村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Bow ( 78 ) タグの人気記事


2017年 11月 10日

色々


色々と忙しかったので更新してませんでした。


先日、展示会に行ったら宮本金八のチェロが展示してありました↓
d0299605_23275629.jpg


見覚えある楽器だなと思っていたら、僕が22~23才ごろに修理で立てた駒が付いてました。↓

d0299605_23280100.jpg
懐かしい。

今だったらもう少し駒を厚く仕上げると思います。




~~~~~~~~~~~



弓のバランス調整

d0299605_23395833.jpg
軽すぎるので銀線に変更します。

d0299605_23400287.jpg
毛を張ってみたら、もう少し手元が重くてもいいかなという感じでしたが、元よりはだいぶいい感じに。
ある程度計算で出しますが、一度巻いてみないと細かい部分まではわかりません。


~~~~~~~~~~~~~




毛替え↓

d0299605_23400588.jpg
とても良い材料のビオラの弓でした。 綺麗ですね。




~~~~~~~~~~~

バイオリン製作↓

d0299605_23400971.jpg

ニスを乾かしていたバイオリンをそろそろセットアップします。
予定よりもニスの乾燥に時間がかかってしまい遅れ気味ですが、来週末には完成しそうです。
この段階でのニスの乾燥はあくまで触れる程度という意味で、本当の意味でニスが乾燥するにはアルコールニスでも年単位の時間が必要です。

上ナットが幅広に見えるのは、お客さんの希望でフルサイズですが2mmだけネックを短くしてあるからです。





村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-11-10 00:00 | 製作・修理
2017年 09月 10日

バスバー。


※昨日書いたバスバーの寸法間違えてましたので修正しました。

弓の修理↓

d0299605_23490966.jpg
チップの先端のかけ。

綺麗にかけていて、なおかつそんなに時間が経っていない物なら先端だけ足します↓
d0299605_23503136.jpg
チップの他の部分がそんなに傷んでいない場合は無理に交換する必要はないでしょう。


こちらはさすがに交換します↓
d0299605_23530631.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



ターティスモデルのバスバー位置について↓
d0299605_23531096.jpg
だいぶ前から放置状態のヴィオラのバスバー交換。

ターティスモデルは特殊な形をしているので、バスバーの取り付け位置に悩みます。
こちらのビオラは2015年に製作したやつですが、お客さんの協力でバスバー位置変更でどう変わるかやってみることにしました。

d0299605_23531750.jpg
上側、元の位置より約1.5ミリ外側に。

d0299605_23532057.jpg
下側、元の位置より2ミリ外側に。

丁度、1ミリ内側に↓
d0299605_23532303.jpg

どうなることでしょうか?
最近のバスバーの実験結果などを参考にすると、この位置の方が最適だと今は考えます。

話すと長くなるので今は書きませんが、モード5のノード位置とバスバーの位置とF字孔の目玉間の距離と駒足の位置関係の仕組みが・・・・

書くのめんどうです。





村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com

[PR]

by murakawa-strings | 2017-09-10 15:13 | 製作・修理
2017年 09月 07日

色々


今月に入ってから大きな修理が連続で入ってしまっているので、 
これから修理を持ってくる方は少し時間に余裕をもって預けていただけると助かります。


早速、バイオリンのオーバーホール↓

d0299605_15342803.jpg



別の楽器の修理の下準備↓

d0299605_15381347.jpg
この後二時間くらい鉋をかけていたら、左ひじが痛くなりました。
毎回、長時間鉋かけてると左ひじがいたくなるんですが、筋肉のバランスがわるいんですかね?
腕立てすると、左ひじだけぽきぽき音なるんですが、なんか関係あるんですかね?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


オリジナル松脂の進行具合はというと、
意外と評判も良く、中身のほうは決まりつつあるのですがケースがありませんでした。
他のマツヤニの布のケースとか持ってる人はそれに入れたり、 大雑把な人はそのまま小物入れにぶち込んだりと、人ぞれぞれです。

とりあえず、何にもいれるものがない方のために丸い箱は用意しました↓
d0299605_15422674.jpg
専用の箱ではないので少し大きいです・・・
今までのマツヤニは試作品だったので少し小さめでしたが、製品版はもう少し大きくなるとはいえ、箱ちょっとデカいです・・・
この箱を使いきったらまた何か考えます。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



毛替え↓

d0299605_15524440.jpg

 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




GOTZのアジャスターがマイナーチェンジしてました↓

d0299605_15532925.jpg
左 旧型 、 右 新型

メッキの色が少し白っぽくなりました。個人的には旧型の色の方が好きですが。

あと、
裏面の刻印が変わりました↓
d0299605_15534971.jpg
旧型


新型↓
d0299605_15580159.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


お客さんに頂きました↓

d0299605_15584309.jpg
柔らかいチョコバーだと思って何本か食べてから違うことに気付きました・・・



こちらもお客さんに頂きました↓

d0299605_15585699.jpg







村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-09-07 16:02 | 製作・修理
2017年 07月 27日

色々


スライド交換↓

d0299605_15211890.jpg
スライドが溝と合っていないため、浮出てきてしまうので交換します。

d0299605_15214219.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



チェロのテールピース交換↓

d0299605_15221888.jpg

樹脂タイプから黒檀に変更。 音質も良くなりました。  
フレンチモデルもあります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お客さんに頂きました↓

d0299605_15222116.jpg
仕事終わりにちびちび飲もうと思います。ありがとうございます。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-07-27 15:28 | 製作・修理
2017年 07月 05日

象革


弓の革巻き用の象革が少量ですが入荷しました↓

d0299605_23540153.jpg
非常に耐久性が高いです。そして、非常に滑りにくいです。 使い込むとまるでゴムのようになってきます。

d0299605_23540454.jpg
前回はしわのない部分を使っていたのですが、今回のこのしわ有の部分が上手く加工できるのか?やってみないとわかりませんが・・・
革製品としては、しわのある部分の方が象革らしい雰囲気があじわえてよいらしいのですが、革巻きなどの小さい部分には少し加工しにくいかもしれません。

とりあえず、試しに何かに巻いてみます。

少量しかないので、いつもご利用していただいてるお客様限定です。 

村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-07-05 00:10 | 製作・修理
2017年 05月 31日

デザイン巻き


弓のバランス調整↓

d0299605_00021706.jpg

お客さんも色指定でデザイン巻き↓

d0299605_00022060.jpg
赤×黒




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-05-31 00:05 | 製作・修理
2017年 05月 17日

弓修理など


バイオリン製作はニスの乾燥待ちが多くなってきたので、たまっていた修理を進めています。


チップ修理↓

d0299605_23530354.jpg

両サイドが割れているので、さすがに交換です。


割れているのは白い部分だけなので、黒い部分は残します↓


d0299605_23530903.jpg

新しいチップをある程度整形してから接着します↓


d0299605_23531449.jpg

穴を広げていきます↓

d0299605_23531847.jpg
この後、綺麗に整形して完成です。







~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





こちらは銀糸の巻き替えと毛替え↓


d0299605_00020707.jpg






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







こちらは毛替えついでに、スライド部分の貝が痛むのが早いお客さんの対策↓


d0299605_00020063.jpg


今回は表面に汗に強いクリアーでコーティングしてみました。







~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







こちらも修理↓



d0299605_00021308.jpg


良い弓ですね。 フロッグもお洒落です↓


d0299605_00022262.jpg

こちらも貝がなくなっているので修理です↓


d0299605_00021621.jpg


あふたー↓


d0299605_00021947.jpg






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





バイオリンのニス塗りは細かい部分を塗ってるので見た目はあんまり変わってないかもですね↓


d0299605_00023795.jpg


今回は部品をローズにするか、黒檀にするか悩み中です。久しぶりに黒檀つけようかなと・・・





乾燥に使ってる回転テーブルをヴァージョンアップ↓


d0299605_00024121.jpg


単三1本で回してましたが、気が付くと止まっているので並列2本にしました。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com

[PR]

by murakawa-strings | 2017-05-17 11:24 | 製作・修理
2017年 04月 27日

Vc Old Bow 入荷


チェロのOld Bow 入荷しました。

FETIQUE Victor , 193X , RAFFIN鑑定書付き

とてもコシの強い角弓です。 工房にて試奏できます。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-04-27 14:07 | 新商品 / 再入荷
2017年 04月 16日

Old Bow 入荷しました


Old Bow 入荷しました

Vn Bow , BAZIN Charles Nicolas , 189x ,RAFFIN鑑定書付
Vn Bow , POIRSON Justin ,189x , RAFFIN鑑定書付
Vn Bow , OUCHAED Bernard , 196X , RAFFIN鑑定書付

工房にて試奏できます。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-04-16 11:58 | 新商品 / 再入荷
2017年 04月 09日

毛替え


毛替え↓

d0299605_16264616.jpg
来日中の、Vaskoさんがコンサートの前に早速毛替えに。
明日はフジコ・ヘミングさんとコンサートらしいですが、直前に毛替えしても全然気にならないのかな・・・

メインで使用されているold Bow です。とてもコシの強い弓です。
参考までに重心位置や各部のバランスなどデータをとりました。

良い弓(使いやすい)の条件などを計算上で出した数値やら理論などもありますが、
所詮は自分が気にする部分、知っている部分の項目だけの話ですし、
ましては音楽である以上、音色などもかかわってくるので、簡単には理解できない物だと思います。
一流の演奏家の方に、使っていて気にいってる部分や不満な部分を聞くのは大変参考になります。
自分では考えもしなかった部分が問題になっていたりなど、色々発見があります。



こちらも毛替え↓
d0299605_17043560.jpg

コンサートのため来日中のポーランド・バルチック弦楽四重奏団の方の弓。
フロッグ部分が割れているのでお預かり修理に。




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com

[PR]

by murakawa-strings | 2017-04-09 22:18 | 製作・修理