カーボンBow 入荷しました


カーボンBowが入荷しました!

というか、ようやく写真を撮りました。

d0299605_14341806.jpg
d0299605_14342182.jpg
カーボン柄ではなく、木目柄となっていますので見た目にはそんなに違和感がないと思います。


木目がプリントされている物は以前からありましたが、この弓は表面に薄くした木を貼り付けてあります。
値段を考えらた手間のかかった作りだと思います。
あ、お値段は税別で18000円です。 同価格帯のカーボンBowよりよく出来ていると思います。
三万円位するものでもチープな物も結構あります。

カーボンBowってどうなの?ってたまにお客さんに聞かれますが、もちろん木の弓の方が良いに決まってますが、
一万円ちょっとのヘロヘロの木の弓よりかはいいと思います。とりあえずコシだけはあるので。
十万円とかだしてカーボンBow買うのは、??とは思いますが、これくらいの値段のものなら良いとは思います。頑丈ですし。


ちなみに僕は海外にいくときスーツケースに裸のままカーボンBow(たしか1万円位で買った物)を突っ込んで行きます。
僕の場合は調弦ぐらいにしか使わないのでカーボンで十分でした。
滞在先のホテルで洗濯ものを引っ掛ける場所がなかったときはカーボンBowにぶらさげていました。

何が言いたいかというと、一本持ってると色々便利ですよ!

ということではなく、 ある程度丈夫ですよ、というこです。




話がだいぶそれましたが、サンプル品を切断してみるとこんな感じです↓

d0299605_14564561.jpg
想像していたより分厚い作りですね。 表層部分に一枚木材の薄板が貼られているのがわかります。
ちなみに表面の木材はフェルナン材ではなく、サぺリです。
そこまでやるならフェルナン材つかえば?と思うでしょうが、作業性やコストの問題など大人の事情でしょう。値段が値段ですので。
サぺリはマホガニーに近い見た目ですが、まあ、近くで見なければ違いは分からないと思います。


ヘッド部分の断面↓

d0299605_14564473.jpg
中までみっちりとつまっています。 


そして、フロッグが付く部分の断面↓

d0299605_14564502.jpg

ネジがささる部分は木材が埋め込んであります。結構手間がかかってますね。 



ということで、 

ヘロヘロの弓を使っている初心者の方はもちろん、プロの方でもメインの弓は使いたくない状況や現場の時などは良い選択かもしれません。




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]
by murakawa-strings | 2018-11-22 15:18 | 新商品 / 再入荷

新着情報、作業記録、その他無関係の情報など。


by murakawa-strings
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28