Leqtique "9/9"


もはやコンパクトエフェクターの歪革命ですよ!!これ↓
d0299605_23460972.jpg
ランドグラフのパクリっぽい塗装ですが、日本製です。爪でカリカリすると塗装が剥げます・・・。使っていくと味がでてきてカッコいいぜ?ってことでしょうか?
まあ、塗装は夏休みの工作レベルです。 塗面に埃とか巻き込んでるし。
ハンドメイドなので、しょうがないです。 

ディストーションです。
歪系エフェクター探しの旅に終止符を打つくらいのお気に入りです!



通常、ダイキャスト製のケースが多いですが、アルミ削り出しの専用ケース!!↓
d0299605_23462311.jpg
バルバロッサなどもアルミ削り出しの専用ケースでしたが、値段を考えると、かなり頑張っていると思います。アダプタージャックも金属使っています。

そして中を開けると↓
d0299605_23534643.jpg
まるで、ニューヨークシティですよ!!

中を見ても、ランドグラフをリスペクトって感じの仕上がりです。
ですが、 TSコピーやら、RATコピーやら溢れかえるこの時代に、完全オリジナル回路です。
コンデンサーも高そうなの使ってますね。
電池コードもタイラップで補強してあります。日本メーカーならではの気遣いだと思います。
専用設計のケースだけあって、電池入れると隙間なしです。

オペアンプ↓
d0299605_23545661.jpg
ウルトラハイエンドなオーディオデバイスにしか搭載されない超HiFiオペアンプらしいです。
このオペアンプのおかげかわかりませんが、歪量の割にノイズはかなり少ないと思います。
オペアンプの隣のコンデンサーだけ灰色なのが気になりますね。こだわりってますね。

音的にはBOSSのメタルゾーンが比較的にてる系統かと。もちろん別物です、メタルゾーンを買おうと思っているならこっちを買っとけと思います。
とにかく、よく歪ます。 ゲインをゼロにしても歪んでます。しかしギター側のボリュームに上手く反応するので、問題ありません。
この手のディストーションはボリューム絞ると使えない音になるのが多いですが、かなりいい感じにゲインが落ちていきます。
とはいっても、これ買う時点で「クランチなんか知らんわ!!」ってな人だと思いますので、心配ありません。


抵抗も3種類を場所によって使い分けています!手間かかってますね!
d0299605_00003577.jpg
トランジスタ?は型番が削られているので何かわかりません。パクリ防止でしょうかね?
四角いコンデンサーはカッコいいですね。シムシティみたいです。

基盤上↓
d0299605_00021667.jpg
内部の青色のトリマによってミドルをカットできます。ミドルの強烈に効いたサウンドから、ドンシャリサウンドまでいけます。
ちなみに表のコントロールは、ボリューム、ゲイン、ボトム、トレブルです。
ボトムは低音を増減するというよりは、音の太さをコントロールする感じです。
トレブルも高音を増減するというよりは、 音の張りが増えていくという感じです。
この二つのコントロールがとても使いやすいです。
個人的には、この”音の張り”が感じられる部分が気にいってます。


裏蓋↓
d0299605_00032702.jpg
何か書いてありますが、汚くて読めないですよ。 かろうじてシリアルナンバー(#747)と日付のみ読めるか。

追伸
※1今まで買った数々のエフェクターのどれよりも、裏蓋のネジがスムーズでした。(感動するレベルです。)
※2写真では見えないですがインプット、アウトプットジャックのグラウンドどうしを直接半田付けしてあります。いいアイデアだと思います。



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]
by murakawa-strings | 2014-10-26 12:41 | 全然関係ない話

新着情報、作業記録、その他無関係の情報など。


by murakawa-strings
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31