荷しました↓

d0299605_23460699.jpg

写真はローズ材です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

バイオリン製作の進行状況↓

d0299605_23455132.jpg

バスバー接着した所です。

予定通り予定より遅れていますが、順調に進んでます。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




修理↓

d0299605_23460896.jpg

毛替えなどなど・・・







村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com

[PR]

by murakawa-strings | 2017-07-30 00:01 | 新商品 / 再入荷
2017年 07月 27日

色々


スライド交換↓

d0299605_15211890.jpg
スライドが溝と合っていないため、浮出てきてしまうので交換します。

d0299605_15214219.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



チェロのテールピース交換↓

d0299605_15221888.jpg

樹脂タイプから黒檀に変更。 音質も良くなりました。  
フレンチモデルもあります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お客さんに頂きました↓

d0299605_15222116.jpg
仕事終わりにちびちび飲もうと思います。ありがとうございます。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-07-27 15:28 | 製作・修理
2017年 07月 26日

バイオリン板厚調整


バイオリン製作進んでます↓
d0299605_23475897.jpg
板厚の最終的な調整です。
表板と裏板のタップの関係が上手くとれていないと鳴りません。
厚かろうが薄かろうが、表裏の関係性が大事だと思います。

裏板はもう少しだけタップを下げるとよさそうです。
M5、M2ともに予定通りの周波数に落ち着きそうです。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-07-26 00:04 | 製作・修理
2017年 07月 23日

バイオリン製作


バイオリン製作進んでます。

d0299605_23544854.jpg
板を削っていく小さな鉋↓

d0299605_23543359.jpg

表板も裏板も厚み出しの作業に入っています 
d0299605_23544497.jpg
d0299605_23545319.jpg
d0299605_23545517.jpg
前作は、表も裏も結構重たい材でしたが、今回は結構軽く仕上がりそうな材ですね。
重たいからといって音が悪いってこともはないんですがね。
まあ、材料の質に合わせて削れていれば特に問題ないということでしょう。

今回の材料は結構古いので製作中に出る狂いが少ないです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

修理↓

d0299605_00040808.jpg
ペグブッシング。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-07-23 00:05 | 製作・修理
2017年 07月 18日

バイオリン製作


中断していたバイオリン製作を再開しました↓

d0299605_23453917.jpg
少しおとなしめな裏板ですが、古い材料なので完成するのが楽しみです。
裏板のアーチが終わったところです。 良いアーチに仕上がったと思います。
写真ではお見せできないのが残念です。

七月中に白木で仕上げたいのですが、あくまで目標です。





村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-07-18 23:52 | 製作・修理
2017年 07月 16日

Vc用ウルフキラー入荷しました!


チェロ用のウルフキラー入荷しました↓

d0299605_14270214.jpg
すごい効きます。


こんな感じです↓







バイオリン用、ビオラ用、チェロ用と別れていますが、
トーンコントロールが目的ならば、ビオラにはバイオリン用でもいいんじゃないかなとは思いました。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


バイオリン用の高品質ドイツ製テールピース入荷しました↓

d0299605_14270727.jpg
アジャスター埋め込みタイプです。2つ必要ない場合はアジャスターは外せます。

スチールのA線を使う場合、A線にもアジャスターを付けることが多いですが、重さの問題も多少あったのでこのテールピースはよいと思います。
ナイロンのA線を張っている人には特に必要はないと思います。

最近、スチールのA線がマイブームです。
ちなみに、「耳をすませば」の聖司君は、 A線フレクソコア(スチール)、D,G線オリーブ (E線は忘れました・・。)という結構なマニアック。
聖司君にヤーガーもいいよと勧めたい。




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-07-16 14:51 | 新商品 / 再入荷
2017年 07月 14日

臨時休業のお知らせ


7月16日(日曜日)は臨時休業します。

ご迷惑おかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-07-14 22:36 | お知らせ
2017年 07月 14日

ウルフキラー


新商品のウルフキラーです↓

d0299605_17343225.jpg

自分が今まで使ったタイプの中では一番効果が分かりやすいウルフキラーでした。 ウルフに悩まされている方にはかなりおすすめです。




中身はこんな感じです↓
d0299605_17374692.jpg

磁石で表板の裏面につりさげます↓

d0299605_17394361.jpg
このウルフキラーの良いところは、付ける場所を移動することによって効果をかえられる点です。
ちなみにパフリングの辺まで移動させると着けていない状態に近くなります。
ウルフも我慢できつつ、他の音の響きをなるべく止めないポイントがあります。
弾く曲や、季節によっても、ベストに感じる部分は変わると思います。
弦に着けるタイプより調整の幅が大きいし、効きもいいので、
強めのウルフが出てる楽器にはおすすめです。
軽めのウルフなら従来のタイプで十分だと思います。

写真はビオラ用ですが、チェロ用は来週には入荷してくる予定です。
数があまりないので希望の方はお早目にどうぞ。


※わかりやすく上につけるとこんな感じです↓
d0299605_17395337.jpg
弾きながらリアルタイムに効果を体感できるので、面白いです。
一応、楽器に触れる面には保護用のフェルトが装着されています。

同じような発想の物はありましたが、従来の物は膠で貼り付けるタイプだったので一度取り付けらた、表板をオープンしない限り外せませんでした。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


チェロ用の高品質ドイツ製テールピース入荷しました↓

d0299605_21072243.jpg
ツゲ↑


黒檀↓
d0299605_18354713.jpg

ローズ↓
d0299605_21333480.jpg
弦を引っ掛ける所は樹脂製なので広がり防止にワッシャーをかませた方がよさそうです。

d0299605_21385021.jpg
特にヤーガーなどボールエンドの小さい弦は要注意です。

一応、アコースティック用の物よりカーブがきついので兼用しないほうが良いと思います↓
d0299605_21085331.jpg

他のメーカーのテールピースも樹脂製の物だとやはり変形してくるので取り付けたほうが良いと思います。

弊店をいつもご利用していただいてるお客様にはワッシャーは無料で差し上げていますので、
なくした方や欲しい方はお気軽にお申し付けください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

修理

板の厚み調整していたバイオリンはバスバーの接着へ↓
d0299605_21105331.jpg
d0299605_21112215.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


新しい馬毛も入荷しました↓

d0299605_21082382.jpg
軽種(モンゴル産)のグレードも無漂白の物に順次切り替えていきます。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-07-14 21:53
2017年 07月 11日

バスバー調整


一昨日は仕事を休んで、社会科見学に行ってきました。
知り合いのオーケストラのお手伝いをしてきましたが、色々大変だな~と思いました。
d0299605_23595109.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



こちらは2013年に製作したビオラ↓

d0299605_23433321.jpg
お客さんの許可をいただいて、 ほんの少しだけバスバーを削り、板厚も部分的に少しだけ落としました。
結果的にはさらに鳴るようになりました。
やはり、自作の楽器だとバスバーの削りに対する変化が他の楽器より把握しやすいように感じます。

バスバーは奥が深い底なし沼ですが、最近色々バスバーの実験をしてると新たな発見もあります。
魂柱のように手軽に調整できないので色々難しいですが、その分効果も大きいです。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-07-11 00:01 | 製作・修理
2017年 07月 07日

臨時休業のお知らせ


7月9日(日曜日)は臨時休業します。

ご迷惑おかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-07-07 23:52 | お知らせ