村川ヴァイオリン工房

murakawavn.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Bow ( 104 ) タグの人気記事


2018年 09月 14日

いろいろ


いらないオイドクサをむいてみました↓

d0299605_12212623.jpg
けして、暇なわけはないですよ。

むしろ忙しいです。

ブログ用の写真がたまってしまっています。





色々なお客さんからお土産を頂きました↓

d0299605_12213529.jpg
クッキー。 箱が懐かしい。小学生の頃を思い出しますな。




シュークリーム↓
d0299605_12213543.jpg


そして、


お米↓

d0299605_12213554.jpg

どうもありがとうございます。




まだ忙しいのが続いてるんですが、大きな修理が後回しになってたまってきてるのが怖いですが、
考えないようにしましょう。




シルバーチップに交換した弓は毛替えで完成↓
d0299605_12270295.jpg
重さはいい感じになりました。重心はあと2~3mmヘッド側にできれば完璧でしたが、 
いろいろなバランスもあるので、この辺が落としどころでしょう。



こちらのバイオリン弓は毛替えと革巻き交換↓

d0299605_12270373.jpg


こちらのチェロ弓は毛替え↓

d0299605_12270350.jpg
小指の当る辺が摩耗してきているので、保護用の革をを付けてみたらどうですかと提案してみましょう。

早め早めの対応ですな。



こちらはビオラの音調整↓

d0299605_12270276.jpg
いつもとはまったく違う弦を試してみるということに。

この弦、わいも初めてや。




バイオリン製作↓

d0299605_12270305.jpg
ペグボックスをほじほじしてます。

遅れているお詫びというか、話をそらすためというか、 かわいいアジャスターを付ける予定です。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2018-09-14 12:45 | 製作・修理
2018年 09月 05日

めろ~ん


メロン頂きました!↓

d0299605_16263775.jpg
ありがとうございます。

箱に食べごろが書いてありましたので、まだ食べれません。
腐る寸前まで置いておいたほうが甘くなるんでしょうかね?



~~~~~~~~~~~

修理↓

d0299605_16264274.jpg
テールピースの長さ調整をしようとしたら割れを発見したので交換することに。 こまめに調整や点検にだしている人の楽器はこういうトラブルも早期発見で対処できます。使いっぱなしで全然メンテに出してない人はテールピースが割れて初めて気付くことでしょう。




こちらはペグ交換↓

d0299605_16264314.jpg
楽器に合わせて削っていきます。 最近お気に入りの黒檀のペグですね。 材料の質が良いです。ペグの頭の形状もシンプルながら使いやすいです。





弓の修理↓

d0299605_16350111.jpg
取れちゃいましたね。


スティック側にも問題があるので修正します↓

d0299605_16350406.jpg


こちらは普通に毛替え↓

d0299605_16350903.jpg




こちらは弦交換ですが、スクロールがないとA線が巻きやすい・・・

d0299605_16350913.jpg





村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2018-09-05 16:58 | 製作・修理
2018年 08月 13日

いろいろ修理




駒交換↓

d0299605_23554312.jpg
こちらのバイオリンは某楽器店で駒交換してもらったらしいですが、足幅があっていない駒を立てられてしまっているので交換します。
ちなみに上の駒が適切なサイズです。なんでこんな駒を立てたんでしょうね? あまり深く考えない職人か、経験の浅い職人の仕事だと思います。
それとも素人にはわからないと思ってでしょうかね?


こちらは毛替え↓

d0299605_23555396.jpg





こちらはネジの修理↓

d0299605_23555305.jpg
ネジが傾いてるので変摩耗してます↓

d0299605_23555325.jpg
交換ですね。





こちらは丸くなったチェロのエンドピン↓

d0299605_23554853.jpg

スチールなら簡単に削れますが、先端がタングステンの場合は結構硬いです。
d0299605_23554840.jpg





チェロの魂柱交換↓

d0299605_17281307.jpg
スプルースを割っていきます。


d0299605_17281565.jpg

繊維がまっすぐになるように鉋をかけていきます。

d0299605_17281515.jpg
どんどん丸くしていきます。

d0299605_17281561.jpg




バイオリン製作↓

d0299605_17282556.jpg



ライニングもつけて、ブロックも整形して、横板の高さを最終的な数値にしたら裏板と接着です↓

d0299605_17282507.jpg





村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2018-08-13 17:36 | 製作・修理
2018年 08月 10日

里帰り調整など


オジギソウは今日も順調です↓

d0299605_23563239.jpg
三個芽が出ました。





お客様からどら焼きを頂きました↓

d0299605_23581206.jpg
ありがとうございます。おいしく頂きます。



こちらは修理↓

d0299605_23575265.jpg
毛替えや次回の修理などの打ち合わせ。 
定期的に修理に持ってきてくれる弓はコンディションも把握しているので、そろそろ直した方がいい場所などを提案。 予防策も大事ですね。

ちょこちょこ工房を乗り換えている人の楽器はコンディションも把握しにくいし、楽器の癖もつかみにくいです。




こちらは里帰り調整のビオラ↓

d0299605_23563251.jpg
製作証明書用の写真を撮ったり、調整したり。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2018-08-10 00:09 | 製作・修理
2018年 06月 30日

弓の修理


昨日、焼肉を食べに行ってからこの時間まで、まだ何となくお腹の調子が悪いんですが何なんでしょう?
というか、思い返すと毎回焼肉食べた後にお腹の調子悪くなる率が高いような気がするんですが、食べ方が悪いんでしょうかね?
なんか、ゴロゴロいってます。





フロッグの修理↓

d0299605_17150086.jpg
丸い貝の部分が溶けてなくなってしまっているので新しい物と交換します。

残っている部分を綺麗に取り除きます。
写真は撮り忘れました。

丸い貝を削ってはめ込みます↓

d0299605_17145916.jpg





こちらは毛替え↓

d0299605_17150034.jpg
こういうフロッグは貝の交換が大変そうですね。



こちらはフロッグの修理↓

d0299605_17150083.jpg
爪の部分が片方折れてなくなっているので、フェルールが傾いて安定しません。



新たに継ぎ足して作り直しました。ついでにスライド交換も↓
d0299605_17150080.jpg



村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2018-06-30 17:22 | 製作・修理
2018年 06月 16日

フレンチ弓入荷

オールドBow入荷しました。

バイオリンBow
THOMASSIN Claude 192X  RAFFIN鑑定書付き
MORIZOT Louis Joseph (pere) 193x  RAFFIN鑑定書付き

ビオラBow
BAZIN Charles Louis 193x RAFFIN鑑定書付き

チェロBow
MORIZOT L (Freres) 196X RAFFIN鑑定書付き


すべて試奏できますが、もしかしたらバランス調整をしていて毛を外している可能性もあるので一応お問い合わせください。


ちなみに、明日17日は臨時休業です。







村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2018-06-16 23:21 | 新商品 / 再入荷
2018年 06月 15日

特になし


本日は、製作したり修理したりしてました。


毛替え↓

d0299605_00025360.jpg
d0299605_00025819.jpg
こちらも毛替えや革巻き交換↓

d0299605_00025795.jpg
磨きがいありそうですな・・・


HPのVn Bowの在庫ページを更新しました。
まだ載せてない弓も結構あります。(オールドボウもあるんですがまだ載せてません・・・)手が回ればリストを作って載せたいです。
あ、ラファンの鑑定書も付いてます。 試奏できるので、工房までどうぞ。


村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2018-06-15 00:07 | 製作・修理
2018年 05月 10日

弓のバランス調整


バイオリン弓のバランス調整↓

d0299605_23435298.jpg


こちらはシルバーのチップに交換します。

まとめて作業した方が効率いいから・・・と言い訳しながら放置していたチェロ弓も一緒に進めます。

自分でいうのもなんですが、めっちゃ放置してたな・・・  ごめんなさい。

d0299605_23435218.jpg
シルバーの板から切り出して先端付けます。



けずったり、先端の角度の微調整をしたり↓
d0299605_23435212.jpg
あ、僕としたことがピンボケしてますね。 珍しい。

楔穴も接着する前にギリギリまで仕上げます↓

d0299605_23435251.jpg
ちなみに、どの弓でもシルバーのチップに交換すると弾きやすいとかそういうことではないですよ。
今回の弓はバランスの関係でそうなっただけです。
よくシルバーチップに交換している作業を載せている気がするので、誤解を招くといけないので。



村川ヴァイオリン工房
http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2018-05-10 23:43 | 製作・修理
2018年 04月 22日

色々


バイオリンケース入荷しました↓

d0299605_23402584.jpg
安いケースでいいというお客さんにはこのケースを進めています。 
値段的にはもっと安い物もありますが、作りが雑だったり、永く使えなかったりと問題点があります。

こちらのケースは日本製なので、値段の割にしっかりした作りになっています。
直してまで使うことはあまりないとは思いますが、修理にも対応してくれるらしいです。しっかり作っているぞ!ということだと思います。

中はこんな感じです↓
d0299605_23402515.jpg
肩ひもも二本付いているのでリュックのように背負うこともできます。
各種分数サイズもあります。色はこの色のみになります。



チェロのエンドピンも入荷しました↓

d0299605_23403192.jpg
一番標準的といか、装着率の高いモデルだと思います。
安価なエンドピンが付いているチェロはこれに交換するだけでだいぶ音が変わります。
8mmスチールシャフトモデルです。


チタンシャフトモデルもあります↓
d0299605_23403190.jpg
チタンモデルは8mmと10mmがあります。
差し替えて使ったり、エンドピンをそんなに長く出さない方は8mmでいいと思います。
チタンは少ししなるので、気になる方は10mmタイプの方がいいでしょう。




修理。

バランス調整↓
d0299605_23534756.jpg
銀糸に巻き替えます↓

d0299605_23534700.jpg
今回は一杯まで巻きます。

革巻きつけます↓

d0299605_23534722.jpg




こちらはフロッグのガタツキの修理↓

弓だとたまにあるのですが、そもそもオリジナルのフロッグではないのも原因です。

d0299605_23535310.jpg


奥のネジ穴が広がってしまっているので穴埋めします↓

d0299605_23571815.jpg

ドリルでほじくるとグリスの塊が・・・・

d0299605_23535372.jpg
なんで、こんなになるまでグリス付けるんでしょうかね?




こちらは普通に毛替え↓

d0299605_23590661.jpg



こちらは毛替え&スティックの保護用革の貼り付け↓

d0299605_23591200.jpg

手元のスティック部分の摩耗を防ぐため保護用の革を貼り付けます↓

d0299605_23591284.jpg
古い弓を使っている人はたまにはっているのを見かけます。
水ではがせる接着材で付けてあるので摩耗してきたら綺麗にはがして交換できます。





村川ヴァイオリン工房
http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2018-04-22 00:07 | 製作・修理
2018年 04月 18日

デザイン巻



修理は混んでいるお店に持っていけとはよく言ったものです。

おかげさまで、修理の楽器がいっぱいいっぱいで渋滞している状態なので、
心優しい方は少し日程的に余裕をもって預けていただけたら助かります。





昨日の続き↓

d0299605_23490300.jpg
象牙でチップを作り直しました。


手元もやっちゃいます↓

d0299605_23490285.jpg

まき直しというか、何もなかったので巻きます。

お客さんの方で、寸法、デザイン、色指定があったのでその通りに巻きます↓

d0299605_23490381.jpg
最後に革巻き。

d0299605_23490329.jpg
銀糸×濃紺。






村川ヴァイオリン工房http://murakawa-strings.com
[PR]

by murakawa-strings | 2018-04-18 00:00 | 製作・修理