人気ブログランキング |

パフリング

パフリング_d0299605_1393967.jpg

パフリングを埋めたとこです↑



パフリング_d0299605_12515185.jpg

パフリングも色々種類があります。 基本的には3枚の薄板を張り合わせてあるのですが、材質は楓やブナや黒檀、Pearwood、ファイバー(とみんな言っているが、紙っほいやつ。)など色々あります。
上の写真は三枚楓で黒は染めてあるものです。

黒い部分は楓を染色して使っているものが多いですね。オールドの楽器も染めてあるのが多いです。 経年変化で色が薄くなっていくのですが、これが嫌な製作者は黒檀を使ったりします。この辺は好みですね。
自分は経年変化していくほうが好きなので黒檀は使いません。

溝に入れる際にパフリングは細くてすぐに折れてしまうので、アマチュア製作者や工場生産の物などはファイバーを使っていたりします。しかしニスを塗ると黒い部分が変にくっきりと目立ちすぎりたり、柔軟性があるために、パフリングの溝の細かい歪みに沿って曲がってしまったりします。(木材のパフリングはほどよく硬いので、多少の細かい歪みは無視してくれます。)

パフリング_d0299605_13214498.jpg

パフリングの溝を掘りための線をけがく道具↑
これまた色々と種類があります。左側の物が刃がしっかりしていて使いやすいのですが、ダブルパフリングなどには使えません。
また多少加工しないとコーナー部分のアールが上手く回せません。
現在は右側のイタリアで買って来た物を使用しています。これはこれで、刃がショボイです。。。

そういえば、この道具の名前はなんていうんだろう?
この十年くらい「パフリングの線引くやつとって!」と言ったり、言われたり。
ふと考えると、僕はこの道具の名前を知りません。






村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
by murakawa-strings | 2013-11-21 13:47 | 製作・修理

新着情報、作業記録、その他無関係の情報など。


by murakawa-strings
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31