村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 28日

表板、裏板の仕上げ


d0299605_22593283.jpg



とりあえず表板の厚みだし完了。 次はカテーナの取り付けです。



d0299605_232832.jpg



裏板もとりあえず厚みだし完了。 



内側の隆起も重要です。エッジまで滑らかにつながっていない物をよく見かけますが、
表側の隆起のエグリが上手くいっていないのに、厚みだけそろえようとしている物によくあります。
急激な厚みの変化や段差があると振動が上手くエッジまで伝わりません。




そして、



d0299605_23103893.jpg

チェロのテールピース交換の準備。

とりあえず裏面の不必要な部分を削り必要最低限の重さに調整。(お客様の指定)

結構細身のテールピースなので裏面を削ると アコースティックのテールピースよりも軽くなりました。




ちょっと、おどろいた。。。



アコースティック(黒光りしたカブトムシみたいなテールピース)は軽くて、結構鳴りもいいのでプロでも使っている方が多いですが、この軽さになるなら木製のテールピースのほうが音に深みも出るのでこれの方がいいんじゃないですかね。 

金属のテールピースは欄外ですが、樹脂製や木製でも金属がやたら付いてるタイプの物などお使いの方は交換してみてもいいかもしれませんね。






村川ヴァイオリン工房
http://murakawa-strings.com
[PR]

# by murakawa-strings | 2013-03-28 23:33
2013年 03月 27日

Full Ti アジャスター

Full Ti アジャスター(ループエンド用)のご紹介です。
d0299605_1352999.jpg




前回の改良型Tiアジャスター(Ti-Al)のフルチタンモデルです。



少しの妥協もゆるさないぜ! という演奏家のために!
さらに微妙に軽くなっていますが価格は結構ちがいますよ。
すごい微妙な差(価格以外)しかないので、こだわらない方はTi-Alモデルで十分です。


Full Ti L型(ループエンド用)2.2g ↓

d0299605_1317499.jpg


弦を引っ掛けているポイントがHIll型や一般的なL型よりも低くなるため、
アジャスターを付けていない三本の弦とテールピースへの進入角度が近くなり自然なテンションバランスに近くなります。
(実際にはアジャスターで弦長が短くなったぶんの張力をカバーするため進入角度を少し低く取っています)
そして、ループエンドを引っ掛ける所も太くなっているので、弦も切れにくくなっています。
また、L型タイプなのでHill型よりも 調弦用のネジも小さな力で回るため、女性にもおすすめです。


こちらも工房にお試し用あります。







村川ヴァイオリン工房
http://murakawa-strings.com


[PR]

# by murakawa-strings | 2013-03-27 13:30 | 新商品 / 再入荷
2013年 03月 22日

Ti アジャスター


改良型Tiアジャスターのご紹介!!
d0299605_12324236.jpg



色々なタイプのアジャスターがありますが 現在販売されているなかでは抜群に軽いです。

もちろん軽けりゃいいのかってわけではありませんが、軽い方が音色が明るく、

抜けがよく、広がる感じの傾向があるように思います。




参考までに
d0299605_1243444.jpg



L型ゴールド 4.9g



d0299605_1245653.jpg


Hill型ゴールド3.5g



d0299605_12573073.jpg



L型チタン(ボールエンド用)  2.8g




d0299605_1321484.jpg



改良型L型チタン(ループエンド用)  
2.3g









軽さとは別に、弦を引っ掛けているポイントがHIll型や一般的なL型よりも低くなるため、
アジャスターを付けていない三本の弦とテールピースへの進入角度が近くなり自然なテンションバランスになります。
(実際にはアジャスターで弦長が短くなったぶんの張力をカバーするため進入角度を少し低く取っている。)
また、L型タイプなのでHill型よりも 調弦用のネジも小さな力で回るため、女性にもおすすめです。


材質はチタンです。

アルミとブラスを一部使用していますが、オールチタンの物より軽いです。

チタンは音響特性がよいため、最近は他の楽器でも使用され始めています。
音色は一般的なアジャスターよりも、明るく華やかな感じになります。



楽器本体に手を加えることなく簡単に交換できて音色を変えることができるので試してみる価値ありです。
もちろん使っている楽器の状態や相性、音色の好みもあるので絶対とはいえないですが。


工房にお試し用があるので、気になる方はご自分の楽器に取り付けて試奏してみてください。



村川ヴァイオリン工房
http://murakawa-strings.com
[PR]

# by murakawa-strings | 2013-03-22 13:46 | 新商品 / 再入荷