バイオリン製作


やる気スイッチが入りました↓

d0299605_23430921.jpg

修理の合間にバイオリン製作も進めはじめました。
きりがないですからね。


バスバーを合わせていきます↓

d0299605_23431559.jpg

最近はバスバーはテンションをかけないで付けてます。

接着します↓

d0299605_23432138.jpg

乾燥後、整形します↓

d0299605_23425121.jpg
無駄のない綺麗なバスバーに仕上げます。
取り付け位置が悪かったり、無駄に大きかったりすると低音が全然響きません。




古い表板材を仕入れました↓
d0299605_23431233.jpg
かなり古いので作るのが楽しみですね。 乾燥割れが入っていなければいいですが。

 


そういえば
今日、日本人が作ったバイオリンが調整で来ましたが
表板、裏板ともに強烈に厚く、(表板で5MM超えてる様子)
自分にはスズキの分数みたいな音にしか聞こえませんでしたが、所有者の方はホールで良く響くんですって言っていたので、
あえて何も言いませんでした。
厚みの割には鳴ってるのかもしてませんが、良く鳴るスズキの分数みたいな・・・

良い音の概念なんて人それぞれなので何とも言えませんが、良く響くかはまた別の問題だと思います。




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]
by murakawa-strings | 2017-04-04 00:04 | 製作・修理

新着情報、作業記録、その他無関係の情報など。


by murakawa-strings
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31