村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 28日

日本の名匠シリーズ ~和刃物編~ その2

今日、ご紹介するのはこちらです↓
d0299605_172411.jpg

二代目”市弘”作 外丸鑿   ※たしか三代目で廃業しています。

ここまでくると、もはや芸術品ですね。 製品としての仕上げ、切れ味どちらもすばらしいです。
使う側の職人にも好みがあります。
個人的にはちゃんとした刃物ならばどこの鍛冶屋のものだろうがよく切れます。そして研ぎたての状態ではそんなに大差がないようにも思います。好みが分かれるのは、使用している最中にどう切れ味が落ちていくのか、
たとえば感覚的に言えば刃先が丸くなっていって切れなくなる感覚や、
刃先が細かく欠けて切れなくなっていく感覚など、使用されている鋼の種類や焼き入れ、焼鈍しの仕方によって鍛冶屋ごとに特徴があります。その辺が好みとして分かれる所だと思います。

d0299605_17374632.jpg

切れ味もさることながら、面取りや首の仕上げがすばらしいです。 ”道具”としての面だけではなく、こだわりを感じます。鑿としての機能にはかかわりのない部分まで繊細に仕上げてあります。
千代鶴是秀作 「天爵」を彷彿させます。

刻印もかわいいですね↓
d0299605_17465917.jpg

偽物も多いらしいですね。 市弘の特徴の一つとして美しい”クロカワ”があげられます。いわゆる、酸化皮膜のことですね。 少し青みがかった漆黒の酸化皮膜に包まれています。 
だいぶ前に聞いた話なので忘れてしまいましたが、たしか、焼入れ前に砂だか砂鉄だかで表面を磨いているそうです。

d0299605_17542269.jpg

切れ味は、系統的には”清忠”などに少し似ている感じだと思います。清忠をワイルドとするならば、もう少し上品で洗練された感じです。
鋼は、おそらく日立の白紙一号ではないかと推測されます。
d0299605_17593675.jpg

裏側も抜かりなく仕上げてあります。
この鑿は外丸鑿ということもあり、ヴァイオリン製作ではあまり使用頻度が高くないため長さも十分に残っています。 近代の鑿は首根元部分まで鋼がまわしてあるため、一応根元付近まで使えないこともありませんが、
実際には穂の部分の三分の二までが使用する部分といわれています。今よりも鋼が高価とされていた時代は無駄に材料を使うことはできないので、実際に使用する三分の二程度の所までしか鋼を鍛接していませんでした。江戸時代以前の鑿などはそういったものが多いようです。よく切れる鑿ほどよく使われ、よく研がれてしまうので、現代に残っている名工たちの鑿はちびた物が多いです。
例外としては、千代鶴是秀は現役当時から神格化されていたため、手に入れた大工さんも使わずに神棚に飾っていたりと、コレクターアイテムとして扱われていた面もあり、比較的に綺麗な状態で現存しているものが多いです。
市弘自体も千代鶴是秀を非常に意識していたようです。


次回は マニアックに 幻の鋼 ” 東郷鋼 ”の鉋などどうでしょうかね。




仕事もしてますよ↓
d0299605_18214086.jpg

お客さんのチェロの駒交換などしてました。
安価な量産品なのですが、ラーメン屋さんに置いてある巨大な”将棋の駒”のような駒が付いていました。
材料も悪いので、もちろん交換します。

安価な量産品の楽器でも駒や魂柱を上質な物に交換して、しっかり調整すればそれなりによい音もでます。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

# by murakawa-strings | 2013-07-28 18:32 | 関係ない話
2013年 07月 27日

バイオリン 修理

穴埋めしてからペグ交換です↓
d0299605_1451345.jpg

ペグも消耗品なので、調子の悪い人は調整や交換をお薦めします。 ちゃんと調整されたペグが付いていないとプロの演奏家でも調弦しにくいので、アマチュアならなおさらでしょう。


バイオリン製作↓ 
d0299605_14555334.jpg

やっと、ニス終了です。 結局、透明ニスを三回塗ってタンポで仕上げました。
因みに、塗装中は紙ヤスリは一回も使っていません。 

いい感じに艶もでて、薄塗りなので木材の質感もいい感じに出ています。
一応、3~4日は様子見ながら乾燥させる予定でです。 来週末ぐらいには音出せそうですね。
一週間くらい経つとニスが痩せて、さらに木材の質感が出てきます。


d0299605_153215.jpg

タンポにはこんなオイルを使っています↑ タンポやネックの仕上げに使えて便利です。
イタリアでは普通に画材屋で売っていて、みんな普通に使っているのですが、 元々何用のオイルなのかは知りません。
スーツケースに入れてもって帰ってくると必ず漏れているという。教訓を生かして前回はジップロックを3重にして持って帰ってきました。もちろんジップロック内は漏れてましたが。
というか、画材屋に並んでいる時点でボトルがベトベトしてるってどういうことですかね?日本人にはない感覚ですよね。。。 

まぁ、僕は全然気にしないですけどね。







村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

# by murakawa-strings | 2013-07-27 15:43 | 製作・修理
2013年 07月 26日

バイオリン ニス仕上げ

色塗りは一応終わりです↓
d0299605_16382911.jpg

今回はオールドフィニッシュですが、あくまで新作なのでフルコピーのようにコーナーやスクロールを過度に削って丸くはしておりません。

d0299605_16413990.jpg

ですので、通常ならトップコートを3回くらい塗ってタンポで仕上げて終わりですが、もう少しツルツルにしようか悩んでいる所です。

裏板↓
d0299605_1646239.jpg

昨日の写真とあまり変って見えませんが、実物は色味が深くなっています。

因みに白木からここの色まで約1日です。この時点ではニスの厚みはかなり薄いのでほとんど乾いています。バイオリンを作った経験がある人ならビックリの早さだと思います。ニスは弊店オリジナルの下塗り&リタッチ専用のニス(販売予定)です。

これから塗るトップコートのニスは通常使用されているクレモナの新作ニスと一緒なので乾くのにはそこそこ時間がかかります。 とはいっても3回位しか塗らないのですぐに乾きます。あんまりコテコテに塗るとオールドフィニッシュにした意味なくなりますしね。

ニスは濃度や塗り方自体が重要なため同じニスを使っても使用する人の技量によって仕上がりは天と地とのほどの差が生じます。


悩みますよ。。。



悩みますよ↓
d0299605_1742598.jpg

写真左から フェルナン材、 ローズウッド、 ボックスウッド。
どれも似合う気もしますが、無難にローズウッドですかね。悩むな。








村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

# by murakawa-strings | 2013-07-26 17:11 | 製作・修理