村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 19日

チェロ修理

休み前の修理ですが、チェロの修理↓

d0299605_12474318.jpg




例のウルフキラーが付いていますが、内部を見るとこんな感じで装着されています↓

d0299605_12474452.jpg


※写真を撮りやすい位置に移動させてあります。 実際はここまでバスバー側に寄せたら効きすぎてしまいます。



弦高が高く弾きにくいということなので見てみると駒の高さが原因ではなく指板が問題ですね↓

d0299605_12474377.jpg


反りを付けすぎですね。サードポジション位だと駒を下げてもさほど効果がありません。指板側の問題ですね。


そして、魂柱を交換したり↓

d0299605_12474372.jpg




駒の足幅があっていないので、駒を交換したり↓

d0299605_12474495.jpg



ベルギータイプをチョイス。



テールピースの弦を引っ掛ける部分↓


d0299605_12474280.jpg

ヤーガーはボールエンド部分が特に小さいので、だんだんめり込んでいきます。 最終的はツメの部分が割れます。

とりあえずワッシャーをはさんでおきます↓

d0299605_12474220.jpg


弊店のお客さんには無料で差し上げています。

毎回この写真を載せた次の日に電話がかかってきて、
「ブログ見て初めて電話したんですが、ワッシャーください。無料なんでしょ?」とか、
「自分で作ったけど上手く曲がらなかったから、ください。」的な電話がかかってきます。

一応、客商売という自覚はあるので、やんわり言っているつもりなのですが、やんわりだと伝わらない人間が多いようなので、このさいはっきり書きましょう。


弊店をご利用しているお客さんには無料で差し上げています。→弊店で毛替えや修理、弦や、楽器の購入をしている方々。いわゆる弊店をご利用してくださっているお客様。
というか、弊店をご利用していただいているお客様の場合、楽器を点検して必要だと思ったらこちらから差し上げています。

それ以外方には無料で差し上げていませんし、単体での販売もしていません。ワッシャーだけほしいなら弦をご購入ください。そうすれば無料で差し上げます。
弦でもマツヤニでもご購入していただければ、弊店をご利用のお客様です。

慈善事業でやってるわけじゃないんで少し考えればわかるだろう。と言ってやりたいですが、一応客商売なので言わないですが、ここには書いてしまいました。

弊店をいつもご利用しているお客様に対してのサービスです。他店をご利用でそれだけ欲しいからその時だけ来て頂戴って・・・
いつも行ってる店のやつにでも言えよ。と思いますが。

先日も「ネットで弦を買ったんですけどワッシャーください」的な問い合わせが来たんですが(初めてのお客様です)、
「じゃあネットで弦買った店に言えばいいんじゃないですか?」的な話をしたら、「いや、ネットだから・・・」みたいに返されました。
ネットよりも割高ですがわざわざ弊店で弦を買ってくれたりしてくれてるお客様へのサービスです。
ネットは楽器にしても弦にしても売って売りっぱなしだから安いんですよ。とここまで言わないとわからないんでしょうかね? 楽器に限った話ではないと思うんですが。

軽くおこでしたが、書いたらすっきりしました。

まあ、
何が言いたいかというと、「気持ち良く仕事させろよ!」って話でした。




「お客様は神様です!!」(白目)


10回復唱しましょう。






村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com


[PR]

by murakawa-strings | 2018-06-19 16:52 | 製作・修理


<< お知らせ      フレンチ弓入荷 >>