村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ

タグ:チェロ ( 18 ) タグの人気記事


2017年 11月 15日

チェロ 角指板


チェロのネック修理

ネックを接着して指板を接着します。
d0299605_22060092.jpg

新しいチェロの指板↓
d0299605_22060562.jpg
チェロの指板は角指板と丸指板がありますが、弊店では角指板を使っています。

最近の新作のチェロでは丸指板が付いている物が多いですが、角指板を上手く削ることができないから丸指板を選択しているだけのような気もします・・・

指板交換の時に楽器屋さんで丸指板にした方がいいとか勧められたりもすると思います。
弦が進化したので丸指板は必要ないとか~とか言われたりするんでしょうね。
実際、現代では丸指板でも角指板でもどちらを使っても問題ないでしょう。
交換する職人側が、角指板は削るのがめんどくさいとか、そもそもちゃんとした角指板が作れないとかそんな理由だと思います。
どちらでも問題ないとはいっても、尊敬する師匠や演奏家のチェロに角指板が付いてるのを見ると真似したくなるのが人情というものです。
結論から言うと、自分も角指板の方が好きというだけの話です。

少しだけ真面目な話をすると、角指板はC線側が平らになってるのでCの弦高がどうとかそういう話になりがちですが、
個人的にはRの関係で角指板の方がA線側のハイポジションが弾きやすいというか、落ちにくかったり、親指が指板に乗った時に安定する感じがします。
もちろん上手く設計されている角指板での話ですが。

というわけで、「うちはチェロは角指板しか削らねーぞ!!」という頑固爺さんになるつもりですが、
もちろん、ご希望なら丸指板にも削ります。


削っていきます↓
d0299605_22060941.jpg
丸指板の方が削るのはだいぶ楽です。 角指板だと平面が合わさるためチェックする項目が増えるので面倒も増えるということです。

磨いていきます↓
d0299605_22061281.jpg

ニスが厚盛りすぎて、リタッチに時間が掛かってしまい予定より遅れています・・・
すでに納期を延ばしてもらったんですが、延ばした納期に間に合うのかな・・・


~~~~~~~~~~~


久しぶりの封蝋↓

d0299605_22061613.jpg
色々試した結果、スプーンで溶かすのが一番上手くできました。
小さじ一杯でちょうど一回分です。

ロウソクタイプでは一滴ずつ垂らすので、最初と最後で温度差ができてしまいましたが、スプーンだといっきに溶かせるので早いし綺麗です。
ちなみに、分厚く押したいならロウソクタイプの方がやりやすかったです。

d0299605_22062090.jpg
一発勝負ですが、コツをつかみましたね↓
d0299605_22062522.jpg


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-11-15 23:10 | 製作・修理
2017年 08月 30日

ウルフキラー 再入荷しました


品切れ中だったウルフキラーが再入荷しました!!


d0299605_13252097.jpg


参考動画↓







~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


修理

d0299605_13252495.jpg

革巻き交換、毛替えなど。 革巻きはお洒落な深緑色


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらも毛替え↓

d0299605_13252958.jpg

スライド部分の貝がすぐに溶けてしまうということだったので、
いくつか方法を試していたのですが、前回試した方法は良かったみたいです。
貝の部分にほぼ変化なし。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com


[PR]

by murakawa-strings | 2017-08-30 13:36 | 新商品 / 再入荷
2017年 07月 30日

VC用ウルフキラー 再入荷しました!!


VC用ウルフキラー 再入荷しました!!


d0299605_23455498.jpg














少量の入荷ですので、欲しい方はお早目にどうぞ。
※なお、こちらの商品は取り置きはしておりません。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


前回の入荷後、速攻完売になった高品質ドイツ製テールピース再入荷しました↓

d0299605_23460699.jpg

写真はローズ材です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

バイオリン製作の進行状況↓

d0299605_23455132.jpg

バスバー接着した所です。

予定通り予定より遅れていますが、順調に進んでます。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




修理↓

d0299605_23460896.jpg

毛替えなどなど・・・







村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com

[PR]

by murakawa-strings | 2017-07-30 00:01 | 新商品 / 再入荷
2017年 07月 27日

色々


スライド交換↓

d0299605_15211890.jpg
スライドが溝と合っていないため、浮出てきてしまうので交換します。

d0299605_15214219.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



チェロのテールピース交換↓

d0299605_15221888.jpg

樹脂タイプから黒檀に変更。 音質も良くなりました。  
フレンチモデルもあります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お客さんに頂きました↓

d0299605_15222116.jpg
仕事終わりにちびちび飲もうと思います。ありがとうございます。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-07-27 15:28 | 製作・修理
2017年 07月 16日

Vc用ウルフキラー入荷しました!


チェロ用のウルフキラー入荷しました↓

d0299605_14270214.jpg
すごい効きます。


こんな感じです↓







バイオリン用、ビオラ用、チェロ用と別れていますが、
トーンコントロールが目的ならば、ビオラにはバイオリン用でもいいんじゃないかなとは思いました。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


バイオリン用の高品質ドイツ製テールピース入荷しました↓

d0299605_14270727.jpg
アジャスター埋め込みタイプです。2つ必要ない場合はアジャスターは外せます。

スチールのA線を使う場合、A線にもアジャスターを付けることが多いですが、重さの問題も多少あったのでこのテールピースはよいと思います。
ナイロンのA線を張っている人には特に必要はないと思います。

最近、スチールのA線がマイブームです。
ちなみに、「耳をすませば」の聖司君は、 A線フレクソコア(スチール)、D,G線オリーブ (E線は忘れました・・。)という結構なマニアック。
聖司君にヤーガーもいいよと勧めたい。




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-07-16 14:51 | 新商品 / 再入荷
2017年 04月 08日

チェロ エンドピン


チェロのエンドピン交換↓

d0299605_11433108.jpg
量産のチェロなどはこんな感じのエンドピンが付いている場合がありますが、音が良くないので交換するとよいでしょう。

外すと↓
d0299605_11470519.jpg
黒く染めてあるだけです。エンドピンシャフト自体の金属の質もあまりよくないです。


定番はこちらでしょうか↓
d0299605_11482901.jpg

そのまま差し替えるわけではありません。ペグのように削りこんでいきます↓

d0299605_11500567.jpg
元の太いソケットに合わせて、本体側をひたすら広げてぶち込むというやり方をする人もいますが、後々のことを考えると最悪な作業ですね。
鬼目ヤスリのような荒い物でゴリゴリ削って細くしていれる人もいます。削らないよりはマシですが、音のことを考えるとよろしくないでしょう。
ペグと同等の精度で楽器に装着されていることによりしっかりと振動が伝わります。


チェロの駒交換↓
d0299605_12304686.jpg


~~~~~~~~~~~~




弓の修理↓
d0299605_12004651.jpg
貝の部分がなくなってしまっています。
そのまま使っていても機能上は問題ありませんが、エッジの部分がすり減ってしまうとあとで新しく貝を入れたときに
上手く面がなく合わなくってしまうので早めに修理するほうが良いと思います。


新しい貝↓
d0299605_12010532.jpg
丸い貝を貼り付けるだけの簡単な作業だと思われがちですが、じつは結構手間のかかる作業です。



~~~~~~~~~~~~



すっかり忘れていた、お客さんに頼まれていたビオラのアジャスターを作ったり↓
d0299605_12294112.jpg
昔いた工房でよく作らされました。軽くて音もいいのですがルックスはカッコいいとは言えませんな。


楽器に付けるとこんな感じになります↓
d0299605_12301128.jpg
楽器の状態やセッティングによってどのアジャスターが合うかは変わるので、どれが一番いいとかという話はナンセンスだと思います。

村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-04-08 12:51 | 製作・修理
2017年 02月 24日

チェロ ペグ入荷


チェロのペグ入荷しました↓


d0299605_20463409.jpg
白リング部分はツゲです。

d0299605_20464836.jpg



修理↓

d0299605_20475946.jpg


削り出しのバスバーなので交換します。


削り出しのバスバーの場合、大体その周辺部は無駄に厚いので整えていきます。

d0299605_20483536.jpg



割れの接着準備↓

d0299605_20485049.jpg





染料を作ります↓

d0299605_20524923.jpg
d0299605_20530777.jpg

[PR]

by murakawa-strings | 2017-02-24 20:56 | 新商品 / 再入荷
2017年 02月 05日

チェロ テールピース


チェロのテールピースのお話です。

だいぶ前から色々なお客さんから言われていたのですが、すっかり忘れていました。


チェロではなんだかんだで使用率ナンバーワンであろうテールピース「アコースティック」↓
d0299605_18223239.jpg
 
10年位前までは弦を引っ掛ける部分(アジャスターL字部品)が金属製でいたが、樹脂製に変わってしまいました。↓
d0299605_18255839.jpg
上、新型。 下、旧型。

何が問題かというと、ボールエンド部分の小さい弦(ヤーガーやラーセン)などを使うと、弦を引っ掛けるみぞが広がってしまい最終的には割れてしまいます。

d0299605_18291374.jpg
昔から気になる人はここにワッシャーをはさんで使っていたようですが、
やるなら自分でやってくれ、という感じでした。

先日、立て続けに同じ案件がきたので、そろそろやらねばと。

とはいっても湾曲したワッシャーをはさむだけです↓
d0299605_18370681.jpg
器用なお父さんがいる方は、お父さんにでも作ってもらいましょう。


一応、すでに曲がってしまっているテールピースは新しいのに交換してからの方が良いと思います。

取り付けるとこんな感じです↓
d0299605_18372314.jpg
d0299605_18372765.jpg
スピロコアなどのボールエンドの大きな弦は正しくセットしてあればつける必要はないと思います。



弊店をご利用していただいているお客さんには無料で差し上げています。
また、初めてのお客様さんでも弦を購入した方には無料で差し上げます。
欲しい方は工房に来た時に言ってください。

d0299605_18432855.jpg
~~~~~~~~~~~~

1/2サイズのヴァイオリン入荷しました↓
d0299605_18450998.jpg

~~~~~~~~~~~~

バイオリン製作↓
d0299605_18451310.jpg
パフリングの製材。 

修理が忙しく停滞していた製作ですが、週明けからは進められそうです。


~~~~~~~~~~~~

オリジナルマツヤニver.2は、
早速、演奏家の方に使ってもらってリサーチ中です。
先日らららクラシックでブラームスを演奏していた弓新さんや、Vasko Vassilev氏にも渡して感想待ちです。
オケとソリストでは松脂の好みも多少違うと思うので、そのあたりも参考にできればと思っています。

それにしても、松脂を入れる袋か缶を探さないといけませんな・・・
d0299605_19042923.jpg

村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-02-05 19:11 | 新商品 / 再入荷
2016年 09月 02日

弓のバランス調整

チェロ弓のバランス調整↓
d0299605_23381002.jpg
スライド部分をシルバーで作ることにしました↓
d0299605_23381600.jpg
全部シルバーだとさすがに重いので、土台は黒檀です。

サイズを合わせて削ります↓
d0299605_23381856.jpg
はめるとこんな感じに↓
d0299605_23382192.jpg
メタリックで意外とカッコいい。

~~~~~~~~~~~

こちらは定期健診↓
d0299605_23382433.jpg
駒調整やニスリタッチ。

~~~~~~~~~~~

こちらはハガレなど↓
d0299605_23382747.jpg
~~~~~~~~~~~

ビオラ製作↓
d0299605_23444972.jpg
ようやくネック接着!!
もうすぐ完成しますので、大きなビオラをお探しの方は是非試奏してみてください!



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2016-09-02 23:49 | 製作・修理
2015年 05月 24日

Domenico Montagnana  & 弓の修理

2009年に製作したD. Montagnana モデルのチェロが里帰り調整↓





d0299605_17273835.jpg
d0299605_17292619.jpg
d0299605_17292019.jpg
良い感じに使いこまれてます↓
d0299605_17293085.jpg

点検と軽くニスのリタッチ。



~~~~~~~~~~~

弓の修理↓
d0299605_17322908.jpg
最近のは殆どイミテーションです。古い弓だとそんなに高価な弓でなくても本物が巻いてあることもあります。
一応、貴重品なので綺麗に外して、保管しておきます。
バランスが悪いのでシルバーに巻き替え↓
d0299605_17323417.jpg
こちらは別の弓ですが、汚くなっているので同じく巻き替え修理↓
d0299605_17323927.jpg
バランスを見ながら、太さや巻く量を調整します。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2015-05-24 17:41 | 製作・修理