村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:関係ない話( 23 )


2018年 05月 20日

スネーク


スネーク入荷しました↓

d0299605_23493954.jpg
あ、売り物ではないです。
沖縄料理屋さんでハブ酒を飲んだらおいしかったので買ってみました。 



ハブ↓
d0299605_23493947.jpg
二匹。

ハブ↓

d0299605_23493997.jpg
口あけてますな。


はぶ↓

d0299605_23493909.jpg
一応、飲んだ分を継ぎ足していくと長い間楽しめるらしいです。

もう一匹買う予定です。




仕事もしてます。

毛替えしたり↓

d0299605_23511456.jpg

チップ交換したり↓

d0299605_00010630.jpg


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2018-05-20 00:02 | 関係ない話
2018年 03月 06日

火曜日から通常通り営業してます。


週末は私用で四国に行ってました。

四国初上陸です。

メインの用事の間に少しだけ観光してきました。

d0299605_23465623.jpg

桂浜。 

ただの浜辺でした・・・

d0299605_23472040.jpg
※写っているのは知らない人です。

d0299605_23475344.jpg
d0299605_23484273.jpg
天気が良いと眺めが良いらしいですが、曇り。

d0299605_23481758.jpg



高知城↓
d0299605_23495974.jpg


うめ?↓


d0299605_23500704.jpg

あと、ひろめ市場でカツオのたたきを食べました。




村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2018-03-06 00:00 | 関係ない話
2017年 11月 01日

エフェクターボード


すこし前にエフェクターボードを組み始めたのですが、しばらく使わないでしまっておくとこのような状態に↓

d0299605_23515045.jpg
マジックテープでとめてあるんですが、重量のある個体はいつのまにか剥がれてる。
横のフェイザーはつられて剥がれてるだけだと思いますが、MXRのフランジャーがとにかく重い・・・
はがれてきたやつからネジ止めに変えていきます。


~~~~~~~~~~~~~

マッキネッタのパッキンが汚いので新しいのを買いに行ったら、絶対壊れないであろう部品と抱き合わせになっていました↓
d0299605_23515359.jpg
パッキンだけでいいだろ・・・

d0299605_23515751.jpg
洗剤で洗うと香りがうつるからダメだとか都市伝説もあります。
とはいえ、コーヒー豆のカスが炭化してこびりついてるのが気になる。
使い込むと各家庭のコーヒーの香りになるとか言うが、完全にこの炭化したコーヒーのカスだろう。



~~~~~~~~~~~

ペグ穴埋め↓

d0299605_23520291.jpg


そろそろ、乾燥中のバイオリンもニスの最終的な磨きに入ろうかと思います。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-11-01 00:10 | 関係ない話
2017年 03月 28日

EVH Wolfgang  ネックポケット


ギターのネックがほんの少し曲がっているのが、ずっと気になっています。

といっても超微妙なくらいなんで、使うのにはほとんど影響ないレベルですが、精神衛生上はよろしくありません。

気になるので直すことにしました。



とりあえず、ネックを外してみます↓
d0299605_23525539.jpg

バイオリンと違って、ネジでとめてあるだけなんで誰でも簡単に外せます。

d0299605_23530188.jpg

思ったよりはキッチリはめ込んでありました。ネジを外してもポロっと取れないぐらいのきつさではまってます。

側面の塗装がのってるあたりを少し削ればまっすぐになりそうです↓

d0299605_23530602.jpg
メイプルトップのバスウッドバックなのがよくわかると思います↓

d0299605_23531179.jpg
トップ材は結構厚みがあります。
張り合わせ面の精度はバイオリン製作ではありえないくらい雑です。夏休みの工作レベルです。
まあ、エレキギターなんてこんなものでしょう。

ネック↓
d0299605_23531541.jpg
鉛筆でなんか書いてあります。
マッチングヘッドなので、たぶんビンテージホワイトの略だと思います。

ネックの底面↓
d0299605_23532356.jpg
ネックの指板の張り合わせ面はそこそこ精度が出てます。見えるところだからでしょうか?


一応気にならないレベルまでまっすぐに修正できました。
ネックがずれないように接地面に松脂の粉末を付けておきました。  

ネックのネジの締め付け具合で音が変わるとは言いますが、元々少し緩んでいたせいか、修正後の方が良く響くようになりました。
なによりも、精神的ストレスがなくなりました。

村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2017-03-28 00:14 | 関係ない話
2015年 12月 29日

EVH


一応、今日からお正月休みですが、 遅れを取り戻すべく少し作業してました↓
d0299605_23471106.jpg
年内に完成するのか?

~~~~~~~~~~

冬休みも江古田ヴァイオリンワークショップすることになりました。
各自違うことをやる予定です。自分は弓の修理を課題にしようかと思ってます。


~~~~~~~~~~

関係ない話↓

相変わらずyoutubeにいい音源が上がらないMXR EVH5150 Overdrive でしたが、これは中々感じが出てると思います。↓


最近の神様の近況↓


10月なので結構最近のです。 再び白いギターがお気に入りのようでうれしいですが、相変わらずエボニー指板ですね。

えっ?このピックアップなんだ?↓
d0299605_23585014.png
コイルのリボンが白いのなんて今までついてなかったような。
新しいの試してるのかな~?
気になるな・・・


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2015-12-29 00:02 | 関係ない話
2015年 09月 26日

チョコレートポット


アンティークのチョコレートポットです↓
d0299605_23330957.jpg
銀製です。おしゃれですね。
でも、僕のじゃありません。何に使うのかもいまいちわかりませんが、正しく使うためには、かき混ぜるプロペラ?的な物が必要らしいです。
そして、アンティークの物だとサイズが合わなかったりとか、まあ色々あるみたいです。
d0299605_23363136.jpg
d0299605_23365032.jpg
よくできてます。

ブナの木でプロペラ部分を作ります↓
d0299605_23410626.jpg
d0299605_23422667.jpg
ハンドル部分にシルバーのシャフトをさします↓
d0299605_23424994.jpg
合体↓
d0299605_23440955.jpg
シャフト部分がシルバーのため、結構気を付けて使わないと曲がってしまうかも・・・
まあ、曲がったら真鍮のシャフトにするか木製のシャフトに交換ですかね。

こんな感じらしいです↓
d0299605_23383790.jpg
d0299605_23384851.jpg

~~~~~~~~~~

仕事もしてます↓

テールピースのリベンジ
d0299605_23390537.jpg
まあ、新しく作ってる方が蛇柄も綺麗だし。

と前向きに考えます。
そう、ポジティブですよ。






村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2015-09-26 23:52 | 関係ない話
2015年 09月 11日

尾錠

前回のパフリング製作の続き

イカ墨のパフリングはリベンジも微妙な結果になりました。ログウッドでの染色が一番いい結果になりました。
なんでもやってみないとわかりませんね。

イカ墨で染まりきらなかった材料は科学染料で染め直し↓
d0299605_17203160.jpg
とりあえずこれで夏から続いたパフリング祭りは一段落。

~~~~~~~~~~

アジャスター↓
d0299605_17402286.jpg
地味ですが 先端の違うタイプが二種類売ってます。
スチール用とガット用です。
バイオリンでA線スチール(ヤーガー、フレクソコアなど)仕様にするときは、A線にもアジャスターを付けたほうが使いやすいのすが ガットタイプでないと少し使いづらいです。 スチール用を広げてもいいのですが、やっぱり使いづらいので。




~~~~~~~~~~

全然関係ない話ですが、
腕時計の革ベルトをミラネーゼタイプの金属ベルトに交換して使っていたのですが、噂通り腕の毛がむしられていくので、革のベルトに戻そうかと思いました。
革ベルトもワンタッチの尾錠にすれば長持ちすると聞いたので、ぽちってみました↓

d0299605_17263587.jpg
最初に右側のを気に行ってぽちったのですが、サイズ間違えて使えませんでした・・・
20mmのベルトは20mmの尾錠ついてるのかと思ったら、 ほとんど18mmの尾錠対応でした。
んで、 左側のを新たにポチりました。

使えないけどこっちのほうがしっかりしてます↓
d0299605_17312857.jpg
d0299605_17314927.jpg
新しく到着したもの↓
d0299605_17331033.jpg
綺麗にペルラージュ加工がしてあり、そんなにごつくもないのでいい感じですが、上のに比べるとカチッとした感じが少し劣ります。
d0299605_17340253.jpg
d0299605_17342052.jpg
とりあえずしばらく使ってみようかと思います。
カッコいいベルトも物色しないと。





村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2015-09-11 17:48 | 関係ない話
2015年 08月 08日

無題

今日は比較的涼しかった気がしました。


ひそかに、

第2回江古田ヴァイオリンワークショップの準備を進めています。

去年は弓のフロッグ製作でした。
今年は、パフリング製作&真鍮製豆鉋製作&内枠製図の予定です。






村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2015-08-08 23:58 | 関係ない話
2014年 10月 06日

バイオリン時計

バイオリン時計↓
d0299605_22122093.jpg
先日、バイオリンを購入されたお客さんの元使用していた楽器。 色々あって時計に生まれ変わりました。
(持ち主に返すので売り物ではありません。)

=====================================================

ハンズに行ったら、スネークウッドの端材が大量に売っていたので↓
d0299605_22204618.jpg
弓のフロッグ製作などに使えそうですね。

=====================================================

そして、

小さなチューナー↓(ギター用、こちらは私物。)
一応、ダダリオ。
d0299605_22254934.jpg
こんな感じでヘッドにつけっぱなしにするらしいです↓
d0299605_22252593.jpg
チューニングの精度がすこし大雑把な感じがするのは気のせいですかね。
まぁ、小さいからいいか・・・

村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-10-06 22:29 | 関係ない話
2014年 06月 30日

Füssen

先週は工房を休みにしてドイツに行ってました↓
d0299605_22372145.jpg

フュッセンのお城です↑(名前は忘れました・・・)
近くから↓
d0299605_22384354.jpg


とりあえず、天気には恵まれてました↓
d0299605_22414476.jpg



お城近くの山頂で ハーディ・ガーディを弾いてるおじさん発見!!↓
d0299605_2243098.jpg


博物館ではおなじみの楽器ですが、生演奏は初めて見ました。
そして、親切なオジサンは楽器を触らせてくれました。

d0299605_22434482.jpg

ブリッジ付近のアップ↑

d0299605_22543436.jpg

意外とメカニカル!!
構造上しょうがないのか、結構アバウトな音程でした。 いつかは自分でも製作したいですが、現物が手元にないとちょっと無理そうですね。


d0299605_22522543.jpg

↑ドローン弦


そして、

メインの用事は↓
d0299605_2253442.jpg

ミッテンヴァルトのコンクールに行ってました↑(会場の中学校?)
バイオリンは100台ちょっとエントリーがあり、結果は28位でした。
微妙です。20位以内には入りたかったです。
詳しくは↓
http://geigenbauwettbewerb-mittenwald.de/
http://geigenbauwettbewerb-mittenwald.de/MW_web_seiteneng/contest.html  



自分のバイオリン↓
d0299605_23122353.jpg

d0299605_23175315.jpg
※中央裏板のやつ↑
d0299605_23183686.jpg

コンクールごとに審査の仕方なども様々なので、評価もバラツキはあります。
しかし、いつも上位に位置している製作者もいるので、どのコンクールでもせめて20番以内10番以内に入れるとよいのかと思っています。
とにかく、「言い訳はいいから、もうちょっとがんばれよ」って感じですね。
もっと頑張ります・・・


一位のVn↓
d0299605_23111318.jpg

二位のVn↓
d0299605_2384492.jpg

常連さんたちですね・・・



三位のスクロール↓
d0299605_23152495.jpg

まるで、ミントコンディションのモダンの楽器みたいなスクロールのニスでした。

一位のボタン部↓
d0299605_23193775.jpg

二位のコーナー部分↓
d0299605_23212195.jpg

上位の楽器はウッドワークはもちろんですが、ニスが魅力なものが多いです。

一位スクロール背面↓
d0299605_23242851.jpg


来年はイタリアのコンクールがあるので、もうちょっと頑張りたいですね。
次はビオラも出してみたいです。

とりあえず、そんな感じでした。















村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2014-06-30 23:29 | 関係ない話