村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ

タグ:修理 ( 182 ) タグの人気記事


2017年 11月 15日

チェロ 角指板


チェロのネック修理

ネックを接着して指板を接着します。
d0299605_22060092.jpg

新しいチェロの指板↓
d0299605_22060562.jpg
チェロの指板は角指板と丸指板がありますが、弊店では角指板を使っています。

最近の新作のチェロでは丸指板が付いている物が多いですが、角指板を上手く削ることができないから丸指板を選択しているだけのような気もします・・・

指板交換の時に楽器屋さんで丸指板にした方がいいとか勧められたりもすると思います。
弦が進化したので丸指板は必要ないとか~とか言われたりするんでしょうね。
実際、現代では丸指板でも角指板でもどちらを使っても問題ないでしょう。
交換する職人側が、角指板は削るのがめんどくさいとか、そもそもちゃんとした角指板が作れないとかそんな理由だと思います。
どちらでも問題ないとはいっても、尊敬する師匠や演奏家のチェロに角指板が付いてるのを見ると真似したくなるのが人情というものです。
結論から言うと、自分も角指板の方が好きというだけの話です。

少しだけ真面目な話をすると、角指板はC線側が平らになってるのでCの弦高がどうとかそういう話になりがちですが、
個人的にはRの関係で角指板の方がA線側のハイポジションが弾きやすいというか、落ちにくかったり、親指が指板に乗った時に安定する感じがします。
もちろん上手く設計されている角指板での話ですが。

というわけで、「うちはチェロは角指板しか削らねーぞ!!」という頑固爺さんになるつもりですが、
もちろん、ご希望なら丸指板にも削ります。


削っていきます↓
d0299605_22060941.jpg
丸指板の方が削るのはだいぶ楽です。 角指板だと平面が合わさるためチェックする項目が増えるので面倒も増えるということです。

磨いていきます↓
d0299605_22061281.jpg

ニスが厚盛りすぎて、リタッチに時間が掛かってしまい予定より遅れています・・・
すでに納期を延ばしてもらったんですが、延ばした納期に間に合うのかな・・・


~~~~~~~~~~~


久しぶりの封蝋↓

d0299605_22061613.jpg
色々試した結果、スプーンで溶かすのが一番上手くできました。
小さじ一杯でちょうど一回分です。

ロウソクタイプでは一滴ずつ垂らすので、最初と最後で温度差ができてしまいましたが、スプーンだといっきに溶かせるので早いし綺麗です。
ちなみに、分厚く押したいならロウソクタイプの方がやりやすかったです。

d0299605_22062090.jpg
一発勝負ですが、コツをつかみましたね↓
d0299605_22062522.jpg


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-11-15 23:10 | 製作・修理
2017年 11月 10日

色々


色々と忙しかったので更新してませんでした。


先日、展示会に行ったら宮本金八のチェロが展示してありました↓
d0299605_23275629.jpg


見覚えある楽器だなと思っていたら、僕が22~23才ごろに修理で立てた駒が付いてました。↓

d0299605_23280100.jpg
懐かしい。

今だったらもう少し駒を厚く仕上げると思います。




~~~~~~~~~~~



弓のバランス調整

d0299605_23395833.jpg
軽すぎるので銀線に変更します。

d0299605_23400287.jpg
毛を張ってみたら、もう少し手元が重くてもいいかなという感じでしたが、元よりはだいぶいい感じに。
ある程度計算で出しますが、一度巻いてみないと細かい部分まではわかりません。


~~~~~~~~~~~~~




毛替え↓

d0299605_23400588.jpg
とても良い材料のビオラの弓でした。 綺麗ですね。




~~~~~~~~~~~

バイオリン製作↓

d0299605_23400971.jpg

ニスを乾かしていたバイオリンをそろそろセットアップします。
予定よりもニスの乾燥に時間がかかってしまい遅れ気味ですが、来週末には完成しそうです。
この段階でのニスの乾燥はあくまで触れる程度という意味で、本当の意味でニスが乾燥するにはアルコールニスでも年単位の時間が必要です。

上ナットが幅広に見えるのは、お客さんの希望でフルサイズですが2mmだけネックを短くしてあるからです。





村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-11-10 00:00 | 製作・修理
2017年 11月 04日

ネック修理



ネックリセットしたバイオリン↓

d0299605_13555294.jpg
ニスのリタッチをしていきます

d0299605_13555661.jpg


~~~~~~~~~~~


こちらはチェロのネックリセット↓

d0299605_13555931.jpg
ネックがだいぶ下がっていて、テンションが低すぎるのでリセットします。

とりあえず現状確認してからネックを外します↓

d0299605_13560353.jpg
~~~~~~~~~~~

画材屋にラベンダーオイルを買いに行ったらどこも品切れでした。あんまり使う人いないから置くのやめたんですかね?

アマゾンに何個かあったのでとりあえず注文。
d0299605_13560687.jpg






村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-11-04 14:20 | 製作・修理
2017年 10月 30日

色々



5弦ビオラのペグ交換↓

d0299605_23260079.jpg
ペグ穴の位置取りが悪く弦が当ってしまっているので埋め直します。 
ペグボックスの形で制限もありますが、元よりはマシになるでしょう。




毛替え↓

d0299605_23264762.jpg
以前、製作したシルバーのスライドです。貝のように傷むことがないのでいつまでも綺麗
シルバーのスライドだと重くなりすぎてしまう場合は、象牙のスライドもいいかもしれないですね。
一応磨くとそれなりに綺麗だし、貝よりは汗に強いでしょうし、重さもほとんど増えないと思います。




ネックリセット↓

d0299605_23261929.jpg

埋めなおした部分にけがいて、ネックを入れます。

d0299605_23262672.jpg


~~~~~~~~~~~~~


バイオリンの内部を照らすライト↓

d0299605_23352014.jpg
学生の頃はずっとこれを使っていました。すぐに豆電球が切れるし、そんなに明るくもないです。
豆電球が切れるのが早すぎて、まさか電球切れだとは思わなく壊れたのだと思い毎回買いなおしていました。
たぶん5個は買いなおしたと思います。 昔のはスイッチ部分がボタンではなくレバーでした。

点けるとこんな感じです↓
d0299605_23403203.jpg
昭和な感じですね。電池が新しいときはいいのですがすぐに薄暗い状態になります。






そして、


時代はLEDに↓
d0299605_23403630.jpg
以前の物と比べるとすごく明るく、何よりも電池も長持ちします。


点けるとこんな感じです↓
d0299605_23404030.jpg
しばらく、数年間これを使っていました。 



そして、さらなる新時代の幕開けです↓

d0299605_23460508.jpg
職人仲間に作り方教えてもらって製作しました。

基本的にはLEDですが、先端部分はフレキシブルになっていて、非常に薄くできていいるので分数楽器やF字孔が狭い楽器も傷つけにくいです。

点けるとこんな感じです↓
d0299605_23460957.jpg
 

すごい明るいです。(写真だと青く見えますが実際は白に近いです)
光ってる部分は10センチくらいです。

楽器の中に入れるとこんな感じです↓

d0299605_23461350.jpg
夜中のコンビにのような状態です。 チェロもどんとこいです。
うちはコンバスは基本やらないのですが、コンバス用にするなら、光部分を20センチ位にしたらよさそうです。

今まで見えなかった隙間まで見えるぜ・・・
   




村川ヴァイオリン工房
http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-10-30 23:56 | 製作・修理
2017年 10月 26日

象牙


象牙↓
d0299605_16444765.jpg

先端部分です。

d0299605_16445048.jpg

切り出します↓

d0299605_16445476.jpg


こちらは特注のフロッグになる予定ですが、完成するのはたぶんかなり先になりそうな・・・

上下象牙ナットの交換作業はこれまではお得意様の楽器しか受付ていませんでしたが、
他にもある程度の量の象牙が手に入ったので一般のお客様の作業も受け付け致します。





~~~~~~~~~~~~~


革巻き交換↓

d0299605_16444431.jpg
お客さんの指定で緑色。


~~~~~~~~~~~



バイオリンの音調整↓

d0299605_16443329.jpg
ネック角度の修正。

ネックを外します↓
d0299605_16444011.jpg




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-10-26 17:04 | 製作・修理
2017年 10月 14日

バイオリン指板調整



バイオリンの指板調整のお客さん。

① 少し前に他の楽器店で指板を交換してもらった。
② 違う楽器店に行ったら指板がおかしいと指摘された。
③ 指板を変えてから楽器が重くなった気がする。
④ 弊店に持ってきた。←今ここ



どんな感じかというと↓

d0299605_23334901.jpg
まず、指板が厚すぎる。ヴィオラより厚い。



根元付近も厚すぎ↓
d0299605_23335585.jpg
底面の角度(指板接着面から飛び出た部分)をつけすぎているため、この部分は削り直しても多少暑さが残ってしまいそうです。



指板長すぎ↓
d0299605_23335852.jpg
通常270mmですが、1mmくらいならお客さんにはわからないだろうと思って削ってないんだと思います。

案の定、エンド部分は売ってる指板から未加工↓
d0299605_23340150.jpg

当然こういう部分を手抜きしてあるので、裏彫りもしてません。
指板が薄い場合は裏彫りしないということもありますが、こんだけ分厚い指板を付けるなら裏彫りしないとさらに重くなります。

そして、指板の反りも付けすぎ↓

d0299605_23341394.jpg
こんなに付けたら、このあたりの弦高が以上に高くなり弾きにくくなります。


そしてナットも溝が不均一かつ幅も狭い。 上面の弦の接地面も幅も大きすぎです↓
d0299605_23342851.jpg

現状で、弾けないわけではありませんが、弾きやすいとは言えない状況ですね。
本当は新しい指板で完璧に仕上げたいところですが、交換したばかりということなので削り直しで可能な限り対処します。
調整後はかなり弾きやすくなると思います。





村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com


[PR]

by murakawa-strings | 2017-10-14 00:11 | 製作・修理
2017年 10月 09日

ビオラ 駒交換


今日は久しぶりに自転車に乗りました。 
25kmしか走っていませんが、久しぶり過ぎて体調が悪くなりました。






巨大ビオラの駒交換作業。

52mm幅の駒から58mm幅の駒へ交換します。
市販の駒だと、52mmくらいまでしかないので板材から切り出します。


d0299605_23250770.jpg


駒材のメイプルは裏板に使うメイプルとは違います。



d0299605_23251002.jpg
d0299605_23251446.jpg


駒足を楽器の隆起に合わせたら仕上げに入ります。黒い駒は52mmなので、大きいのがわかると思います。



d0299605_23251713.jpg

足幅がいくら広くなろうとも、弦幅はそんなに変わらないので、なんだか不格好です。
バスバーとの関係性を考えるとこの幅が良いですが、幅が広くなるとどうしても駒自体の質量が増えてしまうのが気になりますが、
58mmの駒の方が楽器の鳴りは良い結果でした。




~~~~~~~~~~~~~



弓の修理↓


d0299605_23320229.jpg

銀線のまき直し



d0299605_23320644.jpg
d0299605_23321275.jpg

~~~~~~~~~~~~~



封蝋。

スプーンで溶かしてから垂らすタイプの方が紙に上手くなじむようなので試してみました。

d0299605_23321908.jpg

たしかに、ロウソクタイプだと一滴づつ垂らしていくので、最初と最後で温度差ができてしまいます。




一気に垂らせるので均一に、かつ薄く仕上がることが分かりました↓

d0299605_23322291.jpg

厚みを持たせるなら、ロウソクタイプの方がやりやすいと思います。





~~~~~~~~~~~~~






初めて使ったバイオリンのE線↓
d0299605_23321563.jpg



音はどうだかわかりませんが、錆びにくいらしいです。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-10-09 23:53 | 製作・修理
2017年 10月 04日

割れ修理


割れ修理は完了↓

d0299605_23270877.jpg
d0299605_23271495.jpg

 
ペグを交換しておわり。


~~~~~~~~~~~~~



バイオリン製作↓

もう少し濃いヤマブキ色になりました。もう少し塗ろうかなという感じです。


d0299605_23370075.jpg
 

d0299605_23324396.jpg
d0299605_23324699.jpg
~~~~~~~~~~~~~

バイオリン用のウルフキラー入荷しました↓

d0299605_23341816.jpg
ビオラもこの大きさでもいいような気がしますが、一応ビオラ用もあります。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com


[PR]

by murakawa-strings | 2017-10-04 23:38 | 製作・修理
2017年 09月 28日

色々


ようやく修理が少し落ち着いてきました。


更新が止まっていた間の色々な写真↓


ペグボックスの修理↓


d0299605_21191536.jpg
d0299605_21191050.jpg
d0299605_21191957.jpg

継ぎたされている修理材を外します。


d0299605_21153045.jpg




接着の固定用の治具をつくります


d0299605_21170076.jpg

d0299605_21161791.jpg



新しい補強材を接着します


d0299605_21184793.jpg




反対側も↓


d0299605_21290550.jpg





ペグ穴があっちこっちにバラバラに向いてるので穴埋めしつつ、
ペグボックスの形状や穴の位置や過去の修復後もあるのでA線はさらにスパイラルブッシングで補強。


d0299605_21224012.jpg






~~~~~~~~~~~


ネジの穴埋め↓


d0299605_21233749.jpg




~~~~~~~~~~~


ペグ交換↓


d0299605_21244972.jpg




~~~~~~~~~~~



バイオリンのオーバーホール↓

上ブロックハガレ

d0299605_21260536.jpg
d0299605_21262783.jpg




下ブロックは割れ+高さが足りてないなので交換↓


d0299605_21275679.jpg
d0299605_21281151.jpg



ネックも長さが足りないので継ぎ足し↓


d0299605_21305167.jpg
d0299605_21314275.jpg



だいぶ飛んで、指板接着↓


d0299605_21324960.jpg





~~~~~~~~~~~



こちらは指板の削り直し↓


d0299605_21341961.jpg


ネックを少し細目に修正↓


d0299605_21353277.jpg



~~~~~~~~~~~


バイオリン製作も進みました↓


d0299605_21370772.jpg
d0299605_21371199.jpg
d0299605_21361667.jpg



今回から目止めの方法を変えてみたら、よい感じに仕上がりました。 
杢は少しおとなしめですが、とても古い材料なので音を出すのが楽しみです。
オールドフィニッシュで仕上げるつもりでしたが、事情がかわり一時停止状態。

写真では分かりませんが、今回のスクロールの渦巻きの掘り込み具合が非常によい立体感に仕上がりました。
お気に入りのスクロールです。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com


[PR]

by murakawa-strings | 2017-09-28 22:01 | 製作・修理
2017年 09月 16日

あご当て カスタマイズ


指板けずり↓
d0299605_23401401.jpg
だいぶ溝になっているので削り直しです。

意外と、弾けないことはないけど完璧じゃない指板で弾いている方が多いです。(溝が付いてるとかではなく、根本的なRの形状とコーニッシュについて)
指板を完璧な状態にして、駒とナットの高さを調整するとものすごく弾きやすくなります。

チェロも最近は丸指板が多いけど、僕は昔ながらの角指板の方が弾きやすいし好きです。
完璧な角指板が削れないので、丸指板を進めてる職人も少なからず存在します。そういうのは新作の楽器に多いですね。
僕は、死ぬまで角指板推しで行きたいと思います。





こちらはあご当てを軽くしたいとの依頼↓
d0299605_23402068.jpg


とりあえず裏側を削りこんでいきます↓

d0299605_23402338.jpg
 
柘植は薬品で染めて色が付いているので削ると当然白くなります。

裏側だから見えませんが、一応染めます↓
d0299605_23402717.jpg



毛替え↓
d0299605_23411838.jpg
こんなに光輝くアイレットを見たのは初めてです。
「メッキかけたんか?」っていうくらい光り輝いていました。



ありがたいことに修理依頼がとても混雑しているので、少し時間に余裕を持って預けていただけると助かります。
大きな修理が終われば少し落ち着くと思います。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com

[PR]

by murakawa-strings | 2017-09-16 00:07 | 製作・修理