村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ

タグ:バイオリン ( 261 ) タグの人気記事


2018年 01月 14日

弓 チップ交換


弓のバランス調整↓

d0299605_23485869.jpg

シルバーチップが付いていますが、重すぎるので象牙のチップに交換します。 
フロッグも少し重いので最終的には巻き線も交換するかもしれません。 
とりあえず、チップを交換してから考えましょう。



シルバーチップを外します↓

d0299605_23490164.jpg

通常、シルバーチップは数本のシルバーのピンが打ちこんであります。

先端の部分にも一本入れてあるものが多いですが、これは先端は無しでした。

ピンも抜きます↓

d0299605_23490486.jpg

結構深く入っていたので穴は埋めなおします。



~~~~~~~~~~~

ネックリセットの楽器は指板接着↓

d0299605_23485538.jpg



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2018-01-14 23:58 | 製作・修理
2018年 01月 10日

たまごっち


久しぶりに、たまごっちに電池を入れてみました↓

d0299605_23291292.jpg
自分の世話もできないのに、たまごっちの世話までできるわけないはわかっています。

そういえば、まだおもちゃ屋さんにはたまごっちステーション?は置いてあるのですかね?


もちろん、仕事もしてます。


写真を撮り忘れましたが、バイオリン製作は表板の厚み出しは終わりました。
いい感じに軽く仕上がりました。
まあ、軽いからって良い音が出るわけでもないんですがね。 重くても良い音のする楽器もあります。




修理↓

d0299605_23290880.jpg
毛替え。




上ナット交換↓

d0299605_23291455.jpg



年末からずっと放置していたネックリセットもそろそろやらないとお客さんに怒られるで、進めます↓

d0299605_23291799.jpg


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2018-01-10 23:45 | 製作・修理
2017年 11月 22日

バイオリンセットアップ完了!!


せっかくなので、象牙のナットに交換します↓

d0299605_13111581.jpg
上の汚い部分は象牙の外側の部分です。

接着して加工していきます↓

d0299605_13113859.jpg
象牙のナットの方が音が良いとか都市伝説的な話も聞いたことはありますが、ほとんど関係ないと思います。
材質が変わるので、もちろん音も変化するとは思いますが体感できるレベルではないと思います。
ブラインドテストをしたらわからないでしょうね。
好みの問題でしょう。


ということで、セットアップ完了!!

d0299605_13122507.jpg
d0299605_13122943.jpg

試奏できます。



何の弦張るか迷うけど、久しぶりにラーセンでも↓

d0299605_14121273.jpg


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-11-22 15:52 | 新商品 / 再入荷
2017年 11月 22日

ポシェットバイオリン


掃除してたら、15年位前に製作したポシェットバイオリンの写真が出てきました。
ガラケーで撮影したのでかなり画像が悪いです。

d0299605_15483778.jpg
d0299605_15484121.jpg
d0299605_15484568.jpg
d0299605_15484852.jpg
三台くらい製作した気がしますが、あんまり記憶にないです。
久しぶりに作りたいな。

村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-11-22 15:51 | 製作・修理
2017年 11月 21日

バイオリン


指板接着↓

d0299605_00091304.jpg
週末には音出せそうです。

村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-11-21 00:10 | 製作・修理
2017年 11月 20日

製作証明書


ニス磨き直しのバイオリンは乾燥中に製作証明書準備↓

d0299605_23501240.jpg

~~~~~~~~~~~

チェロの駒交換↓

d0299605_23501689.jpg


~~~~~~~~~~~

お客さんにプリン頂きました↓

d0299605_23502141.jpg
ので、久しぶりにウイスキー買ってみました↓

d0299605_23502642.jpg



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-11-20 00:08 | 製作・修理
2017年 11月 18日

バイオリン 入荷しました。


2016年に製作したバイオリンが下取りで入荷しました↓

d0299605_16444395.jpg
d0299605_16444717.jpg
d0299605_16445088.jpg
大変綺麗な一枚板の裏板です。

クリーニングとニスの艶出し後、調整して販売予定です。
試奏できるのは、今月末位になりそうです。

せっかくなので象牙の上ナットでも付けようかと思ってます。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-11-18 16:51 | 新商品 / 再入荷
2017年 11月 11日

バイオリン完成



バイオリン完成しました!


d0299605_17230015.jpg
d0299605_17231252.jpg
d0299605_17231912.jpg


久しぶりのアルコールニス仕上げです。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-11-11 17:34 | 製作・修理
2017年 11月 10日

色々


色々と忙しかったので更新してませんでした。


先日、展示会に行ったら宮本金八のチェロが展示してありました↓
d0299605_23275629.jpg


見覚えある楽器だなと思っていたら、僕が22~23才ごろに修理で立てた駒が付いてました。↓

d0299605_23280100.jpg
懐かしい。

今だったらもう少し駒を厚く仕上げると思います。




~~~~~~~~~~~



弓のバランス調整

d0299605_23395833.jpg
軽すぎるので銀線に変更します。

d0299605_23400287.jpg
毛を張ってみたら、もう少し手元が重くてもいいかなという感じでしたが、元よりはだいぶいい感じに。
ある程度計算で出しますが、一度巻いてみないと細かい部分まではわかりません。


~~~~~~~~~~~~~




毛替え↓

d0299605_23400588.jpg
とても良い材料のビオラの弓でした。 綺麗ですね。




~~~~~~~~~~~

バイオリン製作↓

d0299605_23400971.jpg

ニスを乾かしていたバイオリンをそろそろセットアップします。
予定よりもニスの乾燥に時間がかかってしまい遅れ気味ですが、来週末には完成しそうです。
この段階でのニスの乾燥はあくまで触れる程度という意味で、本当の意味でニスが乾燥するにはアルコールニスでも年単位の時間が必要です。

上ナットが幅広に見えるのは、お客さんの希望でフルサイズですが2mmだけネックを短くしてあるからです。





村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-11-10 00:00 | 製作・修理
2017年 10月 30日

色々



5弦ビオラのペグ交換↓

d0299605_23260079.jpg
ペグ穴の位置取りが悪く弦が当ってしまっているので埋め直します。 
ペグボックスの形で制限もありますが、元よりはマシになるでしょう。




毛替え↓

d0299605_23264762.jpg
以前、製作したシルバーのスライドです。貝のように傷むことがないのでいつまでも綺麗
シルバーのスライドだと重くなりすぎてしまう場合は、象牙のスライドもいいかもしれないですね。
一応磨くとそれなりに綺麗だし、貝よりは汗に強いでしょうし、重さもほとんど増えないと思います。




ネックリセット↓

d0299605_23261929.jpg

埋めなおした部分にけがいて、ネックを入れます。

d0299605_23262672.jpg


~~~~~~~~~~~~~


バイオリンの内部を照らすライト↓

d0299605_23352014.jpg
学生の頃はずっとこれを使っていました。すぐに豆電球が切れるし、そんなに明るくもないです。
豆電球が切れるのが早すぎて、まさか電球切れだとは思わなく壊れたのだと思い毎回買いなおしていました。
たぶん5個は買いなおしたと思います。 昔のはスイッチ部分がボタンではなくレバーでした。

点けるとこんな感じです↓
d0299605_23403203.jpg
昭和な感じですね。電池が新しいときはいいのですがすぐに薄暗い状態になります。






そして、


時代はLEDに↓
d0299605_23403630.jpg
以前の物と比べるとすごく明るく、何よりも電池も長持ちします。


点けるとこんな感じです↓
d0299605_23404030.jpg
しばらく、数年間これを使っていました。 



そして、さらなる新時代の幕開けです↓

d0299605_23460508.jpg
職人仲間に作り方教えてもらって製作しました。

基本的にはLEDですが、先端部分はフレキシブルになっていて、非常に薄くできていいるので分数楽器やF字孔が狭い楽器も傷つけにくいです。

点けるとこんな感じです↓
d0299605_23460957.jpg
 

すごい明るいです。(写真だと青く見えますが実際は白に近いです)
光ってる部分は10センチくらいです。

楽器の中に入れるとこんな感じです↓

d0299605_23461350.jpg
夜中のコンビにのような状態です。 チェロもどんとこいです。
うちはコンバスは基本やらないのですが、コンバス用にするなら、光部分を20センチ位にしたらよさそうです。

今まで見えなかった隙間まで見えるぜ・・・
   




村川ヴァイオリン工房
http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-10-30 23:56 | 製作・修理