人気ブログランキング | 話題のタグを見る

EVH フロイドローズ




2020/12/11更新


ギターの話です。

愛用のギターについてるフロイドローズの話です。愛用といってもほとんど弾いてないんですが、弦は張り替えてます。
EVH Wolfgang USAなんですが、もちろん本家のmade in USAなのでフロイドローズオリジナル(ドイツ製)が付いているもんだと思っていました。

が、

まさかのフロイドローズ1000(韓国製)にEVHの刻印が入っているだけ↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23175126.jpg
もしかしたら普通の1000シリーズとどこか仕様が違うのかもしれませんが、値段考えらたドイツ製のオリジナルつけるだろう普通。
大人の事情なのか?こだわりなのか分かりませんが、なんか納得がいかない。

後日聞いた話では、嘘だか本当だか知りませんが、オリジナルよりも1000シリーズのベースプレートの方が硬く耐久性が高いため採用されたらしいです。(2020/12/11)



気になるのでフロイドローズオリジナルに載せ替えることにしました。↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23213966.jpg
昔はクローム、ゴールド、ブラックしか色がなかったのですが、最近は色々あるみたいです。
せっかくなので違う色にしてみました。

サテンクロームという色↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23214732.jpg
艶消しのクロームです。こないだ楽器屋さんで見たらなんかかっこよかったので。

もちろんmade in Germay の刻印入り!↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23243807.jpg
ちなみにEVHフロイドローズには入っていません↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23265193.jpg

ロックナット↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23273873.jpg
もちろんドイツ製↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23274524.jpg

オリジナルに元々付いているブロック↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23283373.jpg
ブラス製にメッキです。

EVHフロイドローズのブロック↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23284260.jpg
これもブラス製にメッキですが、刻印が違います。仕上げも何か雑ですし。1000シリーズのやつだと思います。

フロイドローズ純正のビックブロックに交換します。
EVH フロイドローズ_d0299605_23325813.jpg
ビックブロックの方はなぜかメッキなしです。

結構分厚いです↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23343258.jpg
アジャスターもオールドスタイルの真鍮製のメッキなしがあったので交換します↓

EVH フロイドローズ_d0299605_23354508.jpg
ネジの下がかしめてあるのでやすりで削って外します↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23361129.jpg
ちなみにオリジナルは黒く塗装してありますが真鍮製です。


EVHの方は恐らく真鍮製ではないと思います↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23420427.jpg
 
ネジの形も微妙に違います。

そして何よりも、ドイツ製の方がネジがスムーズに回ります。

全部外します↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23391248.jpg
デフォでは2~5弦の駒の下にシムが入ってます。
これは外します。


EVH フロイドローズ_d0299605_23392963.jpg
EVH フロイドローズ_d0299605_23391996.jpg
オリジナルはベースプレートが鋳造製らしいですが、EVHはプレスです。
折り曲げ部分の仕上がりが違います。

EVH↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23414823.jpg
オリジナル↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23415508.jpg
ちなみにベースプレートはEVHの方が若干厚いです。


ビックブロックを装着します。
穴の向きがあるので注意します↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23444675.jpg
基本的に外すことはないのでゆるみ止めを付けておきます↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23445741.jpg
とはいえ、外すこともあるかもしれないのでそんなに強力じゃないやつです。力を入れれば普通にとれます。


EVH フロイドローズ_d0299605_23450791.jpg
僕は好みで6弦だけシムをはさんでいます↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23463079.jpg
なんか知らないけどオリジナルとEVHで弦間のピッチが微妙に違います。オリジナルの方が若干広いです。

テンションバー↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23493100.jpg
微妙に太さが違います。

当然仕上げも違います↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23493853.jpg
オリジナルの方は面取りしてあります。
EVH フロイドローズ_d0299605_23494748.jpg
EVHの方は曲げた跡が残ってます。

EVH Wolfgang USAブリッジは韓国製でしたが、ロックナットはなぜかドイツ製が付いてました!!↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23512982.jpg
オリジナルと1000シリーズだとネジ穴の位置が若干違うとかいう情報もあったので心配していましたが、問題解決。



もちろんスタッドのできも違います↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23535585.jpg
韓国製の方はネジ切りが適当・・・
あとエッジが当る部分の太さが違います。オリジナルの方が太いです。


弦を止めるネジも違います↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23560853.jpg
長い方がオリジナルのネジです。



スプリング↓
EVH フロイドローズ_d0299605_16091614.jpg
真ん中がEVH、下はオリジナルです。微妙に太さが違います。
赤いのはフロイドローズ純正のスプリングです。色だけで買ってしまいましたが、自分にはバネが強すぎて使えませんでした。



もちろんアームも違います↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23561564.jpg
キャップの大きさとギザギザの粗さが違います。

先端も違います↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23562239.jpg
オリジナルは綺麗に丸めてあります。 これは意外と使ったときに違いが分かります。手になじみます。

アームハウジングも違います。

オリジナル↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23593491.jpg
EVH↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23594010.jpg
オリジナルはぶらぶら状態にしてても緩まない。1000シリーズは緩んでくるというのは本当です。根元付近の形が違います。
(写真のEVHのハウジングにはゆるみ止めのリングをハメてあります。)

一応オリジナルにもゆるみ止めのリングをハメます↓
EVH フロイドローズ_d0299605_00032907.jpg
なくても緩まないのですが、リングを付けておけばぶらぶらのままきっちり締めこめるからです。キーホルダーのリングを切断した物です。


ブリッジのセッティングですが、色々調べてみると
理論上はスタッドの高さは左右同じがいいという結論にたっしましたが,
左右同じ高さにすると弦高の調整を1弦側か6弦側にあわせて、どちらかを妥協しないといけません。
それを回避するには、サドル下にシムをはさむ。もしくはネックの仕込みの時点で1弦側と6弦側に落差を付けるしかありません。

EVHブリッジの時はスタッドの高さを左右で変えていましたが、さらなるアーミングの滑らかさを追求するならば
やはり左右同じ高さにそろえたいですね。

とか色々考えていたんですが、よくよくネックの角度を見てみたら↓(ボディは水平になるように置いてあります)
EVH フロイドローズ_d0299605_00052280.jpg
ちゃんと1弦側が高くなっていました・・・・

ということは、元々1弦側のスタッドを高くしていたつもりでしたが、そこそこ平行になっていたということですね・・・

一応少しは考えて作ってるんですね。



Dチューナーも限定色があったので交換してみます↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23563931.jpg
というか、元々ついてるDチューナーはなぜか調整しても音程が合わないんです。↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23565395.jpg
なんなんですかね?

新しいのはアルミ削り出しでアルマイト仕様↓
EVH フロイドローズ_d0299605_23564692.jpg
アルミだと速攻削れそうですが、削り出しなのでエッジが立っていてカッコいいです。
EVH フロイドローズ_d0299605_23571038.jpg
アルミになったせいか、まだ新しいせいか、動きが鈍いです。
でもチューニングは上手く合うようになりました。
赤いのがカッコいいのですが、こすれる部分はすぐに剥げていく・・・・

EVH フロイドローズ_d0299605_23571617.jpg
もちろん微妙に尻下がりのセッティングになっています。



結論
 
◦とりあえず無加工で載せ替えはできる。
◦EVHよりオリジナルの方が微妙に弦間ピッチが広い。
◦EVHよりもオリジナルの方が若干ハイが出るようになった。音抜けが少し良くなった。(ハイよりになった。逆に言うとEVHの方がミドルが出る気がする。)
◦アジャスターがスムーズ。
◦1000シリーズとオリジナルは同じ規格で作っているので互換性はあるが全くの別物。
◦サテンクロームがすぐはげる。普通のクロームにすればよかったとちょっと後悔。


交換してよかったです。


※注意事項

弊店に電話でギターについて質問してくるか方がいるのですが、一切答えるつもりはないので電話してこないでください。
ギター関係については個人的な趣味でやっているだけです。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com


by murakawa-strings | 2017-02-13 23:43 | 全然関係ない話

新着情報、作業記録、その他無関係の情報など。


by murakawa-strings
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31